コラム

 公開日: 2011-05-12 

島左近

正式名称は島清興(しま きよおき)。
 その出自は通説では奈良県の地侍であるとされているが、一説には対馬の方の出自であるともいわれ、確定していない。

 当初は畠山氏に仕えていたが、畠山氏が三好長慶により没落すると、その後は筒井順慶に仕えた。その頃、筒井家中で、松倉重信(右近)と並んで「右近左近」といわれていた。
 筒井順慶の子である筒井定次とそりがあわず、羽柴秀長などに仕えたあと、浪人していた。
 その時点で島左近の武勇は既に有名であったと思われる。

 石田三成が、秀吉から4万石の禄高をもらっていた時に、「自分には戦場で采配を振るう才が欠けている。いい侍大将が欲しい。」として浪人していた島左近を訪れ、渋る左近に自らの禄高の半分の2万石を出して召し抱えたというエピソードは有名である。
 三成は左近に半分の禄高を出して自分の2万石から他の家臣の禄も出さなければならなくなったため、主人よりも家老の方が禄高が高くなってしまったとされている。
 さすがの秀吉もこの三成の度量には感じ入ったといわれている。
 このことについて、人から「そのようなことをしては自らの食い扶持がなくなるのではないか」といわれた三成は、「主君のために働くのが侍であり、いただいた禄高でもって全てよい家臣を召し抱えて主君のために役立つことが本望である」というようなことを語ったといわれる。性格的には問題のあった三成であるが、やはりそれなりの人物であったのであろう。
 ともあれ、左近は、「三成に過ぎたるものが2つあり、島の左近に佐和山の城」と歌われるほどの存在であったのである。

 左近は軍師という形で紹介されたりすることもあるが、その後の関ヶ原の戦いやその采配ぶりを見ていると、軍師というよりは局地戦の戦術家であり、戦場働きをさせれば超一流であるが、謀略も含めて献策する軍師という存在ではなかったように思われる。もちろん、軍師的な役割をしている向きもあるが、その謀略は全て家康に見抜かれており、家康と比較するとそのスケールははるかに劣るのである。
 近江水口城で長束正家に朝飯を馳走するので立ち寄られたいと家康に言わせて立ち寄った家康を斬るという謀略も、家康の間諜によって全て報告されて家康は難なくこの罠をかわしている。

 関ヶ原の戦いでは、西軍は家康が到着するのはもう少し後だと楽観していた。このとき、東海道筋に間諜を置いておけばすぐに情勢がつかめたはずであるのにである。このようなことも西軍がしていないことから、左近はやはり局地戦の天才ではあるが軍師ではないと思われるのである(司馬遼太郎の「関ヶ原」でも同旨。)
 しかし、家康の旗印が関ヶ原にたなびくのを見て西軍諸将は著しく動揺した。なぜなら、戦国の古強者として武田信玄と戦い、秀吉に局地戦ではあったが小牧・長久手の戦いで勝利した家康は「海道一の弓取り」であり、彼に野戦で勝てる総指揮官などいないと考えられていたからである。
 そのときに、左近は兵を鼓舞するために西軍の兵500を率いて東軍の中村、有馬隊に戦いを仕掛けて、宇喜田勢の明石全登とともに完勝して大いに士気を上げた。

 そして、関ヶ原の戦いが始まり、石田隊の前は黒田長政の隊が陣取り石田勢にかかってくるが、左近は「かかれえ!」という大声をあげて兵を指揮して何度もこれを撃退した。
 その時の左近の声がいつまでも耳について離れず、夢にうなされて夜中に飛び起きたという黒田藩士の話しや、黒田藩士が左近の突撃を恐れて誰もが左近の装束を覚えておらず、皆の証言が食い違ったという逸話から、いかに左近の突撃が激しかったかが分かるというものである。
 しかし、左近は銃弾に倒れる。このときに死亡したとされるのが通説であるが、これほど有名な武将の首が見つかっていないことから、生きて関ヶ原を出たという説もある。これだけの武将であるのにその最後が判然としないのである。

 左近が倒れた頃から西軍の旗色が悪くなり、小早川秀秋の裏切りにより西軍は総崩れになるのであるが、左近が倒れていなければ、東軍に裏切ろうとしていた諸将も、西軍強しの旗色を見て、寝返りをやめていたかもしれず、そうなっていれば歴史は変わっていたであろう。

 左近については、司馬遼太郎の「関ヶ原」、隆慶一郎の「影武者・徳川家康」がもっとも秀逸に描かれていると思うので是非ご一読を。特に隆慶一郎の関ヶ原のシーンは圧巻。

 ちなみに、彦根ではひこにゃんのライバルでしまさこにゃんがいるが、いわなくとも分かると思うが島左近がモデルである。先日佐和山城跡で、いしだみつにゃんとしまさこんにゃんが対面するという感動イベントが行われたらしい。

この記事を書いたプロ

中隆志法律事務所 [ホームページ]

弁護士 中隆志

京都府京都市中京区二条通河原町西入榎木町95-1 延寿堂第2ビル5階 [地図]
TEL:075-253-6960

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
解決の事例

1、自賠責では後遺症が非該当とされ、損害保険会社から債務不存在(要するに保険会社側から賠償金の支払義務がないことの確認をする為の裁判)訴訟を提起されたが、判決...

弁護士費用について

 マイベストプロを見られた方は、初回相談料を無料にさせていただいております。 ご予約の際にお問い合わせください。 また、当事務所の3名は、全て法テラス(...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
中隆志 なかたかし

多重債務や犯罪被害、交通事故被害に苦しむ人々を法律によって救いたい(1/3)

 「法律を知らないがために不利益を被っている人々を守りたい」。インタビューの冒頭、弁護士の中隆志さんは淡々とした口調ながらも熱い思いを語ってくれました。京都市営地下鉄「京都市役所前」駅から歩いて約5分のところに中隆志法律事務所を構える中さん...

中隆志プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

交通事故、離婚、遺言・相続で適切な対応は中隆志法律事務所へ。

会社名 : 中隆志法律事務所
住所 : 京都府京都市中京区二条通河原町西入榎木町95-1 延寿堂第2ビル5階 [地図]
TEL : 075-253-6960

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-253-6960

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中隆志(なかたかし)

中隆志法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

子どもの将来が不安でしたが、かなり安心することが出来ました

 幹線道路に飛び出して高次脳機能障害を負ってしまった息子...

T
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
続花粉症

ここのところ一週間ほど、新聞で見ていると花粉が「非常に多い」日などが多く、毎日つらい。 マスクが手放せ...

弁護士の諾否通知義務

 弁護士は、事件の依頼があった時には、速やかに依頼を受けるか否かを回答する義務を負っている。弁護士職務基本...

見てるの気づいているワン
イメージ

 膝の上に乗っている小次郎(二代目)を見ていると、「見てるのきづいてるし」という感じでチロッとこちらを見...

読書日記3月21日

「完訳フロイス日本史① 将軍義輝の最期および自由都市堺」中央公論新社。ルイス・フロイス。 ルイス・フロイス...

読書日記3月16日

「怪魚を釣る」インターナショナル新書。小塚拓矢。 学生の頃から海外を中心に怪魚(定義は体長1メートルか体...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ