コラム

 公開日: 2011-05-27 

竹中半兵衛

羽柴秀吉(後の豊臣秀吉)の名参謀といわれた武将である。黒田勘兵衛とともに「二兵衛」といわれ、秀吉の中国計略を助けた。
 史料によると、秀吉の配下ではなく、信長から派遣された軍監のような地位であったらしいが、共に行動をしていれば、「人たらし」と言われた秀吉に惹かれて実質的には配下同様であったろう。

 竹中半兵衛は元々斎藤龍興に仕えていたが、その風貌が女子のようであったため、朋輩から日ごろから馬鹿にされていた(戦国時代は、男は荒々しい風貌であればあるほどよいとされた時代である)ところ、ある時斎藤飛騨守から小便をかけられ、かけられた後も変わらず城から退出した。これを見て斎藤飛騨守はさらに半兵衛を馬鹿にしたが、さすがの半兵衛もこれを憤り、「飛騨守が自分を馬鹿にするのは主君の威が行き届いていないためである。いさめるために城を盗るべし」と考えた。
 龍興の居城は名城稲葉山城(後の岐阜城)である。
 半兵衛は一計を案じた。弟が人質として城内にいることを幸いにして、弟の病気見舞い(もちろん仮病)として食事などを入れたお櫃を持参して何回も通った。衛兵は最初のうちは中を見ていたが、何回も続くと中を見ることもなくなった。そうなった後、お櫃に武具を入れて侵入し、わずか手勢17名(だったと思う。ここが今うろ覚え)で斎藤飛騨守を斬り殺し、稲葉山城を奪ってしまった。
 これを聞いた信長は、美濃半国を寄こすので、稲葉山城を明け渡すよう使者を出したが、半兵衛は「主君をいさめるためにしたことである」としてこれに応じず、逐電してしまった。通説では近江に隠棲したとされる。

 斎藤家が滅んだ後、秀吉によって織田家に仕え(太閤記では劉備玄徳が諸葛孔明を三顧の礼で迎えた故事になぞらえて、3度目にしてようやく半兵衛が出仕したとされている)、秀吉の下で浅井長政との戦いや中国経略で活躍した。
 通常才能がある者同士は反発しあうが、黒田勘兵衛と気があったようである。
 荒木村重が信長に反旗を翻した際、黒田勘兵衛が軍使として村重の籠もる有岡城に赴いたところ、村重は勘兵衛を拘留してしまった。
 信長はこれを聞いて、「勘兵衛も謀反をした。村重の味方となった。」として人質であった黒田勘兵衛の息子(後の黒田長政)を殺すように半兵衛に命じたが、半兵衛は勘兵衛がそのようなことをするはずがないとしてよく似た子どもの首を信長に差し出しておいた(そのこと自体どうかという向きはあるが、時代は戦国である)ところ、後に勘兵衛が半死半生で有岡城から助け出されたのを見た信長が、「勘兵衛に合わせる顔がない」と恥じ入った時に、半兵衛が長政を処刑していなかったことを知って感じ入ったという逸話もある。

 他にも半兵衛の逸話は多いが、子の竹中重門の軍学を聞かせていたところ、退席したので「なぜ退席したか」と聞くと重門は「小用だ」という。これを聞いて半兵衛は烈火のごとく怒り、「小用がしたくなればなぜその場でたれ流さないのか。竹中家の子が軍学を聞くためにその場で小便を漏らしたという話は竹中家にとって誉れであろう。」と言って怒ったと名将言行録にある。

 秀吉の中国経略中の1579年に陣中で死んでいる。享年は36。肺が悪かったということである。

この記事を書いたプロ

中隆志法律事務所 [ホームページ]

弁護士 中隆志

京都府京都市中京区二条通河原町西入榎木町95-1 延寿堂第2ビル5階 [地図]
TEL:075-253-6960

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
解決の事例

1、自賠責では後遺症が非該当とされ、損害保険会社から債務不存在(要するに保険会社側から賠償金の支払義務がないことの確認をする為の裁判)訴訟を提起されたが、判決...

弁護士費用について

 マイベストプロを見られた方は、初回相談料を無料にさせていただいております。 ご予約の際にお問い合わせください。 また、当事務所の3名は、全て法テラス(...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
中隆志 なかたかし

多重債務や犯罪被害、交通事故被害に苦しむ人々を法律によって救いたい(1/3)

 「法律を知らないがために不利益を被っている人々を守りたい」。インタビューの冒頭、弁護士の中隆志さんは淡々とした口調ながらも熱い思いを語ってくれました。京都市営地下鉄「京都市役所前」駅から歩いて約5分のところに中隆志法律事務所を構える中さん...

中隆志プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

交通事故、離婚、遺言・相続で適切な対応は中隆志法律事務所へ。

会社名 : 中隆志法律事務所
住所 : 京都府京都市中京区二条通河原町西入榎木町95-1 延寿堂第2ビル5階 [地図]
TEL : 075-253-6960

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-253-6960

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中隆志(なかたかし)

中隆志法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

自分一人では、離婚出来なかったと思います

 妻との離婚の協議が全く前に進まないため、知人に紹介され...

Y
  • 50代/男性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
小次郎の動画だワン

うまく行くかわからないが、小次郎(二代目)の動画を置いてみた。そのまま画面上で見るための設定ができ...

プロバイダーの一方的サービス取りやめは困るのだ

 このブログもニフティで開設しているのだが、最近、ニフティから突然のサービス取りやめの通知が突然来て困って...

読書日記12月6日

「代官山コールドケース」文芸春秋。佐々木讓。 17年前に被疑者死亡で解決したはずの殺人事件がえん罪で真犯...

師走

 師走に入ったが、経営者にとっては冬期賞与を支払わなければならず(思えば賞与は修習生の時の2年間と、その後...

インフルエンザの予防接種

 今年も受けたのである。 40歳を超えてから、受けないその冬は必ずかかるというジンクスがあるためである。...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ