コラム

 公開日: 2011-01-06 

弁護士の使命


弁護士法1条には弁護士の使命が定められている。1項で「弁護士は、基本的人権を尊重し、社会正義を実現することを使命とする。」とされている。

 ここから、弁護士は自分の事務所で売上を伸ばすことばかり考えないで、公益活動をやりなさいということになる。ただ、実際のところは、公益活動を全くやらない弁護士も一定数いる。現在の弁護士会の公益活動(もちろん無償である)は、個々の会員弁護士の善意によって担われているというのが実情である。

 そのため、一部の弁護士会では、公益義務を強制することに会の規程を改正して、一定の公益活動に従事しない場合、罰金を支払わないといけないという制度を設けていることもある。
 本来公益活動は弁護士の使命の一つなのであるから、強制されるというのはおかしい気がするが、そうでもしなければ会員の間での負担の公平感が保てないのであろう。

 私はというと、これまで、消費者・サラ金被害救済センター、広報委員会、犯罪被害者支援委員会、公害環境保全委員会など多数の委員会で公益活動を行ってきたという自負はあるし、今もたくさんの公益活動(会務活動)に従事しているし、費用的には決してペイしない弁護団事件の事務局長も2つしているが(これも費用的にペイしないという意味では公益活動であると思っている)、それについて、他の会員がやらないからといって、特段負担感を持ったことはない。周りの会務を熱心にやっている弁護士も同じではないかと思う。やらないといけないと思うからやっているのであって、会務活動がなければ、もっと本来の業務に割くことが出来る時間も増えることは分かっているのだが、「やるべし」でやっている。

 そもそも、仕事の割当などで完全に公平なことなどあり得ないので、人間社会においてあまり負担の公平を言い出すと、物事が前に進まないと私は思っている。他の人間よりもやれる能力をもっていることをむしろ誇りに思うくらいで仕事というものはやるべきであろう。

 会務などで反対意見を滔々と述べる弁護士が、普段その分野で何ら活躍していなかったり、会務を全くやっていなかったりすることも多く、そういう時は、「公益活動もしない癖に口を出すな」と皆思っているのであるが、そうした周りの内心は本人には分からない。

 何かを言うためには自分がその分野で実績がないといけないというのは私の持論であるが、世の中は中々そうではないところがある。

この記事を書いたプロ

中隆志法律事務所 [ホームページ]

弁護士 中隆志

京都府京都市中京区二条通河原町西入榎木町95-1 延寿堂第2ビル5階 [地図]
TEL:075-253-6960

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
解決の事例

1、自賠責では後遺症が非該当とされ、損害保険会社から債務不存在(要するに保険会社側から賠償金の支払義務がないことの確認をする為の裁判)訴訟を提起されたが、判決...

弁護士費用について

 マイベストプロを見られた方は、初回相談料を無料にさせていただいております。 ご予約の際にお問い合わせください。 また、当事務所の3名は、全て法テラス(...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
中隆志 なかたかし

多重債務や犯罪被害、交通事故被害に苦しむ人々を法律によって救いたい(1/3)

 「法律を知らないがために不利益を被っている人々を守りたい」。インタビューの冒頭、弁護士の中隆志さんは淡々とした口調ながらも熱い思いを語ってくれました。京都市営地下鉄「京都市役所前」駅から歩いて約5分のところに中隆志法律事務所を構える中さん...

中隆志プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

交通事故、離婚、遺言・相続で適切な対応は中隆志法律事務所へ。

会社名 : 中隆志法律事務所
住所 : 京都府京都市中京区二条通河原町西入榎木町95-1 延寿堂第2ビル5階 [地図]
TEL : 075-253-6960

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-253-6960

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中隆志(なかたかし)

中隆志法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

子どもの将来が不安でしたが、かなり安心することが出来ました

 幹線道路に飛び出して高次脳機能障害を負ってしまった息子...

T
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
左足の親指の爪が真っ黒である

 土曜日の午後からサッカーの練習が予定されていた。 まだ出発するには時間があったため、ドラゴンクエスト1...

読書日記「鳥類学者だからって鳥が好きだと思うなよ」

 新潮社。川上和人。 数少ない鳥類学者の筆者が、鳥についての知見や、自身の経験談を語る一冊。 表題とは...

ちょろっと見てるワン
イメージ

 ソファーの下でかけ布に顔を入れて、私の鞄の陰でもぐって寝るのが好きな小次郎(二代目)である。 上から...

読書日記「サザンオールスターズ1978-1985」

 新潮新書。スージー鈴木。 私自身サザンファンであり、来年サザンがデビュー40周年であるので、おさらいの...

会合の支払額の傾斜配分

 会合で、若い弁護士がいる場合、22年弁護士をしている私の場合、上の期の方で全額出して、若い弁護士には1円...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ