コラム

 公開日: 2016-04-25 

弁護士にとってのゴールデンウィーク

 弁護士にとってのゴールデンウィークとは(私の場合だが)、起案する時間である。
 今年も休みは2日と6日を休みにすれば10連休になるという話を聞いたりしているが、そんなことは弁護士にとってはあり得ない話だと(私の場合だが)思っている。
 連休中は暦通りであり、5/2と5/6は普通に仕事している。

 また、控訴理由書とかカルテに基づく交通事故の主張とか、時間が取れないとできない書面に関しては、4月の期日で連休中に書くことを前提に〆切りを入れている。
 これは大体21年前に弁護士になってから変わらない話である。
 もちろん連休はしっかり休むという弁護士もいるだろうが、たいていはそうではないのではなかろうか。
 書面をきちんと作成しようと思うと、まとまった時間が必要なので、連休中は電話もあまり鳴らないし(全く鳴らないわけではない)、起案に集中できるのである。起案出来る時間はありがたいのである。
 弁護士の仕事は地味な作業の連続であり、地道にコツコツとやっていく人が向いている。依頼者から話を聞き取った上で裏づけとなる証拠を探して書証化し、相手の主張の矛盾をついて反論を考えて・・・というのを1件1件やるわけである。
 これにはけっこうな時間がかかり、まとまった仕事ができる時間が取れる連休の間はありがたいのである(きっと考えがワーカホリックで間違っているという気はするが、それで21年間やってきたから仕方がない)。
 そもそもきちんと休みが取りたいなら仕事を選ぶ時にそういう仕事を選択すればよいだけの話であり、弁護士という仕事を選んだ以上、時には土日もないというのは当たり前の話であるし、連休を全て休みたいという(いや、きっと要領のいい弁護士は休んでいるとも思うけど)気持ちのある人はきっと弁護士には向いていないはずだと思ったりする連休前の1日である。

この記事を書いたプロ

中隆志法律事務所 [ホームページ]

弁護士 中隆志

京都府京都市中京区二条通河原町西入榎木町95-1 延寿堂第2ビル5階 [地図]
TEL:075-253-6960

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
解決の事例

1、自賠責では後遺症が非該当とされ、損害保険会社から債務不存在(要するに保険会社側から賠償金の支払義務がないことの確認をする為の裁判)訴訟を提起されたが、判決...

弁護士費用について

 マイベストプロを見られた方は、初回相談料を無料にさせていただいております。 ご予約の際にお問い合わせください。 また、当事務所の3名は、全て法テラス(...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
中隆志 なかたかし

多重債務や犯罪被害、交通事故被害に苦しむ人々を法律によって救いたい(1/3)

 「法律を知らないがために不利益を被っている人々を守りたい」。インタビューの冒頭、弁護士の中隆志さんは淡々とした口調ながらも熱い思いを語ってくれました。京都市営地下鉄「京都市役所前」駅から歩いて約5分のところに中隆志法律事務所を構える中さん...

中隆志プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

交通事故、離婚、遺言・相続で適切な対応は中隆志法律事務所へ。

会社名 : 中隆志法律事務所
住所 : 京都府京都市中京区二条通河原町西入榎木町95-1 延寿堂第2ビル5階 [地図]
TEL : 075-253-6960

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-253-6960

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中隆志(なかたかし)

中隆志法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

夫から自由になれて本当によかったです。

 別居していた家族もかえりみず、お金も入れてくれない夫で...

S
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
読書日記「黄砂の籠城」

 講談社文庫。上下巻。松岡圭祐。 義和団の乱の際に、各国の公使館が義和団に狙われる。4000人の人命を守...

ボールは渡さないワン
イメージ

 ボールは渡さないとして、なぜか笑顔の小次郎(二代目)である。 みんなこんな人ばかりであったら、世の中...

満員電車

 通勤の際にはある程度空いている電車に乗るようにしている。 早く行かないといけない時には、空いている電車...

読書日記「開国」

 幻冬舎文庫。津本陽。 平成8年頃の作品であり、私が弁護士になった頃の作品である。 主人公を決めず、開...

ボール投げてもらうの待ってるワン
イメージ

 どうしても遊んで欲しい時はこっちの手を前肢でカシカシとして「かまえ」という小次郎(二代目)であるが、時...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ