コラム

 公開日: 2016-01-22 

竹田圭吾さんの死を悼む

 51歳の若さでテレビなどでコメンテーターとして活躍されていた竹田圭吾さんが今年の初めに亡くなられた。
 私は天の邪鬼な性格もあり、だいたいテレビに出ているコメンテーターは好きではないのだが、竹田圭吾さんは好きであった。
 日曜日の夜にやっているMr.サンデーという報道番組があり、宮根さんが司会をされている番組であるが、竹田圭吾さんのコメントを聞きたいがために毎週見ていたと言っても過言ではない。
 前に書いたのだが、ネットの発達やスマホで気軽に投稿できるようになったことで、何か事が起こった時に日本は激烈反応型社会になってしまっているという思いがあり、事が起こって悪いことが起こるとつるし上げのような状況になり、テレビのコメンテーターも皆一様に同じことを言うのを聞いていると、「そんなコメントなら要らんわい」と思って日常報道番組を見ていることがあった。
 しかし、竹田圭吾さんのコメントは、そのようなものではなく、日本全体がバッシングしているような事件でも、違う視点からのコメントを発言されていて、「とてつもなく頭がいいな」「深く考えておられるな」という思いで参考にさせてもらっていた。
 たとえば、佐村河内氏の楽曲が実はゴーストライターがいて佐村河内氏をバッシングしていた時も、「彼だけの責任なんだろうか」という視点で発言されていて、「美談として取り上げてそれをよしとしたマスコミや、我々大衆にも責任の一端はあるのではないか」という趣旨で発言されていたことを記憶している。
 バッシングされている中で、日本中がそのことに対して一方向を向いている時に、異なった視点や反論をするということは中々できにくいことである。しかも、テレビでコメントするのである。これは、生中な覚悟でできることではないのである。
 竹田さんは、不公正ということに対しても怒りを持っておられて、産経新聞の記事に対する韓国の裁判の経緯についても非常に怒りを持ってコメントされていた姿が思い起こされる。
 痩せてこられて、全く面識もない一視聴者として、勝手ながら体調を心配させていただいたのだが、あまりにも若い死である。残念でならない。

 なお、竹田圭吾さんには「コメントする力」という著書があり、そのうちに買おうと思っていたのであるが、亡くなられたことであのコメントを聞くことができないので、今般購入させていただいた。近々読ませていただくつもりである。

 本当に残念な人を亡くしたのである。
 心から、ご冥福をお祈りさせていただきます。

この記事を書いたプロ

中隆志法律事務所 [ホームページ]

弁護士 中隆志

京都府京都市中京区二条通河原町西入榎木町95-1 延寿堂第2ビル5階 [地図]
TEL:075-253-6960

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
解決の事例

1、自賠責では後遺症が非該当とされ、損害保険会社から債務不存在(要するに保険会社側から賠償金の支払義務がないことの確認をする為の裁判)訴訟を提起されたが、判決...

弁護士費用について

 マイベストプロを見られた方は、初回相談料を無料にさせていただいております。 ご予約の際にお問い合わせください。 また、当事務所の3名は、全て法テラス(...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
中隆志 なかたかし

多重債務や犯罪被害、交通事故被害に苦しむ人々を法律によって救いたい(1/3)

 「法律を知らないがために不利益を被っている人々を守りたい」。インタビューの冒頭、弁護士の中隆志さんは淡々とした口調ながらも熱い思いを語ってくれました。京都市営地下鉄「京都市役所前」駅から歩いて約5分のところに中隆志法律事務所を構える中さん...

中隆志プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

交通事故、離婚、遺言・相続で適切な対応は中隆志法律事務所へ。

会社名 : 中隆志法律事務所
住所 : 京都府京都市中京区二条通河原町西入榎木町95-1 延寿堂第2ビル5階 [地図]
TEL : 075-253-6960

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-253-6960

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中隆志(なかたかし)

中隆志法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

お金もうけではなく、依頼者のための弁護士だと思いました。

 一審判決が出たときに、丁寧な説明をしていただいて、控訴...

Y
  • 50代/男性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
読書日記「知ってはいけない 隠された日本支配の構造」

 講談社現代新書。矢部宏治。 表題からするとトンデモ本のように見えるかもしれないが、内容を読むと驚愕の事...

じっと見つめるワン
イメージ

 何を見つめているのか分からないが、小次郎(二代目)である。 虫が飛んでいると捕まえようとするので、狙...

読書日記「日航123便墜落の新事実」

 河出書房新社。青山透子。 少し前に読んだ、「WOLF」という文庫本の中に、日航123便の墜落に関して...

落花生
イメージ

 落花生を収穫したが、思ったよりは実がついていなかった。 まあ、ある程度は取れたし、よしとしようか。...

犯罪被害者の上訴権

 日本の刑事訴訟法においては、犯罪被害者の上訴権は認められていない。 検察庁に対し、上訴することを申し入...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ