コラム

 公開日: 2018-04-06 

和解速報、離婚、財産分与を認めない相手方から主張立証を尽くして相応の財産分与額を確保した事例

 比較的高齢の夫婦で、婚姻期間中、相手方は自分の収入や資産について一切依頼者に教えず、厳格に家計を管理していた。
 夫は突然、生活費も渡さないことを一方的に宣告し、以降、生活費を渡さなくなり、依頼者は自宅を出て、別居することとなった。
 相手方から離婚調停が申し立てられたが、相手方は財産分与には応じないとのことであったため、調停不成立となった。
 調停が不調となった後、相手方は離婚訴訟を提起し、この訴訟から当事務所が依頼を受けた。相手方は本訴においても離婚のみを求め、財産分与には応じないとの態度であった。
 そこで、当方からも財産分与を求めて反訴を提起した。
相手方は婚姻期間中にそれなりの資産を築いている蓋然性が高かったが、依頼者が相手方の収入や資産を全く把握していなかったため、その調査を行うことが最も重要であった。
そのため、相手方に対し、財産の開示を求めて当方でできる限りの調査検討を行った。
  上記のような当職らの調査検討と主張立証の結果、1000万円弱の財産分与と、年金分割を受け、和解が成立した。
  担当弁護士は紀でした。

この記事を書いたプロ

中隆志法律事務所 [ホームページ]

弁護士 中隆志

京都府京都市中京区二条通河原町西入榎木町95-1 延寿堂第2ビル5階 [地図]
TEL:075-253-6960

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
解決の事例

1、自賠責では後遺症が非該当とされ、損害保険会社から債務不存在(要するに保険会社側から賠償金の支払義務がないことの確認をする為の裁判)訴訟を提起されたが、判決...

弁護士費用について

 マイベストプロを見られた方は、初回相談料を無料にさせていただいております。 ご予約の際にお問い合わせください。 また、当事務所の3名は、全て法テラス(...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
中隆志 なかたかし

多重債務や犯罪被害、交通事故被害に苦しむ人々を法律によって救いたい(1/3)

 「法律を知らないがために不利益を被っている人々を守りたい」。インタビューの冒頭、弁護士の中隆志さんは淡々とした口調ながらも熱い思いを語ってくれました。京都市営地下鉄「京都市役所前」駅から歩いて約5分のところに中隆志法律事務所を構える中さん...

中隆志プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

交通事故、離婚、遺言・相続で適切な対応は中隆志法律事務所へ。

会社名 : 中隆志法律事務所
住所 : 京都府京都市中京区二条通河原町西入榎木町95-1 延寿堂第2ビル5階 [地図]
TEL : 075-253-6960

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-253-6960

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中隆志(なかたかし)

中隆志法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

内縁の妻では、相続権はないから、損害賠償は出来ないという弁護士さんもいたのに・・・

 内縁の夫が交通事故で死亡し、損害賠償は出来ないのかとあ...

T
  • 60代以上/女性 
  • 参考になった数(2

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
サッカーを見たいが、どうすればよいのであろう。

 ワールドカップが終わったが、しばらくすると欧州リーグが開幕する。 Jリーグはこれまで見なかったのであ...

裁判所の夏期休廷期間、そして宿題という名の書面書き

 裁判所が交代で夏期休廷に入る期間である。裁判官も、遊んでいる訳ではなく、自宅で判決起案などをしているよう...

読書日記「パン屋再襲撃」

 文春文庫。村上春樹。 なんとなくこの夏は村上春樹を読もうと思っていた。 そこで、長編は読み始めると時...

ポテチンと寝てるワン
イメージ

 ソファーなどで寝ていて、暑くなると床でポテチンと横に寝ている二代目小次郎である。 やる気のなさが半端...

読書日記「塩狩峠」

 新潮文庫。三浦綾子。 実話を基にされた物語で、いつか読もうと思い購入していたが、読みたい本だらけで中々...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ