コラム

 公開日: 2011-06-03 

気管支ぜんそく

最近は発作は出ないが、私はぜんそく持ちである。月に1度薬を貰いに行く。
 
 ぜんそくは子どもの病気のように思われているが、成人のぜんそくの人も多い。
 成人になってから発症する人もいる。

 私がいずれであるかは実のところよくわからない。
 子どもの頃から時々息苦しかった時があり、「それくらい生きてたらあるわ」という母親の一言で病院にも行ったことがなかったので、そういうものかと思っていた。大学生の頃は、調子のいい時は3キロ走って元陸上部にも負けなかったのだが、調子が悪いとすぐ息切れがしていたことがあったことからすると、ずっと以前からぜんそくであったのかもしれない。

 革命家チェ・ゲバラもぜんそく持ちだった。モーターサイクルダイアリーズという彼の若い頃を描いた作品の中では、ゲバラはしばしば喘息発作に悩まされている。
 今はぜんそく治療は吸入ステロイド(ステロイドを吸い込むことで気管の炎症部分の炎症を抑える)が治療の中心であり、私も朝と夜にステロイドを吸入する。ゲバラの頃は吸入ステロイドはなかったであろう。
 この吸入ステロイドのおかげで、ぜんそくによる死者はずいぶんと減ったとされている。
 ゲバラはぜんそくではなく、確かボリビアであったと思うが、政府軍に捉えられて射殺されるのであるが。チェゲバラ&カストロという映画ではそのあたりが割合忠実に描かれている。

 新撰組の元隊士である島田魁という隊士は、維新後本願寺の夜警をして生活していたが、この島田魁もぜんそく発作で死んでいる。島田魁という隊士は、自分と同じく新撰組で戦った同士の心根を思い、明治政府に仕えることを潔しとせず、榎本武揚から仕官の誘いが来ても断り続けたという。仕官すればそれなりの生活が出来たであろうが、それをせず、維新後の生涯を本願寺の夜警として赤貧の状態で過ごした。家族からすれば仕官して欲しかったかもしれないが、島田魁は絶対にそれをしなかったのである。私はこういう男が好きである。

 話が逸れたが、持病というものは嫌なものである。しかしぜんそくと判明した以上、これとつきあっていくしかないと思って月に1度は病院に通う。

この記事を書いたプロ

中隆志法律事務所 [ホームページ]

弁護士 中隆志

京都府京都市中京区二条通河原町西入榎木町95-1 延寿堂第2ビル5階 [地図]
TEL:075-253-6960

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
解決の事例

1、自賠責では後遺症が非該当とされ、損害保険会社から債務不存在(要するに保険会社側から賠償金の支払義務がないことの確認をする為の裁判)訴訟を提起されたが、判決...

弁護士費用について

 マイベストプロを見られた方は、初回相談料を無料にさせていただいております。 ご予約の際にお問い合わせください。 また、当事務所の3名は、全て法テラス(...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
中隆志 なかたかし

多重債務や犯罪被害、交通事故被害に苦しむ人々を法律によって救いたい(1/3)

 「法律を知らないがために不利益を被っている人々を守りたい」。インタビューの冒頭、弁護士の中隆志さんは淡々とした口調ながらも熱い思いを語ってくれました。京都市営地下鉄「京都市役所前」駅から歩いて約5分のところに中隆志法律事務所を構える中さん...

中隆志プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

交通事故、離婚、遺言・相続で適切な対応は中隆志法律事務所へ。

会社名 : 中隆志法律事務所
住所 : 京都府京都市中京区二条通河原町西入榎木町95-1 延寿堂第2ビル5階 [地図]
TEL : 075-253-6960

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-253-6960

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中隆志(なかたかし)

中隆志法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

自賠責では非該当だったのに、裁判をして12級になりました

 事故後ずっと痛みがありましたが、自賠責の等級認定では「...

M
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
読書日記「東京と神戸に核ミサイルが落ちたら所沢と大阪はどうなる」

 講談社+α新書。兵藤二十八。 軍事学の本であると思うのだが、核戦争がどういうものか、どこの国がどれだけ核...

読書日記「悪霊」(上)(下)

 新潮文庫。ドストエフスキー。 上下巻で1300~1400頁ある長編小説である。 実際にあった事件をモ...

けっこうお目々も大きいワン
イメージ

 初代小次郎と比べると目が小さい二代目小次郎であるが、普段は菅田将暉のように見開いていないだけのようで、...

読書日記「弱者の戦略」

 新潮新書。稲垣栄洋。 自然界においては強い者が勝つのではなく、勝ったものが強いのである-。 こういう...

渡り鳥(と思われる鳥)
イメージ

 少し前だが、庭で朝に葉巻を吸っていると、この鳥が毎日来ていた。 私の方を時々チラチラ見ていたので、あ...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ