コラム

 公開日: 2011-04-19 

釣りの原体験

釣りに行ったのは小学校1年生の時だったように思う。父親と、(タテマエ上釣りは禁止されているがみんなしている)大阪城の堀にフナとコイを釣りにいったのである。

 父親は和歌山の田舎育ちのため釣りは得意で、ミミズをつけてもらいフナ釣りをした。
当時はまだルアーフィッシングをする中学生もおらず、大阪城の堀はよく釣れた。

 私の父親は子どもを喜ばせようとするよりもまず自分が楽しむ人なので、父親も嬉々として釣っていた記憶がある。私も子どもながらエサの付け方を覚えて、フナを釣っていた。

 これが記憶にある初めての釣りである。
 このとき、フナだけが釣れていれば、後にそれほど釣りにのめり込まなかったかもしれない(厳密には釣れてはいないが)。

 しばらく釣りを続けるうち、フナも釣れなくなり、そろそろ帰ろうかと話をしていた矢先、父親の竿が大きくしなり、何かに引っかかったように上がってこなくなった。
 しかし、父親は、「魚や」というので食い入るように見ていた。
 数分格闘したあと、かかっていた魚が顔を出した。
 それは大ナマズであった。
 物凄い大きい口を空けて、釣り上げられようとしているナマズ。それは小さい私にとって衝撃であった。1メートル近くあったように思うし、父親もそれくらいあったとよくその後話をしていた。本当にでかかった。
 しかし、私と父親が釣っていたところの大阪城の堀は石垣がある程度高さがあり、低い石垣の方に寄って行くにもそちらには大木が遮っていたため、抜き上げることが出来なかった。当然フナ程度を釣りに行くつもりであったので、タモアミも用意していなかった。
 いつまでもそうしていても仕方がないので、父親はナマズを抜きにかかったが、フナを釣るための細いハリスではナマズの重さに耐えられず、ハリスが切れて大魚を逃がしたのであった。

 あのとき見たナマズの大きさに魅せられて釣りにその後のめり込んでいき、釣りキチ三平もほぼ全巻読んだ(ただし、K事務所のTさんのようにストーリーはもはやあまり覚えていないが…)。

 ナマズを見たおかげで、しばらくは大物釣りに凝っていた。その後何度か同じ場所でナマズを狙ったが、当然のごとく釣れるのはフナ程度であった。

 そのうちにルアーフィッシングブームが到来して、大阪城の堀でもおよそブラックバスがいそうにないところで子ども達がルアーを投げる姿が見られるようになったが、それからはやはりフナすらも釣れなくなったような記憶がある。

 ルアーが流行った頃、近所のゴルフショップの息子が持っていた15000円するベイトリールが欲しかったが、貧乏人の小せがれにはとうてい買える代物ではなかった。そんなのを持っているのはその子だけだった。私は安物のルアーセットについていたスピニングリールだった。

 大人(というかオジサン)になった今は逆にルアーフィッシングをしようと思えばそれなりに高いリールも買えるのであるが、今は渓流釣りと投げ釣り以外はあまりしたくないのであまりルアーはやらなくなった。
 さすがにこの年齢になると、いくら道具に凝ってみてもしょせん限界があると思うようになり、安いリールしか買わなくなってしまったが、時々むらむらと小学生時代を思い出して、釣り道具屋で高いリールを手にとってみたりするのである(でも結局買わないのだが。…万年筆を買うお金があるならリールも買えそうなもんであるが、それはそれで優先順位が変わったのである…)。

この記事を書いたプロ

中隆志法律事務所 [ホームページ]

弁護士 中隆志

京都府京都市中京区二条通河原町西入榎木町95-1 延寿堂第2ビル5階 [地図]
TEL:075-253-6960

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
解決の事例

1、自賠責では後遺症が非該当とされ、損害保険会社から債務不存在(要するに保険会社側から賠償金の支払義務がないことの確認をする為の裁判)訴訟を提起されたが、判決...

弁護士費用について

 マイベストプロを見られた方は、初回相談料を無料にさせていただいております。 ご予約の際にお問い合わせください。 また、当事務所の3名は、全て法テラス(...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
中隆志 なかたかし

多重債務や犯罪被害、交通事故被害に苦しむ人々を法律によって救いたい(1/3)

 「法律を知らないがために不利益を被っている人々を守りたい」。インタビューの冒頭、弁護士の中隆志さんは淡々とした口調ながらも熱い思いを語ってくれました。京都市営地下鉄「京都市役所前」駅から歩いて約5分のところに中隆志法律事務所を構える中さん...

中隆志プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

交通事故、離婚、遺言・相続で適切な対応は中隆志法律事務所へ。

会社名 : 中隆志法律事務所
住所 : 京都府京都市中京区二条通河原町西入榎木町95-1 延寿堂第2ビル5階 [地図]
TEL : 075-253-6960

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-253-6960

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中隆志(なかたかし)

中隆志法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

高次脳機能障害の父を優しく見守ってくださりました。

 信号のない交差点で自転車で横断しようとした父が自動車に...

M
  • 60代以上/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
弁護士の諾否通知義務

 弁護士は、事件の依頼があった時には、速やかに依頼を受けるか否かを回答する義務を負っている。弁護士職務基本...

見てるの気づいているワン
イメージ

 膝の上に乗っている小次郎(二代目)を見ていると、「見てるのきづいてるし」という感じでチロッとこちらを見...

読書日記3月21日

「完訳フロイス日本史① 将軍義輝の最期および自由都市堺」中央公論新社。ルイス・フロイス。 ルイス・フロイス...

読書日記3月16日

「怪魚を釣る」インターナショナル新書。小塚拓矢。 学生の頃から海外を中心に怪魚(定義は体長1メートルか体...

イメージ

image_13121.jpg もともとは30㎝程度の盆栽の桜を買ったのだが、木に勢いがなくなってきたため、大きい鉢に...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ