コラム

 公開日: 2018-03-08 

読書日記「大洪水が神話になるとき」

 河出書房新社。庄子大亮。

 世界中に大洪水の神話があるのはなぜかについて、地域ごと、類型ごとに分析し、なぜそうした神話が残されているのかについて論考した一冊。
 ほぼ全世界にノア的神話が残されているが、それをもって事実とみるというよりは、洪水神話があったところにキリスト教が伝来し、神話の内容が変容したのではないか、という分析には合点がいった。実際に完全に外の世界から入ってきたものが、いつの間にか部族伝来のものとなっていたというような話も記載されていたからである。
 日本には、ノア的洪水神話はなく、その他の地域にもノア的洪水神話がない地域があるようであり、文章も簡潔で必要十分なことが記載されている。
 好著である。

この記事を書いたプロ

中隆志法律事務所 [ホームページ]

弁護士 中隆志

京都府京都市中京区二条通河原町西入榎木町95-1 延寿堂第2ビル5階 [地図]
TEL:075-253-6960

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
解決の事例

1、自賠責では後遺症が非該当とされ、損害保険会社から債務不存在(要するに保険会社側から賠償金の支払義務がないことの確認をする為の裁判)訴訟を提起されたが、判決...

弁護士費用について

 マイベストプロを見られた方は、初回相談料を無料にさせていただいております。 ご予約の際にお問い合わせください。 また、当事務所の3名は、全て法テラス(...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
中隆志 なかたかし

多重債務や犯罪被害、交通事故被害に苦しむ人々を法律によって救いたい(1/3)

 「法律を知らないがために不利益を被っている人々を守りたい」。インタビューの冒頭、弁護士の中隆志さんは淡々とした口調ながらも熱い思いを語ってくれました。京都市営地下鉄「京都市役所前」駅から歩いて約5分のところに中隆志法律事務所を構える中さん...

中隆志プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

交通事故、離婚、遺言・相続で適切な対応は中隆志法律事務所へ。

会社名 : 中隆志法律事務所
住所 : 京都府京都市中京区二条通河原町西入榎木町95-1 延寿堂第2ビル5階 [地図]
TEL : 075-253-6960

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-253-6960

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中隆志(なかたかし)

中隆志法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

自賠責では非該当だったのに、裁判をして12級になりました

 事故後ずっと痛みがありましたが、自賠責の等級認定では「...

M
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
ジュリーになった私

 先日、サッカーでボールを持っている敵の内を切った。普通は内を切ると、縦に蹴るか、後ろに戻すしかないのであ...

読書日記「アンデスの黄金」

 上下巻。扶桑社ミステリー。ジェームズ・ロリンズ。 アンデスで発見されたミイラの頭部に詰められていた未知...

読書日記「裸足で逃げる」

 at叢書。上間陽子。 沖縄の夜の町で虐げられて、それでも強く生きていく少女たちの物語である。ノンフィ...

子殺しと量刑

 漢を建国した劉邦は、項羽に敗北して逃走する際、馬車に乗ろうとした子2名を馬車から蹴り落としたことがあった...

挟まれたワン
イメージ

 足の間に入ってきたので、挟んでやったのだが、特に慌てもせず、挟まれたままでいる2代目小次郎である。 ...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ