コラム

 公開日: 2015-05-29 

 司馬遼太郎の峠(新潮文庫)を読み始めている。
 まだ上巻を少し読み始めたところだが、非常に心打たれるフレーズがあったので、以下に引用する。

 「志の高さ低さによって、男子の価値がきまる。このこと、いまさらおれがいうまでもあるまい」
 …中略・・
 志は塩のように溶けやすい。男子の生涯の苦渋というものはその志の高さをいかにまもりぬくかというところにあり、それをまもりぬく工夫は格別なものではなく、日常茶飯の自己規律にある、という。
 以上、引用終わり(新潮文庫版、司馬遼太郎、峠、上巻より)。
 仕事をしていく上で、弁護士も志が必要である。
 そして、その志を貫くためには、常に普段の自己規律が必要であるといえる。
 日々の何気ない自己規律の繰り返しでもって、弁護士としての志が守られるといえる。

 ガンで身体中の痛みに耐えながら尋問事項を病室で考えていた先輩のH先生、ベッドごと事務所に運べと死ぬ間際まで言っていたN村先生の生き様は弁護士としての自己規律に貫かれていたであろう。

 さすが司馬遼太郎である。司馬遼太郎の作品は人生において読まなければならない作品の一つである。

 人間というものは、安きに流れるものである。
 私も人間として、仕事中、通勤途中で読んでいた破格に面白い本の続きが読みたいという欲求や、この程度でいいかなと思う弱い気持ちやその他の誘惑に負ける気持ちが出てこないわけはない。
 それをぐっとこらえて、不断の自己規律によって、依頼者のために仕事をするというのが重要なのであろう。

 私が出来ているかどうかはともかく、いいフレーズに出会ったと思う。
 出来ているとはいえないが、出来るように努力しよう。
 私の名前には「志」が入っているので(時々、歴史の史にされたり、間違われるが、中隆志の「シ」はこころざしなのである)、よりそう思った一文であった。
 やはり本はいい。

この記事を書いたプロ

中隆志法律事務所 [ホームページ]

弁護士 中隆志

京都府京都市中京区二条通河原町西入榎木町95-1 延寿堂第2ビル5階 [地図]
TEL:075-253-6960

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
解決の事例

1、自賠責では後遺症が非該当とされ、損害保険会社から債務不存在(要するに保険会社側から賠償金の支払義務がないことの確認をする為の裁判)訴訟を提起されたが、判決...

弁護士費用について

 マイベストプロを見られた方は、初回相談料を無料にさせていただいております。 ご予約の際にお問い合わせください。 また、当事務所の3名は、全て法テラス(...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
中隆志 なかたかし

多重債務や犯罪被害、交通事故被害に苦しむ人々を法律によって救いたい(1/3)

 「法律を知らないがために不利益を被っている人々を守りたい」。インタビューの冒頭、弁護士の中隆志さんは淡々とした口調ながらも熱い思いを語ってくれました。京都市営地下鉄「京都市役所前」駅から歩いて約5分のところに中隆志法律事務所を構える中さん...

中隆志プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

交通事故、離婚、遺言・相続で適切な対応は中隆志法律事務所へ。

会社名 : 中隆志法律事務所
住所 : 京都府京都市中京区二条通河原町西入榎木町95-1 延寿堂第2ビル5階 [地図]
TEL : 075-253-6960

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-253-6960

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中隆志(なかたかし)

中隆志法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

暗闇に光を見いだした気持ちでした。中事務所に依頼して本当によかったです。

 高次脳機能障害を負い、これからどうしていこうか途方にく...

M
  • 60代以上/男性 
  • 参考になった数(2

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
万年筆考

 万年筆が好きで仕事で使っている。字はとてつもなくヘタだが。 日常使う万年筆は、スーツの胸ポケットにメモ...

読書日記「絶滅危惧種ビジネス」

 原書房。エミリー・ボイト。 量産される高級観賞魚・アロワナの闇という副題である。 アロワナは絶滅危...

老化

 年男であるが、最近老化を感じるようになっている。 美容師さんが年齢を見る時には首を見るらしいが(首の...

読書日記「兼好法師」

 中央公論新社。小川剛生。 現在知られている兼好法師の経歴は後生にねつ造されたものだとして、当時の資料か...

天井を見つめているワン
イメージ

 天井を見つめている2代目小次郎である。 たまに虫が飛んでいたりすると追いかけているので、虫を探してい...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ