コラム

 公開日: 2011-03-31 

セールスなどの訪問


私は月曜日から金曜日まで事務所にいる間は基本的に仕事モードで気を抜かない方なので(と自分では思っている)、休日は昼寝をして英気を養っていることが多い。仕事を持ち帰ることもあるが、十分休養してから仕事をする。土日に出勤することもままあるが、そういう時は基本的にたまった仕事をどうしても処理しきれない時であり、来客も入れないことに決めている。そうでないと体が保たないのである。

 ところが、休みの日に人が昼寝をしているのに、電話がかかってくる。出ない訳にもいかないので出るとセールスだったりする。事務所だとセールスは相手が話をしている間に切ってしまう。野口悠紀夫氏の超整理法にもあるように、電話は基本的に失礼な連絡方法であり、相手の都合を顧みないからである。仕事中なら仕事の電話なので、仕事場にかけてくるということ自体は当然である部分もあるが(ただし、自分の方の連絡事項を電話でしてくる相手方弁護士は基本的に嫌いなのは過去このブログで述べた。FAXすべきである)、休日となるとこちらは休んでいることが分かっていてかけてくるのであるから、怒りは倍増である。そんなセールスでうまく行く訳がない。

 セールス訪問も同じである。
 特に、宗教の布教活動に来られる人(その人はその宗教を信じているのであるからそれについてはとやかく言わないが)に言っておきたいが、訪問して布教したからといって、まず受け入れてもらえないと思うし、かえって反感を買うと思う。少なくとも私は無宗教だし(無神論者とまではいえないかもしれないが。多くの日本人同様、都合のよいときだけ信心深くなるタイプだといえる)、特定の宗教の布教活動を聞く気は全くない。
 これは私が聞くつもりがないということであり、宗教を信じている方々に対して何ら含むところはない。しかし、聞く気がない人は(特に昼寝をしている私は)放っておいてもらいたいのである。

 怒怒怒。

この記事を書いたプロ

中隆志法律事務所 [ホームページ]

弁護士 中隆志

京都府京都市中京区二条通河原町西入榎木町95-1 延寿堂第2ビル5階 [地図]
TEL:075-253-6960

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
解決の事例

1、自賠責では後遺症が非該当とされ、損害保険会社から債務不存在(要するに保険会社側から賠償金の支払義務がないことの確認をする為の裁判)訴訟を提起されたが、判決...

弁護士費用について

 マイベストプロを見られた方は、初回相談料を無料にさせていただいております。 ご予約の際にお問い合わせください。 また、当事務所の3名は、全て法テラス(...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
中隆志 なかたかし

多重債務や犯罪被害、交通事故被害に苦しむ人々を法律によって救いたい(1/3)

 「法律を知らないがために不利益を被っている人々を守りたい」。インタビューの冒頭、弁護士の中隆志さんは淡々とした口調ながらも熱い思いを語ってくれました。京都市営地下鉄「京都市役所前」駅から歩いて約5分のところに中隆志法律事務所を構える中さん...

中隆志プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

交通事故、離婚、遺言・相続で適切な対応は中隆志法律事務所へ。

会社名 : 中隆志法律事務所
住所 : 京都府京都市中京区二条通河原町西入榎木町95-1 延寿堂第2ビル5階 [地図]
TEL : 075-253-6960

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-253-6960

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中隆志(なかたかし)

中隆志法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

子どもの将来が不安でしたが、かなり安心することが出来ました

 幹線道路に飛び出して高次脳機能障害を負ってしまった息子...

T
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
犯罪被害者と弁護士による二次被害

 私は犯罪被害者支援に関わってかれこれ20年になるのだが、時々、被害者あるいは被害者のご遺族から、「今依頼...

読書日記「知ってはいけない 隠された日本支配の構造」

 講談社現代新書。矢部宏治。 表題からするとトンデモ本のように見えるかもしれないが、内容を読むと驚愕の事...

じっと見つめるワン
イメージ

 何を見つめているのか分からないが、小次郎(二代目)である。 虫が飛んでいると捕まえようとするので、狙...

読書日記「日航123便墜落の新事実」

 河出書房新社。青山透子。 少し前に読んだ、「WOLF」という文庫本の中に、日航123便の墜落に関して...

落花生
イメージ

 落花生を収穫したが、思ったよりは実がついていなかった。 まあ、ある程度は取れたし、よしとしようか。...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ