コラム

 公開日: 2010-12-09 

逆転敗訴


 私が主任でした事件で、逆転敗訴が一件だけある。逆に逆転勝訴したケースや、一部逆転勝訴は何件かあるが、完全にこちらが逆転敗訴したケースは一件だけである。

 あれから経験を積んで思うにも、やはり高裁の判決は誤っているということである。一審の判決の事実認定は詳細であり、また、こちらの本人尋問を直接聞いていた。証拠も揃っていた。

 しかし、高裁判決は、今から考えても訳の分からない理由で逆転敗訴にしたのである。しかも、逆転の兆候すらなかった。

 敗訴判決を受けて、依頼者に連絡を取るときはつらい。しかも、今回は逆転敗訴なのである。事実認定に関しては高裁が事実上最終判断であるから、これで敗訴が確定したに等しい。

 しかし、依頼者は、私に、「真実は、私の心と、先生と、一審の裁判官がわかってくれています。高裁の裁判官は、私の話を直接聞いた訳でもないし、真実は私が一番知っています。でも、高裁の裁判官は、私に会ったことすらもない人ですよね。」と言ってくれた。

 ボスのサジェスチョンもあり、上告したが、すぐに上告棄却で返ってきた。これが三審制の限界である。

 しかし、その依頼者は、私が力を尽くしてくれたとして、その後もお歳暮を贈り続けてくれた。弁護士として、敗訴はしたが、これほど嬉しかったことはない。

 敗訴した当事者がいかに説得され納得出来る判決を書くことが出来るかに、司法の信頼はかかっている。そうした判決が書ける裁判官が日本にどれほどいるだろう。おかしい裁判官が書いた判決は、時としてその人の一生を左右するのである。
 理想としては、ばりばり一線で働いている弁護士が任官することでしか有能な裁判官は確保できないであろうが、逆に有能でばりばりやっている弁護士は、事務所を捨ててまで任官しづらいというジレンマがある。

 この逆転敗訴も納得出来る理由付けがあれば、私の心には教訓となって残ったであろうが、中身が支離滅裂であったため、私にとっては、恨みとしか残っていないのである。この事件のみならず、真実が歪められて敗訴した本人にとっては、裁判所に対して恨み骨髄となるであろう。
 しかし、裁判官の中で、自らの職責がそれだけのものであると考えている人たちがどれだけいるかは、極めて疑問なのである。

この記事を書いたプロ

中隆志法律事務所 [ホームページ]

弁護士 中隆志

京都府京都市中京区二条通河原町西入榎木町95-1 延寿堂第2ビル5階 [地図]
TEL:075-253-6960

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
解決の事例

1、自賠責では後遺症が非該当とされ、損害保険会社から債務不存在(要するに保険会社側から賠償金の支払義務がないことの確認をする為の裁判)訴訟を提起されたが、判決...

弁護士費用について

 マイベストプロを見られた方は、初回相談料を無料にさせていただいております。 ご予約の際にお問い合わせください。 また、当事務所の3名は、全て法テラス(...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
中隆志 なかたかし

多重債務や犯罪被害、交通事故被害に苦しむ人々を法律によって救いたい(1/3)

 「法律を知らないがために不利益を被っている人々を守りたい」。インタビューの冒頭、弁護士の中隆志さんは淡々とした口調ながらも熱い思いを語ってくれました。京都市営地下鉄「京都市役所前」駅から歩いて約5分のところに中隆志法律事務所を構える中さん...

中隆志プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

交通事故、離婚、遺言・相続で適切な対応は中隆志法律事務所へ。

会社名 : 中隆志法律事務所
住所 : 京都府京都市中京区二条通河原町西入榎木町95-1 延寿堂第2ビル5階 [地図]
TEL : 075-253-6960

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-253-6960

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中隆志(なかたかし)

中隆志法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

自賠責では非該当だったのに、裁判をして12級になりました

 事故後ずっと痛みがありましたが、自賠責の等級認定では「...

M
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
ご先祖さまは貴婦人の膝に座ってたワン
イメージ

 昔は貴婦人の抱き犬として、貴婦人の膝に座っていたパピヨンであるが、今は庶民の家の床に座っている。見かけ...

陳述書の表紙

 先日、飲んでいると、女性弁護士が「依頼者のところに陳述書の署名押印もらいに行ってきます」「完成が遅れてし...

落とし物をするの巻

 先日、電車で手帳に書き込みをしようと思い、いつも胸ポケットに挿している万年筆を取ろうとすると、そこになか...

二重

 若い頃は一重まぶただったはずなのだが(写真を見直したが、やはり一重であった)、最近、二重まぶたになってき...

読書日記「動物農場 新訳版」

 早川文庫。ジョージ・オーウェル。 人間に搾取されている農場で、動物たちか反乱を起こし動物による平等な...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ