コラム

 公開日: 2011-06-14 

ゴールデンウィーク(少し季節はずれですが)

ゴールデンウィークというのはたいていの人にとってありがたいものであるだろう。だいたい学校や仕事の年度始まりは4月であるから、4月で環境が変わることが多い。環境が変わって1ヶ月でまとまった休みがあり心と身体を休ませることが出来るのはありがたく通常はここで英気を養うことになるであろう。
 ただ、ここで気が抜けることが5月病の原因になっているのではないかとも時々私は考えることがある。気を張って新しい環境になじみだした途端にまとまって休みがあるので気が抜けてやる気がおきないということもあるのではないだろうか。

 4月の頭には数多くの学生やサラリーマンがあふれているのに、ゴールデンウィークを過ぎれば元の多さに戻っているように感じるのは私だけであろうか。学生は大学の授業をさぼり出すせいかとも思うが、サラリーマンは出勤時間は変わらないはずである。
 5月病のせいで辞めてしまう人も多いのではないか。

 私はといえば、働きだしてからも5月病とは縁がない。
 今はだいたい暦通りに出勤しているが(多少は仕事を持ち帰ることもあるが)、勤務弁護士の時代はだいたいいくつかの休みをつぶして出ていたことが多かった記憶である。
 また、勤務弁護士時代は谷間の日は事務員が交代で休みを取ることが多かったので、ボスも他の勤務弁護士も休んでいることがあったが、数年経つと事務所の中で手持ち事件が(ボスよりも多かった)もっとも多くなった私は谷間の日も出勤していた。
 今は谷間にも期日が入ることが多くなったが、昔は裁判所もここには期日は入れようとせず、だいたい空いていたので起案をしようとしていたことが多かった。

 しかし、いざ出勤すると、私以外に弁護士がいない日に限って事務所事件で「今ヤクザから取立に遭うから今日これから行っていいか」とか「仮差押を頼みたい」などという相談が入り、結果的には手持ち事件を増やしてしまい、さらに忙しくなったということもあった。
 その姿を見ていた事務員からは、真面目に出勤したことでさらに仕事を増やして(しかも事務所の事件であるから私は定額の給与であることから自分は潤わない)しまった私に同情してくれていた。
 しかし、事務所から給与をある程度もらっている以上、事務所に貢献することが当たり前だと先輩方から常々言われていたこともあり、そのことは苦にはならなかったし、来たことを悔やむ気持ちもなかった。
 仕事とは本来厳しいものであり、事務員は予定があまり入っていない以上休むことは事務所内の合意でそうなったのだからよいが、弁護士がゴールデンウィークの谷間だからといって休むことの方がおかしいように思われたからである。ボスに関していえば、おそらく私が出勤しているので何かあっても何とかしてくれるだろうと思っていたというところもあったであろう。
 ただ、ボスや他の勤務弁護士にそれを強要しようとは思わなかったのであるが。 仕事に対する姿勢というのは自分にとってのものであり、他の人に強要するということには限界があるであろうと思っていたからである。
 
 このような考えで仕事をしていたし、今もそうなので基本的に事務所にいる間は仕事のことしか考えていないし、基本的に話題も仕事のことばかりであり、事務所内にいる間はおもしろみはないと思う。
 ただ、弁護士として仕事に対して厳しい姿勢を持っていれば、当然にそうなってしまうと思うし、ほとんどの弁護士はそうであろう。それが専門職であるということであり、プロというものである。
 五月病になっている暇などないのである。

この記事を書いたプロ

中隆志法律事務所 [ホームページ]

弁護士 中隆志

京都府京都市中京区二条通河原町西入榎木町95-1 延寿堂第2ビル5階 [地図]
TEL:075-253-6960

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
解決の事例

1、自賠責では後遺症が非該当とされ、損害保険会社から債務不存在(要するに保険会社側から賠償金の支払義務がないことの確認をする為の裁判)訴訟を提起されたが、判決...

弁護士費用について

 マイベストプロを見られた方は、初回相談料を無料にさせていただいております。 ご予約の際にお問い合わせください。 また、当事務所の3名は、全て法テラス(...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
中隆志 なかたかし

多重債務や犯罪被害、交通事故被害に苦しむ人々を法律によって救いたい(1/3)

 「法律を知らないがために不利益を被っている人々を守りたい」。インタビューの冒頭、弁護士の中隆志さんは淡々とした口調ながらも熱い思いを語ってくれました。京都市営地下鉄「京都市役所前」駅から歩いて約5分のところに中隆志法律事務所を構える中さん...

中隆志プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

交通事故、離婚、遺言・相続で適切な対応は中隆志法律事務所へ。

会社名 : 中隆志法律事務所
住所 : 京都府京都市中京区二条通河原町西入榎木町95-1 延寿堂第2ビル5階 [地図]
TEL : 075-253-6960

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-253-6960

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中隆志(なかたかし)

中隆志法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

お金もうけではなく、依頼者のための弁護士だと思いました。

 一審判決が出たときに、丁寧な説明をしていただいて、控訴...

Y
  • 50代/男性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
師走

 師走に入ったが、経営者にとっては冬期賞与を支払わなければならず(思えば賞与は修習生の時の2年間と、その後...

インフルエンザの予防接種

 今年も受けたのである。 40歳を超えてから、受けないその冬は必ずかかるというジンクスがあるためである。...

新しいオモチャと寝るワン
イメージ

 新しいオモチャと寝ている小次郎(二代目)である。 初代小次郎は、オモチャを買ってあげても、気に入らない...

水あれこれ

 売っている水だが、当然のことながらみなそれぞれ味が違う。 私は「いろはす」「六甲の水」も飲むことがある...

真田紐

 真田幸村が考案したという伝承がある真田紐であるが、現在は実用に使われることが少なくなってしまったため、作...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ