コラム

 公開日: 2011-05-23 

何でも文句をいったらいいと思っている弁護士

ほんまのア○にア○というと怒るというのが大阪でよくいわれることだが、弁護士の中にもほんまのア○は(一定割合)いる。

 そうした弁護士は、誰からも評価されないので(別に評価されるために弁護士している訳ではないのに)、焦るのである。焦るために、批判をするようになる。とにかくなんでも批判して反対する。そうすることで、俺って賢いだろ?というのをアピールしたいのである。

 しかし、狼少年の話ではないが、いつも同じことを言っていると効き目がないのである。100いう中の1いいことを言っていても、「またあのア○が反対してるわ」となってしまうのである。徳川家康のような人間通にならないといけないのである。

 意見を述べたりするにもタイミングがある。考えるよりも先に反対していると、「考えてないな」というのが分かる。意見を述べるのはボクシングのカウンターに似ている。

 だいたい議論している時、私は時々怖いといわれるが、それは考えている時のようである。会議などの進行役をすることが多いので、議論を整理する時整理しながらまとめて議論を終結点に導く時に頭はもの凄く使う。
 そうした時に(申し訳ないが)しょうもない意見が出たら、ばっさり切ることもある。ぼかして切ることもある。そのような意見もあるということで整理しようといいながら、実は議論の最後で無視していえないように持っていくこともある。
 こうして書くとなんだか私は悪人みたいだが、意見を述べるには間合いとか潮時とかいうことがあるということなのである。
 逆にたいしたことのない意見でも、出し方によっては人の印象に残り、「あの人デキる」と思わせることも可能なのである。

この記事を書いたプロ

中隆志法律事務所 [ホームページ]

弁護士 中隆志

京都府京都市中京区二条通河原町西入榎木町95-1 延寿堂第2ビル5階 [地図]
TEL:075-253-6960

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
解決の事例

1、自賠責では後遺症が非該当とされ、損害保険会社から債務不存在(要するに保険会社側から賠償金の支払義務がないことの確認をする為の裁判)訴訟を提起されたが、判決...

弁護士費用について

 マイベストプロを見られた方は、初回相談料を無料にさせていただいております。 ご予約の際にお問い合わせください。 また、当事務所の3名は、全て法テラス(...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
中隆志 なかたかし

多重債務や犯罪被害、交通事故被害に苦しむ人々を法律によって救いたい(1/3)

 「法律を知らないがために不利益を被っている人々を守りたい」。インタビューの冒頭、弁護士の中隆志さんは淡々とした口調ながらも熱い思いを語ってくれました。京都市営地下鉄「京都市役所前」駅から歩いて約5分のところに中隆志法律事務所を構える中さん...

中隆志プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

交通事故、離婚、遺言・相続で適切な対応は中隆志法律事務所へ。

会社名 : 中隆志法律事務所
住所 : 京都府京都市中京区二条通河原町西入榎木町95-1 延寿堂第2ビル5階 [地図]
TEL : 075-253-6960

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-253-6960

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中隆志(なかたかし)

中隆志法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

夫から自由になれて本当によかったです。

 別居していた家族もかえりみず、お金も入れてくれない夫で...

S
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
続花粉症

ここのところ一週間ほど、新聞で見ていると花粉が「非常に多い」日などが多く、毎日つらい。 マスクが手放せ...

弁護士の諾否通知義務

 弁護士は、事件の依頼があった時には、速やかに依頼を受けるか否かを回答する義務を負っている。弁護士職務基本...

見てるの気づいているワン
イメージ

 膝の上に乗っている小次郎(二代目)を見ていると、「見てるのきづいてるし」という感じでチロッとこちらを見...

読書日記3月21日

「完訳フロイス日本史① 将軍義輝の最期および自由都市堺」中央公論新社。ルイス・フロイス。 ルイス・フロイス...

読書日記3月16日

「怪魚を釣る」インターナショナル新書。小塚拓矢。 学生の頃から海外を中心に怪魚(定義は体長1メートルか体...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ