コラム

 公開日: 2016-03-31 

年度終わり

 弁護士会の年度も裁判所の年度も3月末日が最終日で、4月1日から新年度となる。
 弁護士会の役職の任期も4/1から翌年の3/31であり、裁判官の転勤も多くはこの時期である(部長クラスのエライ人になると、上に空きが出ると突然転勤されることもある)。

 私が弁護士になった頃は、この時期は裁判官の転勤前ということもあり、また、裁判所職員の転勤(書記官とか事務官)もあるため、あまり裁判も入らずゆったりとしていた記憶がある。
 当時は今のように新民事訴訟法ではなく旧民事訴訟法で計画審理などはあまり言われておらず、期日当日に法廷に準備書面を持参して、裁判官が「で、今回の書面はだいたい何を書いておられますか」などと聞いている場面も多かった。
 また、証人尋問も1日に何人も聞くのではなく、五月雨式に聞いていた記憶であり、尋問をしてから、尋問結果を聞いて新しい主張があるので出したいなどというのが普通に行われていた。
 ずいぶんゆったりした時代だったのである。
 より昔はもっとゆったりしていて、弁護士会館が裁判所と2階でつながっていて、そこが簡裁の調停の部屋の近くだったため、待ち時間に代理人が弁護士会に行ってくるといってそこで囲碁をしていて、自分の番になっても囲碁に白熱して中々調停の部屋に行かなかったという人もいたと聞いている(実話かどうかは知らない)。

 しかし最近はそういう感じで訴訟は進まないので(それでも依頼者からしたら「遅い!」となるかもしれないが)、3月の終わりでもすることが多々あったりする。
 また、昔はたいていの弁護士は書面は手書きでそれを事務員にワープロ打ちしてもらっていたので書面が短かったが、最近はたいていの弁護士はパソコンで書面を打つため、どうしても長くなりがちということもあり、タイムチャージだと1枚あたりいくらという取決めをしているとも聞くので、同じことを繰り返し書いている書面を読むのに時間が浪費させられるというところがある。

 昔は長年やっているうちに依頼者双方も紛争に疲れてきて、時の経過で和解ができたという事件もあったように思うが、計画審理の時代だと中々そうはいかないかもしれないと思いつつ、書面を書く予定の年度最終日である。

この記事を書いたプロ

中隆志法律事務所 [ホームページ]

弁護士 中隆志

京都府京都市中京区二条通河原町西入榎木町95-1 延寿堂第2ビル5階 [地図]
TEL:075-253-6960

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
解決の事例

1、自賠責では後遺症が非該当とされ、損害保険会社から債務不存在(要するに保険会社側から賠償金の支払義務がないことの確認をする為の裁判)訴訟を提起されたが、判決...

弁護士費用について

 マイベストプロを見られた方は、初回相談料を無料にさせていただいております。 ご予約の際にお問い合わせください。 また、当事務所の3名は、全て法テラス(...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
中隆志 なかたかし

多重債務や犯罪被害、交通事故被害に苦しむ人々を法律によって救いたい(1/3)

 「法律を知らないがために不利益を被っている人々を守りたい」。インタビューの冒頭、弁護士の中隆志さんは淡々とした口調ながらも熱い思いを語ってくれました。京都市営地下鉄「京都市役所前」駅から歩いて約5分のところに中隆志法律事務所を構える中さん...

中隆志プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

交通事故、離婚、遺言・相続で適切な対応は中隆志法律事務所へ。

会社名 : 中隆志法律事務所
住所 : 京都府京都市中京区二条通河原町西入榎木町95-1 延寿堂第2ビル5階 [地図]
TEL : 075-253-6960

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-253-6960

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中隆志(なかたかし)

中隆志法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

子どもの将来が不安でしたが、かなり安心することが出来ました

 幹線道路に飛び出して高次脳機能障害を負ってしまった息子...

T
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
万年筆考

 万年筆が好きで仕事で使っている。字はとてつもなくヘタだが。 日常使う万年筆は、スーツの胸ポケットにメモ...

読書日記「絶滅危惧種ビジネス」

 原書房。エミリー・ボイト。 量産される高級観賞魚・アロワナの闇という副題である。 アロワナは絶滅危...

老化

 年男であるが、最近老化を感じるようになっている。 美容師さんが年齢を見る時には首を見るらしいが(首の...

読書日記「兼好法師」

 中央公論新社。小川剛生。 現在知られている兼好法師の経歴は後生にねつ造されたものだとして、当時の資料か...

天井を見つめているワン
イメージ

 天井を見つめている2代目小次郎である。 たまに虫が飛んでいたりすると追いかけているので、虫を探してい...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ