コラム

 公開日: 2017-12-13 

読書日記「水底の女」

 早川書房。レイモンド・チャンドラー。
 村上春樹の新訳によるチャンドラーのマーロウものの長編の最後である。
 心待ちにしていたのであるが、こうして出版されて、村上春樹訳のマーロウに会えないのは大変寂しい。
 あとがきで村上春樹自身もマーロウにもう会えないのかと思うと寂しい、チャンドラー・ロスの状態と書いているが、まさに読み終えて私も同じ思いである。
 短編については、新訳で色々な人が訳したものが、少し前に早川書房から出ているので、村上春樹もさすがに訳さないだろう。
 村上春樹訳のチャンドラーが読めなくなる(新作という意味だが)のは大変寂しい。

 旧題は、「湖中の女」で、推理ものとして読むと、世界各国の本格推理小説を読んできた人には物足りないというのは村上春樹も述べているが、プロットが一つしかなく(他の長編は二つのプロットが入り混ざり複雑な様相を呈するのだが)、その点が弱いといえば弱い。
 しかし、チャンドラーの魅力はそういうところにはなく、本格から外れたところにあり、プロットというよりは、マーロウの際だった魅力にこそあるのであって、本編のマーロウもいかんなく、「マーロウらしさ」を出しており、それが嬉しい。

 内容はこれから読む人のために書かないが、本年の読書ベスト10の間違いなくベスト1である(それは内容いかんに関わらず、マーロウだからである)。
 チャンドラーを読むと、大変幸せな気分になれる。
 もちろん、人によるだろうけれど、少なくともそういう人が世の中にはたくさんいるからこそ、村上春樹はチャンドラーを訳したのである。
 しばらく、村上春樹訳のチャンドラーロスが続きそうである。

この記事を書いたプロ

中隆志法律事務所 [ホームページ]

弁護士 中隆志

京都府京都市中京区二条通河原町西入榎木町95-1 延寿堂第2ビル5階 [地図]
TEL:075-253-6960

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
解決の事例

1、自賠責では後遺症が非該当とされ、損害保険会社から債務不存在(要するに保険会社側から賠償金の支払義務がないことの確認をする為の裁判)訴訟を提起されたが、判決...

弁護士費用について

 マイベストプロを見られた方は、初回相談料を無料にさせていただいております。 ご予約の際にお問い合わせください。 また、当事務所の3名は、全て法テラス(...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
中隆志 なかたかし

多重債務や犯罪被害、交通事故被害に苦しむ人々を法律によって救いたい(1/3)

 「法律を知らないがために不利益を被っている人々を守りたい」。インタビューの冒頭、弁護士の中隆志さんは淡々とした口調ながらも熱い思いを語ってくれました。京都市営地下鉄「京都市役所前」駅から歩いて約5分のところに中隆志法律事務所を構える中さん...

中隆志プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

交通事故、離婚、遺言・相続で適切な対応は中隆志法律事務所へ。

会社名 : 中隆志法律事務所
住所 : 京都府京都市中京区二条通河原町西入榎木町95-1 延寿堂第2ビル5階 [地図]
TEL : 075-253-6960

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-253-6960

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中隆志(なかたかし)

中隆志法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

前の弁護士さんを断って、本当によかったです。

 前に依頼していた弁護士さんが、全然仕事をしてくれず、依...

S
  • 60代以上/女性 
  • 参考になった数(3

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
読書日記「未来の年表」

 講談社現代新書。落合雅司。 現在の人口統計から、未来の日本像を検討した新書である。 正直なところ、...

読書日記「シベリア出兵」

 中公新書。麻田雅文。 ロシア革命が起こった時期に、日本は反革命軍救出を名目にシベリアに出兵し、シベリア...

既にかなり日焼けをしたの巻

 4月14日は関西カップ(京都、大阪、神戸がそれぞれ2チームずつ出して戦うカップ戦。創設者は私。)が堺トレ...

両手で頬を挟んでるワン
イメージ

 両手を前に出して頬を挟むようにしている二代目小次郎である。 意図はしていないのであろうが、こういう一...

読書日記「地図のない場所で眠りたい」

 講談社文庫。高野秀行、角幡唯介。 冒険家の2人による対談。2人とも、早稲田大学の探検部出身の作家である...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ