コラム

 公開日: 2011-05-09 

大阪生まれの大阪育ち

京都で弁護士をしているので、よく依頼者から「京都のご出身ですか」と聞かれる。
 私は表題どおり大阪生まれの大阪育ちで、23才の時に司法試験に合格して札幌修習に配属されるまで、大阪市内以外で暮らしたことがないので「大阪生まれの大阪育ちです」と答えている。

 京都は大学が京都大学であったので、その縁もあり京都で弁護士をすることになった。
 大阪は生まれ育った町なので好きだがその反面、札幌で暮らしていると大阪のいやらしさというようなものも離れると見えてくるところがあった。
 また、大阪弁護士会は規模が大きく、私は「鶏口となるも牛後となるなかれ」をモットーにしようと考えて弁護士になったので、大阪では中々大阪弁護士会に弁護士中隆志ありとはなれないかと考えたこともあり、大阪ではなく中規模単位会を選んだ。

 何でこんなことを書いているかというと、現在弁護士の就職難の時代だが、わざわざ薄給で東京や大阪で就職する人が多数いるという。
 その理由として、「大きい事件を手がけたい」「専門性を高めたい」ということをその理由としているようであるが、東京や大阪に居たとしても、大きい事件が出来るのはそれなりの規模や実績がある事務所であり、薄給で勤務弁護士を雇用しようとしている事務所にはそのようなチャンスはないのではなかろうかと思う。
 また、専門性を高めたいということについても、東京や大阪に居ればそれだけで専門性が高まる訳ではなく、専門的な仕事をしている事務所に入所しなければ勉強をする機会もないであろう。
こうした専門性がある事務所は通常は給与が高いのではないかと思うのでこうした修習生の意識は少しずれているような気がしてならない。
 人数が増えているのであるから、やはり生き残りをかけて競争の激しいところではなく地方に流れる動きがもっと出てよいと思っているが、そこまでの意識改革は進んでいないのであろう。
 地方にいてもそれなりに大きい事件や専門的な仕事は出来るので、大都市幻想のようなものがあるように思われる。

 また、東京や大阪は物価も高いので、そんなところで低い給与でわざわざ生活することを選択することにも合理性を見いだせない。何かで読んだが、東京で仕事がなく、1週間カップラーメンしか食べていないそれなりの経験のある弁護士もいるとのことである。

 地方都市だと、京都は人口比率が東京大阪についで全国3位なのであまりパイはないだろうが(最近事件数が減少傾向にあるのでそう思う)、もう少し小さい都市にいけばまだまだ何とかなると思う(もちろん限度はあり、せいぜいあと数年で満杯になるような気がするが)が、そうしたところを選択しないで、敢えて大都市というのが私には理解出来ない。

 私は2回目で司法試験に合格したので、当時若年合格者であったから、東京大阪の大手事務所も入ろうと思えば入ることが出来たが、そんなことは考えもしなかった。
 中規模都市でやっていこうと心に決めていたのであり、今のところその選択は間違っていなかったと思っている。
 公務員(裁判官・検察官)も誘われていたのであるが、これは自分自身の性格的な問題で無理であった。
 今は変革の時代であるから、その時代にあわせて生きていく術も考えなければいけないのである。

この記事を書いたプロ

中隆志法律事務所 [ホームページ]

弁護士 中隆志

京都府京都市中京区二条通河原町西入榎木町95-1 延寿堂第2ビル5階 [地図]
TEL:075-253-6960

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
解決の事例

1、自賠責では後遺症が非該当とされ、損害保険会社から債務不存在(要するに保険会社側から賠償金の支払義務がないことの確認をする為の裁判)訴訟を提起されたが、判決...

弁護士費用について

 マイベストプロを見られた方は、初回相談料を無料にさせていただいております。 ご予約の際にお問い合わせください。 また、当事務所の3名は、全て法テラス(...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
中隆志 なかたかし

多重債務や犯罪被害、交通事故被害に苦しむ人々を法律によって救いたい(1/3)

 「法律を知らないがために不利益を被っている人々を守りたい」。インタビューの冒頭、弁護士の中隆志さんは淡々とした口調ながらも熱い思いを語ってくれました。京都市営地下鉄「京都市役所前」駅から歩いて約5分のところに中隆志法律事務所を構える中さん...

中隆志プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

交通事故、離婚、遺言・相続で適切な対応は中隆志法律事務所へ。

会社名 : 中隆志法律事務所
住所 : 京都府京都市中京区二条通河原町西入榎木町95-1 延寿堂第2ビル5階 [地図]
TEL : 075-253-6960

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-253-6960

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中隆志(なかたかし)

中隆志法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

お金もうけではなく、依頼者のための弁護士だと思いました。

 一審判決が出たときに、丁寧な説明をしていただいて、控訴...

Y
  • 50代/男性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
読書日記「知ってはいけない 隠された日本支配の構造」

 講談社現代新書。矢部宏治。 表題からするとトンデモ本のように見えるかもしれないが、内容を読むと驚愕の事...

じっと見つめるワン
イメージ

 何を見つめているのか分からないが、小次郎(二代目)である。 虫が飛んでいると捕まえようとするので、狙...

読書日記「日航123便墜落の新事実」

 河出書房新社。青山透子。 少し前に読んだ、「WOLF」という文庫本の中に、日航123便の墜落に関して...

落花生
イメージ

 落花生を収穫したが、思ったよりは実がついていなかった。 まあ、ある程度は取れたし、よしとしようか。...

犯罪被害者の上訴権

 日本の刑事訴訟法においては、犯罪被害者の上訴権は認められていない。 検察庁に対し、上訴することを申し入...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ