コラム

 公開日: 2010-12-27 

都甲金平


宮本武蔵の眼力を伝える挿話として有名な話がある。
 宮本武蔵は晩年肥後藩の細川忠利(細川幽斎の孫)に仕えたが、その際、忠利より、「藩士の中で、人物はいるか」と問われたところ、たちどころに、「さきほど見かけた人物は相当の人物でござりまする」と答えて、忠利の前に引き合わせたところ、忠利もにわかに思い出せない微禄の藩士であった。この男を都甲金平という。

 聞けば、都甲金平は、臆病な気持ちを自分からなくすために、毎夜抜き身の真剣を自分の頭の上に細い糸で吊して寝ているという。最初のころこそ恐ろしくて眠ることが出来なかったが、今ではその状態で熟睡出来るようになったというのである。

 武蔵は、ただ一目で都甲金平のこのような心魂を見抜いたのである。

 さらに、都甲金平は、武蔵の死後に武蔵の人物を見抜く目が正しかったことを体で証明するのである。
 江戸城が大火によって焼失したために、各藩に江戸城の修復工事が命じられた際に、細川藩の石奉行はこの都甲金平であった。
 細川藩は、どの藩よりも早く石を調達して作業を終えた。このとき、作業に間に合わないため金平が他藩の石を盗んだという説と、あまりにも手際のよい細川藩の作業に他藩が妬んで「細川藩は石を盗んでいる」と幕府に訴え出たとする説があるが、ともあれ、金平は幕府により石を盗んだ罪で捕縛された。

 当時は今のような刑法や刑事訴訟法はないから、自白を取る手段は拷問である。とがった石の上に正座をさせられたり、膝に穴を空けられてそこに醤油を入れられたりする拷問がなされたが、金平は泰然としてこれに耐え、「石を盗んだ」とは言わなかったのである。

 ありとあらゆる拷問に耐え、金平は無罪放免され、細川藩の体面を保ったのであった。
このような苛烈な拷問に泰然として耐えた金平のものすごさは当然であるが、この金平の性根をちらりと見ただけで見抜いた武蔵の眼力には敬服するばかりである。

 剣の修行を積んだ人物には一種の予知能力があるようであり、昭和初期の剣豪も、友人と歓談していて、友人が帰ろうとするとこれを引き留め、「もうすぐ誰々君が来るから少し待っていたまえ」というので友人が待っていると、本当にくだんの人物が現れて驚いたというような話が伝わっている。剣豪に聞くと、「○○君が家を出るところが見えたような気がしたのだ」というのであるが、武蔵もこれに似た能力を持っていたのであろうか。

 弁護士業に邁進して、このような能力が身に付けばいいのであるが、私には武蔵の境地はヒマラヤの頂上よりも遠いようである。

この記事を書いたプロ

中隆志法律事務所 [ホームページ]

弁護士 中隆志

京都府京都市中京区二条通河原町西入榎木町95-1 延寿堂第2ビル5階 [地図]
TEL:075-253-6960

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
解決の事例

1、自賠責では後遺症が非該当とされ、損害保険会社から債務不存在(要するに保険会社側から賠償金の支払義務がないことの確認をする為の裁判)訴訟を提起されたが、判決...

弁護士費用について

 マイベストプロを見られた方は、初回相談料を無料にさせていただいております。 ご予約の際にお問い合わせください。 また、当事務所の3名は、全て法テラス(...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
中隆志 なかたかし

多重債務や犯罪被害、交通事故被害に苦しむ人々を法律によって救いたい(1/3)

 「法律を知らないがために不利益を被っている人々を守りたい」。インタビューの冒頭、弁護士の中隆志さんは淡々とした口調ながらも熱い思いを語ってくれました。京都市営地下鉄「京都市役所前」駅から歩いて約5分のところに中隆志法律事務所を構える中さん...

中隆志プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

交通事故、離婚、遺言・相続で適切な対応は中隆志法律事務所へ。

会社名 : 中隆志法律事務所
住所 : 京都府京都市中京区二条通河原町西入榎木町95-1 延寿堂第2ビル5階 [地図]
TEL : 075-253-6960

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-253-6960

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中隆志(なかたかし)

中隆志法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

離婚手続を依頼して本当によかったです。

 高額所得者の別居中の夫から離婚を求められました。  ま...

H
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
読書日記12月6日

「代官山コールドケース」文芸春秋。佐々木讓。 17年前に被疑者死亡で解決したはずの殺人事件がえん罪で真犯...

師走

 師走に入ったが、経営者にとっては冬期賞与を支払わなければならず(思えば賞与は修習生の時の2年間と、その後...

インフルエンザの予防接種

 今年も受けたのである。 40歳を超えてから、受けないその冬は必ずかかるというジンクスがあるためである。...

新しいオモチャと寝るワン
イメージ

 新しいオモチャと寝ている小次郎(二代目)である。 初代小次郎は、オモチャを買ってあげても、気に入らない...

水あれこれ

 売っている水だが、当然のことながらみなそれぞれ味が違う。 私は「いろはす」「六甲の水」も飲むことがある...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ