コラム

 公開日: 2017-12-15 

寒い時の服

 寒波が来ている。
 ビジネスマンではあるが、寒い時の服は見た目より機能を取るようにしている。
 薄いステンカラーコートや中にはスーツにマフラーを巻いただけの姿で駅で震えているサラリーマンを見るが、これは、電車の中で暑いので外で我慢するか、外気温に合わせるかの違いなのだろうと考えている。
 最近は電車の中の暖房もそこまで効いていないので、私は外気温に合わせる派である。
 暑いのは服を脱ぐなり、コートの前を全開にすれば事足りるが、寒いのはどうしようもないためである(後は入口近くの席に座ったり、立ったりすると、外気が適度に入ってくるため、そんなに暑くならない)。

 薄いコートの人はヒートテックを着用しているのかもしれないが、ヒートテックを普通は室内では脱がないであろうから、逆に暖かいままになってしまうと考えており、ヒートテックは外で仕事をする人のためのものであろうと考えている。
 寒い時にヒートテック的な下着を着たり、タイツを履いたことが数回あるが、見事に風邪を引いた。事務所内では暑すぎて、体温調節がうまくいかないためではなかろうかと考えている(当社比)。
 ここ数年は冬でも長袖の下着は着ないし、タイツやズボン下も履かないようにしているが、そうすると風邪を引きにくい傾向にある(風邪気味ということはあっても、発熱して寝込むまではない)。

 話が逸れたが、体感温度を調整できるという意味で、本当に寒い時期は、アウトドア用のダウンジャケット(ミズノ製)を着ている。もう見た目もへったくれもないのである。
 弁護士たるもの・・・という古株の先生からは、「何やそのコートは」と言われることもあるが、寒くて風邪を引くよりはよほどいいと思っている(その先生はだいたい帽子にチェスターコートかバーバリーのトレンチコートを着ているが、寒いだろうと思う)。
 体感温度調節も大事だと思う、極寒の12月である。
 

この記事を書いたプロ

中隆志法律事務所 [ホームページ]

弁護士 中隆志

京都府京都市中京区二条通河原町西入榎木町95-1 延寿堂第2ビル5階 [地図]
TEL:075-253-6960

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
解決の事例

1、自賠責では後遺症が非該当とされ、損害保険会社から債務不存在(要するに保険会社側から賠償金の支払義務がないことの確認をする為の裁判)訴訟を提起されたが、判決...

弁護士費用について

 マイベストプロを見られた方は、初回相談料を無料にさせていただいております。 ご予約の際にお問い合わせください。 また、当事務所の3名は、全て法テラス(...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
中隆志 なかたかし

多重債務や犯罪被害、交通事故被害に苦しむ人々を法律によって救いたい(1/3)

 「法律を知らないがために不利益を被っている人々を守りたい」。インタビューの冒頭、弁護士の中隆志さんは淡々とした口調ながらも熱い思いを語ってくれました。京都市営地下鉄「京都市役所前」駅から歩いて約5分のところに中隆志法律事務所を構える中さん...

中隆志プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

交通事故、離婚、遺言・相続で適切な対応は中隆志法律事務所へ。

会社名 : 中隆志法律事務所
住所 : 京都府京都市中京区二条通河原町西入榎木町95-1 延寿堂第2ビル5階 [地図]
TEL : 075-253-6960

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-253-6960

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中隆志(なかたかし)

中隆志法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

夫から自由になれて本当によかったです。

 別居していた家族もかえりみず、お金も入れてくれない夫で...

S
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
裁判所の夏期休廷期間、そして宿題という名の書面書き

 裁判所が交代で夏期休廷に入る期間である。裁判官も、遊んでいる訳ではなく、自宅で判決起案などをしているよう...

読書日記「パン屋再襲撃」

 文春文庫。村上春樹。 なんとなくこの夏は村上春樹を読もうと思っていた。 そこで、長編は読み始めると時...

ポテチンと寝てるワン
イメージ

 ソファーなどで寝ていて、暑くなると床でポテチンと横に寝ている二代目小次郎である。 やる気のなさが半端...

読書日記「塩狩峠」

 新潮文庫。三浦綾子。 実話を基にされた物語で、いつか読もうと思い購入していたが、読みたい本だらけで中々...

読書日記「いっぴきとにひき」

 大福書林。桑原奈津子。 料理研究家の著者のところにいるいっぴきのワンコとにひきのにゃんこの写真集である...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ