コラム

 公開日: 2011-05-19 

司法試験に保証はない

最近、ロースクールの学生が合格者見直しという話が出たことに対して、「国家的詐欺」だということを述べている記事などをよく見かける。
 しかし、「合格しやすくなったから受験することに決めた」とか「70%合格するというのでロースクールに行った」というのは実務家になろうと思うのであればたいへん誤った考えであると思っている。

 そもそも、昔から司法試験に合格するかしないかというのは試験であることから合格が保証されたものではなかった。
 ロースクールが始まる前の試験においても、合格せずに他の道を歩まざるを得なかった人たちはたくさんいる。
 私が合格した当時は2万数千人が受験して、600人しか受からないという時代であった。もちろん記念受験の人もいたであろうが、合格率は2パーセント台でずっと推移してきた。

 それでも受験する人はいたし、人生をかけている人は多くいた。
 それはなぜかといえば、人それぞれ理由は異なれど、「いつ合格出来るか全く分からないけれど、法律家になりたい。なってこういうことがしたい」という思いやビジョンがあったからだと思う(私にあったかはナイショ)。

 法律家の仕事は実際にやってみると、楽な仕事ではない。裁判官や検察官は司法修習の時に見ただけなので推察ですが、それなりの苦労があると思う。自殺する人が稀にいるのもわからないではない仕事である。

 弁護士も同様である。依頼者のために誠実に仕事をしても、依頼者から逆恨みされたり、理解して貰えなかったり、報酬を踏み倒されたり、相手方から逆恨みされたりして、突然相手方が事務所に殴り込んでくることもある。(誤解で)電話で怒られることもしばしばである。
 いいことよりはつらいことの方が圧倒的に多い。10事件があったら、9は嫌なことで、1くらいいいことがあればラッキーであると司法修習時代にある検察官は言っていた。
 こうしたつらさがあっても皆仕事をしているのは、職業的倫理観がその根本にあるからである。こうした倫理観は、「合格しやすくなったし、受けてみようか」というような気持ちでは醸成されないと思う。

 ロースクール制度は間違った制度であると私は思っている。しかし、制度がある以上、法律家を目指したい人は通常はここに入らざるを得ない。そのことをどうこういってみても仕方がない。

 今後改革がどうなるかなど誰も分からないし、司法試験を目指したからといって、どのような制度になったところで、具体的に個々に目指している人が合格するかなど分からないことである。

 我々弁護士からすれば、就職難は当たり前である。合格しやすくなったのであるから、合格後苦労することはある意味当然のことだと思うし、それは受験する時から予想されていたことであろう。入口が狭いか、出口が狭いかの違いであるだけである。

 国はそもそも7割合格させるなどと約束した事実はないはずである。
 元々ロースクールの定員は3000人を0.7で割った程度で国は考えていたので、だいたいそれくらいの目安でという話をしただけである。ところが、各地の大学がわれもわれもとロースクールを開講したため、定員が5000人を越えてしまった結果、70%も合格しないこととなったのである。

 また、当初の国の構想では、卒業生の70%程度が受かるような教育という話をしていたので、残り30%が再受験することは当然に織り込み済みで、2年目以降合格率が下がっていくことは、普通に考えれば誰でも分かることである。これを詐欺というようなロースクール生では、とうてい過酷な法律家の世界では生きていけないであろう。

 様々な罠や落とし穴があり、自分の身は自分で守らなければならないのが法律家の世界である。依頼者に騙されたというのでは、弁護士として話にもならない。

 法律家を目指したいのであれば、どのような制度であれ、合格後がどうであれ法律家になってこういうことがしたいという人でなければ、これからは成功しないと思うのである。

 多くの修習生が、会社員的に大手の法律事務所に就職していくのを見ていると、何のために法律家になったのか疑問に思うこともある。

 将来が不安だというのは、我々が受験している時代でも同じであった。合格するかしないか分からないし、今よりも合格することが難しかったのですから。その意味では受験生の不安とは、今も昔も変わらないと思う。

 逆にいえば、こうした不安を越えて「法律家になる」という人でなければ、本来司法試験に受験して合格したところで、実務家になって良い仕事は出来ないと思うのである。

 何のために法律家になりたいかという確固たる信念があるかどうか、最後はそこで決まるような気がする。

この記事を書いたプロ

中隆志法律事務所 [ホームページ]

弁護士 中隆志

京都府京都市中京区二条通河原町西入榎木町95-1 延寿堂第2ビル5階 [地図]
TEL:075-253-6960

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
解決の事例

1、自賠責では後遺症が非該当とされ、損害保険会社から債務不存在(要するに保険会社側から賠償金の支払義務がないことの確認をする為の裁判)訴訟を提起されたが、判決...

弁護士費用について

 マイベストプロを見られた方は、初回相談料を無料にさせていただいております。 ご予約の際にお問い合わせください。 また、当事務所の3名は、全て法テラス(...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
中隆志 なかたかし

多重債務や犯罪被害、交通事故被害に苦しむ人々を法律によって救いたい(1/3)

 「法律を知らないがために不利益を被っている人々を守りたい」。インタビューの冒頭、弁護士の中隆志さんは淡々とした口調ながらも熱い思いを語ってくれました。京都市営地下鉄「京都市役所前」駅から歩いて約5分のところに中隆志法律事務所を構える中さん...

中隆志プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

交通事故、離婚、遺言・相続で適切な対応は中隆志法律事務所へ。

会社名 : 中隆志法律事務所
住所 : 京都府京都市中京区二条通河原町西入榎木町95-1 延寿堂第2ビル5階 [地図]
TEL : 075-253-6960

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-253-6960

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中隆志(なかたかし)

中隆志法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

子どもの将来が不安でしたが、かなり安心することが出来ました

 幹線道路に飛び出して高次脳機能障害を負ってしまった息子...

T
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
インフルエンザの予防接種

 今年も受けたのである。 40歳を超えてから、受けないその冬は必ずかかるというジンクスがあるためである。...

新しいオモチャと寝るワン
イメージ

 新しいオモチャと寝ている小次郎(二代目)である。 初代小次郎は、オモチャを買ってあげても、気に入らない...

水あれこれ

 売っている水だが、当然のことながらみなそれぞれ味が違う。 私は「いろはす」「六甲の水」も飲むことがある...

真田紐

 真田幸村が考案したという伝承がある真田紐であるが、現在は実用に使われることが少なくなってしまったため、作...

鞄の取り違え予防対策

 鞄の取り違えを一度されたこともあるし、人と同じものを持つのは嫌いなので、まず取り違え予防対策として、人と...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ