コラム

 公開日: 2011-07-19 

名前を使われる

たまに、変な電話がかかってくる。
 「○○ですけど、僕の話聞いてくれてはりますか」というような電話である。
 意味がわからないので聞くと、知人を通じて私に相談をすることを依頼したというのである。
 もちろんそのような話は聞いていない。

 おそらく、間に入って私に相談してあげるからという話を持ちかけて、費用を騙し取っているのであろうかと思うが、私自身は間に入っているという人に会ったこともないので真相は不明である。

 そもそも、相談しているのに会ったことがないということがおかしい。私は相談を聞く際は基本的に本人と面会する。
 特に、依頼を受けている場合は、本人に会わずに事件を受任しているというようなことは絶対にない。
 本人が動けない場合、近江今津まで行ったこともあるし、病院に入院中の人に会いに行ったこともあるし、木津の自宅であまり動けないお爺さんに会いに行ったこともある。
 意思確認はそれほど重要だからである。
 親や配偶者が「本人がいいと言っています」ということで代理人として行動したが、「代理権がない」ということで懲戒になった弁護士はけっこういるのである。

 仮に私が忙しいから中々会えないなどといって代わりに相談してきてあげるとか、代わりに行って依頼してきたなどという話があったら、真っ赤な嘘であるので注意して欲しい。
 業務妨害罪に該当するような気もするが、電話してきた人もどこの誰か名乗らないし、間に入った人もよくわからないので、真相は不明である。

 本人確認という意味では、全国に広告を出して、日本のどこの多重債務事件でも受任するという東京などの事務所は本人確認が甘いだろう。
 他人を騙っている人は見抜けないと思う。電話と郵送だけで依頼を受けている事務所もあるやに聞くが、第三者だったらどうするねんと思う。
 よく懲戒にかからないと思うが、何か特殊な確認の仕方をしているのであろうか。

この記事を書いたプロ

中隆志法律事務所 [ホームページ]

弁護士 中隆志

京都府京都市中京区二条通河原町西入榎木町95-1 延寿堂第2ビル5階 [地図]
TEL:075-253-6960

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
解決の事例

1、自賠責では後遺症が非該当とされ、損害保険会社から債務不存在(要するに保険会社側から賠償金の支払義務がないことの確認をする為の裁判)訴訟を提起されたが、判決...

弁護士費用について

 マイベストプロを見られた方は、初回相談料を無料にさせていただいております。 ご予約の際にお問い合わせください。 また、当事務所の3名は、全て法テラス(...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
中隆志 なかたかし

多重債務や犯罪被害、交通事故被害に苦しむ人々を法律によって救いたい(1/3)

 「法律を知らないがために不利益を被っている人々を守りたい」。インタビューの冒頭、弁護士の中隆志さんは淡々とした口調ながらも熱い思いを語ってくれました。京都市営地下鉄「京都市役所前」駅から歩いて約5分のところに中隆志法律事務所を構える中さん...

中隆志プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

交通事故、離婚、遺言・相続で適切な対応は中隆志法律事務所へ。

会社名 : 中隆志法律事務所
住所 : 京都府京都市中京区二条通河原町西入榎木町95-1 延寿堂第2ビル5階 [地図]
TEL : 075-253-6960

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-253-6960

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中隆志(なかたかし)

中隆志法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

子どもの将来が不安でしたが、かなり安心することが出来ました

 幹線道路に飛び出して高次脳機能障害を負ってしまった息子...

T
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
あごを乗せるのにちょうどいいワン
イメージ

 寒くなってきたのでくっくついてくる率が高まってきた小次郎(二代目)であるが、足の間にこっぽりとはまり、...

本日は東京に出張です

 日弁連の法律相談センターの会議に出るため、木曜日の午後から東京である。 今これを書いている時点で「東京...

読書日記「日本海 その深層で起こっていること」

 講談社ブルーバックス。蒲生俊敬。 日本海は他の海と海峡でつながっているが、海峡が浅いため、水の流入が...

犯罪被害者と弁護士による二次被害

 私は犯罪被害者支援に関わってかれこれ20年になるのだが、時々、被害者あるいは被害者のご遺族から、「今依頼...

読書日記「知ってはいけない 隠された日本支配の構造」

 講談社現代新書。矢部宏治。 表題からするとトンデモ本のように見えるかもしれないが、内容を読むと驚愕の事...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ