コラム

 公開日: 2011-03-18 

氏家行広


関ヶ原の戦いは、天下分け目の戦いといわれているが、その実情は、豊臣家内部の争いであり、内部の争いをいかにして自らが天下人に押し上げる戦いにするための戦いに変容させるかが家康が知恵を絞ったところであり、それに尽きると言っていいであろう。

 豊臣秀頼を奉じてその下で権力を振るいたい石田三成という武将がいた(私はそう思っているが、純粋に豊臣家のためという説も根強い)。
 いっぽう、天下人を狙う(ただし、この当時はその素振りすら見せていない)徳川家康は、文官である石田三成を嫌悪する武断派の豊臣家の武将たちを巧みに扇動して三成と対立させ、石田三成が徳川家康に戦を挑まざるを得ないようにもっていったがために起こった戦いである。

 当初は、「豊臣家のために」悪漢石田三成を排除する戦いであるという形を取っていたのであるが、戦が近づくにつれて、巧みに徳川家康の私兵のように武将たちの気持ちを変えていく経緯は、あまたの歴史小説で書かれているところである。

 徳川家康が、上杉景勝を討つという名目で会津に北上している途中で大阪で石田三成が挙兵する。その時に、有名な「小山軍議」が開かれるのである。
その小山軍議で家康は、「どちらに味方するも自由である」と啖呵をきった時に、誰も寂として声を上げなかった(みな他人の動向を見ているのである)ところ、豊臣秀吉の親類であり、秀吉の寵愛深かった福島正則が、声を上げて家康に味方すると発言した。
 もっとも豊臣家に近いと思われている福島正則が家康に味方するということで、我も我もと家康に味方をするということになったのである。

 
 このように、全国的に、家康か三成かという2者択一を迫られることとなった情勢であったが、このときに唯一中立を保ったのが氏家行広という武将である。

 この氏家行広は、伊勢の桑名という渡し船を出すところで2万2000石を領していた(司馬遼太郎によれば、この時代は、伊勢の桑名からの水路が東海道の一部であり、非常に重要な戦略地であった)。
 行広は、西美濃三人衆の1人である氏家卜全の次男で、長男が早死にしたために氏家家の跡を嗣ぐことになったのである。豊臣秀吉は、この氏家行広が利に流されない人物であることから、自分の死後何か事が起こった時に、桑名は重要な戦略地になると考え、行広を置いたのである。

 行広は、東軍・西軍からの誘いが来た時に「西軍は秀頼君の名前で来ているが、わずか幼児の秀頼様にそのような決断が出来るはずがない。一方、東軍も秀頼様の名前で組織された軍勢である。いずれが正か邪か分からない」としていずれの軍からの誘いも断り、中立を決め込んだ。
 ただし、西軍に攻め立てられてやむなく西軍に属している。司馬遼太郎は、東軍・西軍を含めてこのような態度を取ったのはこの氏家行広しかいないとしている。

 関ヶ原の戦後、西軍に属したことで家康により改易され行広は牢人となった。
 後の大阪冬の陣、夏の陣には豊臣秀頼に対する家康の仕打ちをみて、「今こそいずれか正か邪かわかった。家康こそ邪である」として「荻野道喜(おぎのどうき)」という変名で参戦し、既に70歳に近い年齢であったにもかかわらず、他の牢人に混じって奮戦して活躍をした。

 このとき、家康から仕官を勧められたが、断ったという話もある。

 行広は、奮戦むなしく、夏の陣において、大阪城が落城する時に自刃して果てた。

 利に流されない行広の生きようは、我々弁護士が目指すところと相通ずるものがある。利だけで出来る仕事ではないからである。

 (これらは基本的に、司馬遼太郎の「関ヶ原」の説によっています。東軍に属したかったが、地理的に出来なかったのだという説もありますが、後の大阪の陣での奮戦ぶりからして、中立を保った説を採用したいところです)

この記事を書いたプロ

中隆志法律事務所 [ホームページ]

弁護士 中隆志

京都府京都市中京区二条通河原町西入榎木町95-1 延寿堂第2ビル5階 [地図]
TEL:075-253-6960

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
解決の事例

1、自賠責では後遺症が非該当とされ、損害保険会社から債務不存在(要するに保険会社側から賠償金の支払義務がないことの確認をする為の裁判)訴訟を提起されたが、判決...

弁護士費用について

 マイベストプロを見られた方は、初回相談料を無料にさせていただいております。 ご予約の際にお問い合わせください。 また、当事務所の3名は、全て法テラス(...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
中隆志 なかたかし

多重債務や犯罪被害、交通事故被害に苦しむ人々を法律によって救いたい(1/3)

 「法律を知らないがために不利益を被っている人々を守りたい」。インタビューの冒頭、弁護士の中隆志さんは淡々とした口調ながらも熱い思いを語ってくれました。京都市営地下鉄「京都市役所前」駅から歩いて約5分のところに中隆志法律事務所を構える中さん...

中隆志プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

交通事故、離婚、遺言・相続で適切な対応は中隆志法律事務所へ。

会社名 : 中隆志法律事務所
住所 : 京都府京都市中京区二条通河原町西入榎木町95-1 延寿堂第2ビル5階 [地図]
TEL : 075-253-6960

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-253-6960

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中隆志(なかたかし)

中隆志法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

子どもの将来が不安でしたが、かなり安心することが出来ました

 幹線道路に飛び出して高次脳機能障害を負ってしまった息子...

T
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
読書日記12月6日

「代官山コールドケース」文芸春秋。佐々木讓。 17年前に被疑者死亡で解決したはずの殺人事件がえん罪で真犯...

師走

 師走に入ったが、経営者にとっては冬期賞与を支払わなければならず(思えば賞与は修習生の時の2年間と、その後...

インフルエンザの予防接種

 今年も受けたのである。 40歳を超えてから、受けないその冬は必ずかかるというジンクスがあるためである。...

新しいオモチャと寝るワン
イメージ

 新しいオモチャと寝ている小次郎(二代目)である。 初代小次郎は、オモチャを買ってあげても、気に入らない...

水あれこれ

 売っている水だが、当然のことながらみなそれぞれ味が違う。 私は「いろはす」「六甲の水」も飲むことがある...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ