コラム

 公開日: 2011-04-27 

戦国ブーム

最近、若い女性の間で戦国ブームだという。関ヶ原を訪ねる若い女性も多いらしい。また、先日の佐和山城跡でのしまさこにゃんといしだみつにゃんの感動対面イベントにも多数の若い女性が訪れたそうである。
 少し聞いたところでは、「風林火山」のGacktの上杉謙信や、戦国時代を美しく描いたドラマなどの影響があるようで、こうした若い女性に戦国というと「男同士の友情」などというロマンを抱かせるようである。

 しかし、本当の戦国時代は史料や心ある歴史小説からしてもそのような美しい世界ではない。
 謙信が美化される傾向にあるが、真の謙信はそこまでの武将かという問題がある。
 私は謙信ファンだが、そのファンの私でも史料を読めば読むほど謙信は戦国武将としては二流であると思っている。
 悔しいが戦国武将としては、武田信玄の方が上であったと思う。
 私が謙信を好きなのは、局地戦での戦争の強さは日本一であったであろうその強さと、領土欲を持たなかった義侠心に惹かれるのであるが、これは戦国という時代では戦国武将としては致命的な欠陥でもありうるからである。基本的に人は欲でついてくるものだからである。その意味で謙信が天下を取ることはなかったであろうと思う。

 話が逸れたが、聖将ともいわれる謙信でも、戦に関しては武州松山城の城主が謙信の援軍を待たずして城を明け渡してしまい降伏したときに、松山城主の人質である幼子を怒りとともに自ら斬り殺したり、越後統一の過程で反抗した黒田氏を撫で斬りにしたり残酷なことも平然としている。

 他の例でいえば、蝮といわれた斎藤道三は、罪人の処刑の方法として、釜ゆでの刑罰を執行する際、その罪人の身内に釜の火を焚かせたという史料があるし、一部では信玄を越える器量であったという説もある武田勝頼も同様の方法で処刑したとされる。信長も俗にいう、「一銭斬り」の刑罰を科していた。

 戦国武将は独裁者であり非情さと狡猾さと実直さなどがないまぜとなった上で君臨しているものであり、戦国ブームでいわれるほど甘い存在ではないのである。

 特に女性の存在は軽く、主君が寵愛した妾を引き出物として家臣に与えることもよく行われていた。斎藤道三も主君の土岐頼芸の寵姫である深吉野を貰い受けたとされる。その深吉野が斎藤道三のところに来た時に既に土岐頼芸の子どもを身ごもっており、後にこれが斎藤義龍となるのであるが、斎藤義龍が後に自らが土岐頼芸の子であると重臣から聞かされた後、クーデーターを起こし立ち上がり、斎藤義龍は道三の実子を殺し、道三をも殺すというエピソードが生まれるのである。

 そのほかにも親殺し、子殺し、謀略は日常茶飯事であり、明智光秀も「仏のウソは方便という。武士のウソは武略という」といっていたとされ、裏切りやウソが渦巻く時代であったのである。
 そのような時代であり、ロマンティシズムという甘い見方でこの時代を見てはいけないと思うのである。

この記事を書いたプロ

中隆志法律事務所 [ホームページ]

弁護士 中隆志

京都府京都市中京区二条通河原町西入榎木町95-1 延寿堂第2ビル5階 [地図]
TEL:075-253-6960

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
解決の事例

1、自賠責では後遺症が非該当とされ、損害保険会社から債務不存在(要するに保険会社側から賠償金の支払義務がないことの確認をする為の裁判)訴訟を提起されたが、判決...

弁護士費用について

 マイベストプロを見られた方は、初回相談料を無料にさせていただいております。 ご予約の際にお問い合わせください。 また、当事務所の3名は、全て法テラス(...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
中隆志 なかたかし

多重債務や犯罪被害、交通事故被害に苦しむ人々を法律によって救いたい(1/3)

 「法律を知らないがために不利益を被っている人々を守りたい」。インタビューの冒頭、弁護士の中隆志さんは淡々とした口調ながらも熱い思いを語ってくれました。京都市営地下鉄「京都市役所前」駅から歩いて約5分のところに中隆志法律事務所を構える中さん...

中隆志プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

交通事故、離婚、遺言・相続で適切な対応は中隆志法律事務所へ。

会社名 : 中隆志法律事務所
住所 : 京都府京都市中京区二条通河原町西入榎木町95-1 延寿堂第2ビル5階 [地図]
TEL : 075-253-6960

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-253-6960

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中隆志(なかたかし)

中隆志法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

お金もうけではなく、依頼者のための弁護士だと思いました。

 一審判決が出たときに、丁寧な説明をしていただいて、控訴...

Y
  • 50代/男性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
プロバイダーの一方的サービス取りやめは困るのだ

 このブログもニフティで開設しているのだが、最近、ニフティから突然のサービス取りやめの通知が突然来て困って...

読書日記12月6日

「代官山コールドケース」文芸春秋。佐々木讓。 17年前に被疑者死亡で解決したはずの殺人事件がえん罪で真犯...

師走

 師走に入ったが、経営者にとっては冬期賞与を支払わなければならず(思えば賞与は修習生の時の2年間と、その後...

インフルエンザの予防接種

 今年も受けたのである。 40歳を超えてから、受けないその冬は必ずかかるというジンクスがあるためである。...

新しいオモチャと寝るワン
イメージ

 新しいオモチャと寝ている小次郎(二代目)である。 初代小次郎は、オモチャを買ってあげても、気に入らない...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ