コラム

 公開日: 2011-07-27 

日々の繰り返し

弁護士になる前は本当に怖かった。自分は弁護士としてやっていけるのか、お金は稼げるのか、様々なことを考えた。やはり公務員の道を選んだ方が安定したのではないかという弱気になったこともある。

 若手弁護士や中堅の弁護士と話をしたり、検察官と話をしていても、やはり相当なストレスはかかるようで、「胃が痛くて、仕事に行く前はもどしていた」とか、「忙しすぎて心臓がバクバクいっていて、このまま死ぬのではないかと思った」というような話しも聞くことがある。
 ある大ベテランの先生は、若い頃事件で出した書類が間違っていたのではないかと気になって、夜中に起き出して事務所まで調べ物にいったこともあると話をされていた。
 経験を積まない頃は、様々なもので調べたり、人に聞いてとかく事件処理について不安なものである。
 私は割合現場に出ると開き直れるタイプだったので、いざ弁護士になってみるとそれなりに若い頃もはったりは効いていたようである。これには声のトーンとか話し方、風貌などの要素も加味されることにはなる。
 しかし、内心はやはり不安との戦いであった。

 しばらくすると、それなりに出来るようになったと思うようになる。今から思うと、思い上がりも甚だしいし、顔から火が出るのであるが、それなりに書面も書ける気になってきて、「俺も出来るようになってきたな」と知らず知らずのうちに天狗になっていた。これは私の周囲の弁護士を見ていても、今の若手を見ていてもそのような傾向にあると思う。自信がついてくるのはよいことなのであるが、慢心とか過信はいけないということである。

 その頃に、やはり鼻っ柱を折られることがあった。これは私の周囲の弁護士を見ていてもそうではないかと思う。何気なく甘く書いた主張とか、尋問の打ち合わせが不十分であったが為にそこを取られて敗訴していたり、相手にうまく反論されたりということがあると、そこで「はっ」と気が引き締まり、過信していたり慢心していたりしていたことに気づくのである。
 事件をするには限られた時間の中での制限はあるが、その中でいかにベストを尽くすかということに尽きるように思う。この事件はこの程度で勝てるとか、この事件はこれくらいやっておけば勝てるだろうとやっていると、ある日突然負けたりする。やはり裁判は甘いものではないのだと今でも思う。

 ただし、そうだからといって、事件を受任したり法律相談をしなければ実力は伸びていかないと思う。時間の許す範囲で、国選刑事もやり、ボスの法律相談はほとんど変わっていっていた。それが今役立っているところもある。

 しかし、個人の事件を受任する時や委員会の仕事やその他の仕事をするときに心掛けていたことは、「事務所の事件を最優先する」ことであった。
 給与を貰っている以上、事務所の事件を最優先にすることは当たり前であり、それがプロであると諸先輩方から修習時代にも、弁護士になってからも教えてもらった。事務所に貢献していなければ、どれだけ弁護士会の仕事をしても、個人的な事件をしても評価されないのである。
 自分の事件をするときには、皆が帰って静かになった事務所で破産事件の申立書を作って疎明資料のコピーを自ら作っていたことも多々ある。それは、日中は事務所の仕事で手が一杯であったからである。個人の仕事を日中して、事務所から配転された事件が間に合わないとか、手が一杯であるというのは仕事に対する「甘え」であると教えられた。

 おかげで、私が所属している血族的会派の中でも、「事務所に貢献して頑張った」ということをいって貰えて、割合大きい顔をしていられる。もちろん大きい顔をしたいからといってそうしてきた訳ではなく、それをするのがプロであると思ってたし、そう教えられたからである。
 昔は4月に弁護士登録であったので、9月が来て半年近く経つと、「カムトゥセプテンバー」といって、4月には甘甘の顔をしていた新人弁護士も一人前の面魂を備えてくるといわれていた。
 最近は宅弁とか即独の人が増えてきたというが、教えられる人がいないと中々そうした
面魂にはならないのではなかろうか。あるいは逆に厳しい環境で早くに面魂を備えるのであろうか。 

この記事を書いたプロ

中隆志法律事務所 [ホームページ]

弁護士 中隆志

京都府京都市中京区二条通河原町西入榎木町95-1 延寿堂第2ビル5階 [地図]
TEL:075-253-6960

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
解決の事例

1、自賠責では後遺症が非該当とされ、損害保険会社から債務不存在(要するに保険会社側から賠償金の支払義務がないことの確認をする為の裁判)訴訟を提起されたが、判決...

弁護士費用について

 マイベストプロを見られた方は、初回相談料を無料にさせていただいております。 ご予約の際にお問い合わせください。 また、当事務所の3名は、全て法テラス(...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
中隆志 なかたかし

多重債務や犯罪被害、交通事故被害に苦しむ人々を法律によって救いたい(1/3)

 「法律を知らないがために不利益を被っている人々を守りたい」。インタビューの冒頭、弁護士の中隆志さんは淡々とした口調ながらも熱い思いを語ってくれました。京都市営地下鉄「京都市役所前」駅から歩いて約5分のところに中隆志法律事務所を構える中さん...

中隆志プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

交通事故、離婚、遺言・相続で適切な対応は中隆志法律事務所へ。

会社名 : 中隆志法律事務所
住所 : 京都府京都市中京区二条通河原町西入榎木町95-1 延寿堂第2ビル5階 [地図]
TEL : 075-253-6960

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-253-6960

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中隆志(なかたかし)

中隆志法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

暗闇に光を見いだした気持ちでした。中事務所に依頼して本当によかったです。

 高次脳機能障害を負い、これからどうしていこうか途方にく...

M
  • 60代以上/男性 
  • 参考になった数(2

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
読書日記12月6日

「代官山コールドケース」文芸春秋。佐々木讓。 17年前に被疑者死亡で解決したはずの殺人事件がえん罪で真犯...

師走

 師走に入ったが、経営者にとっては冬期賞与を支払わなければならず(思えば賞与は修習生の時の2年間と、その後...

インフルエンザの予防接種

 今年も受けたのである。 40歳を超えてから、受けないその冬は必ずかかるというジンクスがあるためである。...

新しいオモチャと寝るワン
イメージ

 新しいオモチャと寝ている小次郎(二代目)である。 初代小次郎は、オモチャを買ってあげても、気に入らない...

水あれこれ

 売っている水だが、当然のことながらみなそれぞれ味が違う。 私は「いろはす」「六甲の水」も飲むことがある...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ