コラム

 公開日: 2010-12-02 

ファックスによる書籍の案内


事務所には日々ファックスで書籍の案内やトナーの案内などが来るが、私はこうしたファックスを契機として購入したことがない。ファックスじたいは、パソコンから住所録の一覧表か何かを差し込み、自動送信しているものと思われるので、相手方の手間はほとんどない上、電話料金だけで宣伝出来るので効率的と考えているものと思われる。

 しかし、細かい話をいえば、ファックスを受信するとこちらにトナー料金がかかるのである。1枚4円であったか5円であったか忘れたが、紙もこちらの紙であるからこちらに経済的負担を強いているのである。たとえばであるが、年間に1000枚のこうしたファックスが来るとすると、こちらは拒否できないのに5000円のトナー料金と、1000枚の用紙代の負担をかけられていることになる。

 私がここでいいたいのは、そうした費用がかかることを問題にしているというよりは、その企業姿勢が問われるのである。相手に少額とはいえ経済的負担をかけて宣伝をするというような横着な企業には誰が注文するかいと皆思うのではないかということである。

 私はこのような理由から、いまだかつてファックスから注文したことがないのであるし、今後もする意思はない。

 破産管財人になると、どっとファックスが送られて、「不動産購入希望」とか、「動産買い取り希望」などが来るが、これにしたところで同じであり、自らの費用負担でもって宣伝をするか、足を使って苦労していないのは横着である。これらの宣伝方法は、逆に電話代や人件費が無駄であるからやめた方が無難である。

 その意味で、郵送してくるものは開封して見るようにしている。注文するかどうかは別問題であるが。足を使ってと言ったが、突然の訪問もある意味こちらの都合を聞かず、その応対に事務員は仕事の手を止めて応対しなければならないから、横着だといえるであろう。

 同様のことは電話にもいえる。電話もこちらの都合を聞いていないからである。突然電話してきて、セールスをする電話は、「切りますよ」と言って相手が話をしている途中でも私は切ってしまうのである。

この記事を書いたプロ

中隆志法律事務所 [ホームページ]

弁護士 中隆志

京都府京都市中京区二条通河原町西入榎木町95-1 延寿堂第2ビル5階 [地図]
TEL:075-253-6960

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
解決の事例

1、自賠責では後遺症が非該当とされ、損害保険会社から債務不存在(要するに保険会社側から賠償金の支払義務がないことの確認をする為の裁判)訴訟を提起されたが、判決...

弁護士費用について

 マイベストプロを見られた方は、初回相談料を無料にさせていただいております。 ご予約の際にお問い合わせください。 また、当事務所の3名は、全て法テラス(...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
中隆志 なかたかし

多重債務や犯罪被害、交通事故被害に苦しむ人々を法律によって救いたい(1/3)

 「法律を知らないがために不利益を被っている人々を守りたい」。インタビューの冒頭、弁護士の中隆志さんは淡々とした口調ながらも熱い思いを語ってくれました。京都市営地下鉄「京都市役所前」駅から歩いて約5分のところに中隆志法律事務所を構える中さん...

中隆志プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

交通事故、離婚、遺言・相続で適切な対応は中隆志法律事務所へ。

会社名 : 中隆志法律事務所
住所 : 京都府京都市中京区二条通河原町西入榎木町95-1 延寿堂第2ビル5階 [地図]
TEL : 075-253-6960

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-253-6960

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中隆志(なかたかし)

中隆志法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

子どもの将来が不安でしたが、かなり安心することが出来ました

 幹線道路に飛び出して高次脳機能障害を負ってしまった息子...

T
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
満員電車

 通勤の際にはある程度空いている電車に乗るようにしている。 早く行かないといけない時には、空いている電車...

読書日記「開国」

 幻冬舎文庫。津本陽。 平成8年頃の作品であり、私が弁護士になった頃の作品である。 主人公を決めず、開...

ボール投げてもらうの待ってるワン
イメージ

 どうしても遊んで欲しい時はこっちの手を前肢でカシカシとして「かまえ」という小次郎(二代目)であるが、時...

読書日記「ロンギヌスの聖痕」(上)(下)

 竹書房文庫。グレン・クーパー。 キリストの聖遺物の一つであるとされるロンギヌスの鎗にまつわる伝説をモチ...

読書日記「夢見る少年の昼と夜」

 P+Dbooks。福永武彦。 最近感銘を受けている福永武彦の短編集である。 絶版となった作品をペーパーバッ...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ