コラム

 公開日: 2011-08-03 

日本人と香水

 一般に日本人は体臭があまりない民族である。もちろんワキガなどで体臭がある人はいるがそういう人は除く。
 これは一つには、湯船で風呂に入るからである。湯船で風呂につかる習慣が普及しているので、毛穴から老廃物が湯の中に流れ出るので、においも少ないのである。
 シャワーだけで済ませていると、毛穴の老廃物が流れ出ず、においがきつくなる。
 平安時代に貴族が着物にお香をたきしめていたのは、体臭を消すためと、自分のお香によってアイデンティティを確保するためであったと思う。
 

 熱い風呂につかる習慣がないという意味では、欧米人は老廃物が毛穴に詰まりやすく、体臭がきつくなる可能性が高くなる。
 後は食生活の問題もある。肉類をたくさん食べる欧米人は、それだけ体臭が出やすいといえる。
 また、欧米人は日本人よりも腸が短いので、消化をするときに十分消化できず、そのため嫌なにおいが残り体臭となるともいわれている。

 日本人の食生活も欧米化しているといわれているので、体臭がきつくなる可能性はありうるが、腸が長いことと風呂に入る習慣で、体臭は基本的にはそれほどない民族であることにかわりはなかろう。

 余談だが、小麦などには炭水化物以外の栄養素が少ないので、パン食の欧米人はそれ以外の栄養素を補う必要がある。そのため、パン以外に様々な食糧を取らないといけなかったのである。
 米はこれに比べて炭水化物以外にも様々な栄養素が含まれていて、それだけ食べていて居てもそれなりに栄養がまかなえる食糧である。従って、あまり米以外に栄養素を取りすぎると、カロリーの取りすぎということになる。ご飯と肉というのは、カロリー的にはタンパク質の取りすぎということになるのである。メタボの原因である。わかっていてもやめられないのは私も同じであるが。

 さて、香水は欧米で発達したが、その理由は平安貴族と同じであり、体臭を消すためである。におい消しなのである。欧米人がつけているようなきつい香水を日本人がつける必要はないのである。
 電車の中などで、物凄いきつい香水をつけている女性がいるが、これなどは不必要にきつい香水をつけているということになる。もちろん体臭がきついためやむを得ないのかもしれないが。

 何でも欧米のものを取り入れればよくなるというものではない典型例であり、弁護士の制度も、アメリカ式にすれば何でもうまくいくと考えていて、世の中の実情調査をした訳でもない委員を中心に、一部の弁護士などがロースクール構想を持ち出して取り入れられたが、これなどもきつい香水を日本人がふりかけて喜んでいるのとさほどかわりはないような気もする。

この記事を書いたプロ

中隆志法律事務所 [ホームページ]

弁護士 中隆志

京都府京都市中京区二条通河原町西入榎木町95-1 延寿堂第2ビル5階 [地図]
TEL:075-253-6960

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
解決の事例

1、自賠責では後遺症が非該当とされ、損害保険会社から債務不存在(要するに保険会社側から賠償金の支払義務がないことの確認をする為の裁判)訴訟を提起されたが、判決...

弁護士費用について

 マイベストプロを見られた方は、初回相談料を無料にさせていただいております。 ご予約の際にお問い合わせください。 また、当事務所の3名は、全て法テラス(...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
中隆志 なかたかし

多重債務や犯罪被害、交通事故被害に苦しむ人々を法律によって救いたい(1/3)

 「法律を知らないがために不利益を被っている人々を守りたい」。インタビューの冒頭、弁護士の中隆志さんは淡々とした口調ながらも熱い思いを語ってくれました。京都市営地下鉄「京都市役所前」駅から歩いて約5分のところに中隆志法律事務所を構える中さん...

中隆志プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

交通事故、離婚、遺言・相続で適切な対応は中隆志法律事務所へ。

会社名 : 中隆志法律事務所
住所 : 京都府京都市中京区二条通河原町西入榎木町95-1 延寿堂第2ビル5階 [地図]
TEL : 075-253-6960

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-253-6960

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中隆志(なかたかし)

中隆志法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

子どもの将来が不安でしたが、かなり安心することが出来ました

 幹線道路に飛び出して高次脳機能障害を負ってしまった息子...

T
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
読書日記「知ってはいけない 隠された日本支配の構造」

 講談社現代新書。矢部宏治。 表題からするとトンデモ本のように見えるかもしれないが、内容を読むと驚愕の事...

じっと見つめるワン
イメージ

 何を見つめているのか分からないが、小次郎(二代目)である。 虫が飛んでいると捕まえようとするので、狙...

読書日記「日航123便墜落の新事実」

 河出書房新社。青山透子。 少し前に読んだ、「WOLF」という文庫本の中に、日航123便の墜落に関して...

落花生
イメージ

 落花生を収穫したが、思ったよりは実がついていなかった。 まあ、ある程度は取れたし、よしとしようか。...

犯罪被害者の上訴権

 日本の刑事訴訟法においては、犯罪被害者の上訴権は認められていない。 検察庁に対し、上訴することを申し入...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ