コラム

 公開日: 2011-08-09 

人の話の作為

 人間は普通は自分が可愛いものであるから、事実経過を話をするときには、自分に都合が悪いところは話をすり替えたり、すり替えた気もなくそのように話を変容して記憶してしまったりすることがあることはよくいわれている。
 弁護士をしていると、同じ事実を体験しているのに、ここまで180度違う主張になるとは…ということを多々経験する。
 芥川龍之介の「藪の中」は人間のこうした性質を描いた名作であるが、松本清張にも、こうした人間の性質を描いた秀作として「カルネアデスの舟板」(新潮社 張込みに収録)という名作がある。

 ただ、事実に争いがある場合に、明確にいずれかが嘘をついているケースというものもある。たとえば、金銭の貸し借りがあって、借用書を証拠として訴訟提起した場合に、相手方が既に支払ったという主張がされることがある。
 これなどは、借主が支払っていないのに「支払った」と嘘をついているか、現実には支払ってもらっているのに、偶々借用書が残っていたことを奇貨として、貸主が訴訟を出したかのいずれかということになる。ただし、貸主が死亡していたりすると、相続人としてはその間の事情が分からないので、借主に訴訟提起するということはあり得る。
 借主は、そのような主張を封じるためには、振込の控えであるとか、領収書を貸主から徴収しておくべきということになる。

 一方、それぞれが微妙に嘘をついていて、それが為に事実関係が余計に錯綜するというパターンもある。芥川の藪の中などはそうした典型例ではなかろうかと思われるが、作為が入り込む余地をある程度予測しながら話を聞くべきであるということになろう。
 後は認識している事実は同じであるが、それぞれが自らにその事実をいいように評価して争いとなる場合がある。

 認識しているというか主張している事実が異なると当然それぞれの立場で評価するから、事案は大混乱ということになる。
 作為が入り込む余地というのは古今東西どうしようもない。歴史書などはそのとおり受け止めてはいけないというのはそうした作為が入り込む為であろう。

この記事を書いたプロ

中隆志法律事務所 [ホームページ]

弁護士 中隆志

京都府京都市中京区二条通河原町西入榎木町95-1 延寿堂第2ビル5階 [地図]
TEL:075-253-6960

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
解決の事例

1、自賠責では後遺症が非該当とされ、損害保険会社から債務不存在(要するに保険会社側から賠償金の支払義務がないことの確認をする為の裁判)訴訟を提起されたが、判決...

弁護士費用について

 マイベストプロを見られた方は、初回相談料を無料にさせていただいております。 ご予約の際にお問い合わせください。 また、当事務所の3名は、全て法テラス(...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
中隆志 なかたかし

多重債務や犯罪被害、交通事故被害に苦しむ人々を法律によって救いたい(1/3)

 「法律を知らないがために不利益を被っている人々を守りたい」。インタビューの冒頭、弁護士の中隆志さんは淡々とした口調ながらも熱い思いを語ってくれました。京都市営地下鉄「京都市役所前」駅から歩いて約5分のところに中隆志法律事務所を構える中さん...

中隆志プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

交通事故、離婚、遺言・相続で適切な対応は中隆志法律事務所へ。

会社名 : 中隆志法律事務所
住所 : 京都府京都市中京区二条通河原町西入榎木町95-1 延寿堂第2ビル5階 [地図]
TEL : 075-253-6960

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-253-6960

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中隆志(なかたかし)

中隆志法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

お金もうけではなく、依頼者のための弁護士だと思いました。

 一審判決が出たときに、丁寧な説明をしていただいて、控訴...

Y
  • 50代/男性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
読書日記12月6日

「代官山コールドケース」文芸春秋。佐々木讓。 17年前に被疑者死亡で解決したはずの殺人事件がえん罪で真犯...

師走

 師走に入ったが、経営者にとっては冬期賞与を支払わなければならず(思えば賞与は修習生の時の2年間と、その後...

インフルエンザの予防接種

 今年も受けたのである。 40歳を超えてから、受けないその冬は必ずかかるというジンクスがあるためである。...

新しいオモチャと寝るワン
イメージ

 新しいオモチャと寝ている小次郎(二代目)である。 初代小次郎は、オモチャを買ってあげても、気に入らない...

水あれこれ

 売っている水だが、当然のことながらみなそれぞれ味が違う。 私は「いろはす」「六甲の水」も飲むことがある...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ