コラム

 公開日: 2010-05-27 

怒るときは口先だけで怒れ


細かい名前は忘れたが、昭和初期の名剣道家の言葉ということである。心の底から怒ってしまうと、冷静さを欠くし、物事を客観的に見ることが出来ず付け入れられるからであろう。
 剣道の世界だけで通じる言葉ではなく、弁護士の仕事にも通じるものがある。仕事上、本気で怒ってろくなことはない。口先だけで怒って(怒るべき時には怒らないといけないときもあるが、それも口先だけで怒れということだろう)、常時冷静さを持たないといけないのである。義憤は重要であるが、冷静さを欠いて、弁護士が依頼事件について解決すべき時に解決できないということでは何もならない。
 たまに事件に対して思い入れが強すぎて、「何をそんなに怒っているのか」という弁護士に出くわすこともある。こうした弁護士は、事件がそもそも依頼者のものであるということを忘れているのであろう。この弁護士が相手方でなかったらなあと事件が解決できず困る弁護士も多い。
 ある昭和初期の剣道家(ひょっとすると冒頭の言葉を述べた人と同じ人かもしれないが)が知人が訪れて談笑していた時に、その知人がいとまを告げようとして席を立つと、「もう少ししたら、(2人の共通の友人である)A君が来るから待っていたらどうか」というのでその知人は待っていたところ、本当にA君がやってきて驚いたことがあったということである。
 その剣道家によると、「何となく、A君が家を出るところが見えた気がした」ということであり、道を究めればこのような能力が身に付くのかと感嘆したエピソードである。
 弁護士も相当経験を積むと、「何となくこの事件は嫌なところがある」と受任をするときに感覚で分かるようになるということであるし、中には解決の中身まで見通す人もいるということであるが、これは経験だけではなく、剣道家のように、その道の一流になれば、そうした能力がつくのかなと思っている。

この記事を書いたプロ

中隆志法律事務所 [ホームページ]

弁護士 中隆志

京都府京都市中京区二条通河原町西入榎木町95-1 延寿堂第2ビル5階 [地図]
TEL:075-253-6960

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
解決の事例

1、自賠責では後遺症が非該当とされ、損害保険会社から債務不存在(要するに保険会社側から賠償金の支払義務がないことの確認をする為の裁判)訴訟を提起されたが、判決...

弁護士費用について

 マイベストプロを見られた方は、初回相談料を無料にさせていただいております。 ご予約の際にお問い合わせください。 また、当事務所の3名は、全て法テラス(...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
中隆志 なかたかし

多重債務や犯罪被害、交通事故被害に苦しむ人々を法律によって救いたい(1/3)

 「法律を知らないがために不利益を被っている人々を守りたい」。インタビューの冒頭、弁護士の中隆志さんは淡々とした口調ながらも熱い思いを語ってくれました。京都市営地下鉄「京都市役所前」駅から歩いて約5分のところに中隆志法律事務所を構える中さん...

中隆志プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

交通事故、離婚、遺言・相続で適切な対応は中隆志法律事務所へ。

会社名 : 中隆志法律事務所
住所 : 京都府京都市中京区二条通河原町西入榎木町95-1 延寿堂第2ビル5階 [地図]
TEL : 075-253-6960

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-253-6960

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中隆志(なかたかし)

中隆志法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

自分一人では、離婚出来なかったと思います

 妻との離婚の協議が全く前に進まないため、知人に紹介され...

Y
  • 50代/男性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
渓流釣り
イメージ

 先日、渓流の管理釣り場に行ってきた。 管理釣り場とはいえ、自然河川に放流するので、かなり難し...

テントウムシ
イメージ

 庭の桜の葉にテントウムシが居たので接写してみた。 テントウムシも数が減っているという報告を読んだよう...

イチゴの花
イメージ

 イチゴは冬の間枯れていたのであるが、多年草だと書いてあったので、放置していたところ、春になりピンクと白...

カナヘビ
イメージ

 庭のプランターにいたカナヘビである。トカゲであるが、少し前に、次に野菜を植えるため土を掘り返したら、土...

帽子かぶってしまったワン
イメージ

 暴れている間に帽子をすっぽりとかぶった二代目小次郎である。 帽子が嫌いなので、この後直ぐに頭を振って...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ