コラム

 公開日: 2011-10-11 

織田信長5

 本能寺の変は、織田信長の家臣であり、軍団長である明智光秀が織田信長を本能寺に急襲してこれを討ったという事件である。1582年のこの変により、信長の天下統一の野望は潰えた。

 本能寺の変の後、秀吉が素早く軍を返し、光秀を討ったことから本能寺の変の黒幕は秀吉であったという説がある。また、変後、光秀が朝廷に多額の金銀を寄進していることも含めて、朝廷が黒幕であったという説や、イエズス会が黒幕であるという説もある。
 その一方で、怨恨説も根強い。波多野秀治を丹波に攻めた時に、光秀は老母の命と引替に波多野秀治の命を保証して城を開城させたにもかかわらず、信長はこれを無視して秀治を磔にかけたことに光秀が恨みをもっていたとされる説、家康が安土城に来た時に光秀が家康の饗応係を命ぜられたが、鯛が腐っていたことから信長から打擲をされたことを恨んでいたとか、武田勝頼を滅ぼした後に、光秀が「われら長年の苦労が報われた」と述べたことに対して、信長が、「ワレに何の功があろうか」と言って打擲したという説等である。
 光秀が天下を狙っていたという説も根強い。

 しかし、戦国時代は全ての武将が天下を狙っていたと思われているが、現在の社会でも、「俺はほどほどでいいよ」としている人もいることから分かるように、全ての武将が天下に野望があったという訳でもなかろうし、既にこのとき光秀は当時の意識からすれば、老境に達している。
 秀吉が絵を描いたという説も、秀吉はこの時点で毛利氏と対峙しているのであり、毛利の史料の中に、秀吉を追撃すべきだという説が強硬にあったことからしても、秀吉が毛利氏に追撃されなかったことがむしろ僥倖というべきものであり、黒幕にしては危険すぎる賭である。朝廷にしても、朝廷が京を制圧した武将から寄進を受けるのはむしろ当然であるし、朝廷にそれほどの力が当時あったかといえば、疑問である。イエズス会においては海外勢力であり、日本国内にどれほどの力があったかという疑問がある。
 怨恨説にしても、信用できる史料に掲載されていない逸話もあり、信長は家臣に対して横暴であったことは何も光秀に対してだけではないし、老境にある光秀が個人的怨恨だけで、家臣や家族全てを路頭に迷わせるような暴挙に及ぶとも考えがたい。

 これよりも前に、光秀の家臣である斎藤内蔵助利光は、その妹を長曽我部元親に嫁がせていて、信長と元親は同盟関係にあった。元親は、信長の考えるよりもその勢力が強くなりすぎたため、信長としては、同盟者として面白からぬ気持ちとなっていた。
 一方、信長が頭をなでた程の寵臣であった秀吉は、四国の名族である三好氏から養子を迎えていた(羽柴秀勝)。三好氏は、四国を統一しようとする元親から圧迫され、秀吉を通じて信長に庇護を求めた。
 ここで信長の方針は転換し、元親を捨てて、三好氏を庇護することを決定した。
 本能寺の変の時期は、四国征伐が予定されていた。総大将を補佐する役割は、丹羽長秀とされた。
 織田家の通例では、各地方を攻略する際、その軍事責任者は、それまでその地方の外交を担当していた家臣が行うのが通例であった(これを申次という)。四国でいえば、これまでの申次は光秀であった。
 光秀は、当然自分が事実上の軍事責任者となると考えていたであろう。

 ところが、丹羽長秀がその役割を申しつけられ、光秀は、毛利氏征伐の秀吉の応援部隊という役割であった。
 そのときに、彼の脳裏には、功績があったにもかかわらず、過去の失敗をあげつらわれて、全ての禄を剥奪され、高野山に追放された家老のことが頭に浮かんだに違いない。
 その武将の名を佐久間信盛という。

この記事を書いたプロ

中隆志法律事務所 [ホームページ]

弁護士 中隆志

京都府京都市中京区二条通河原町西入榎木町95-1 延寿堂第2ビル5階 [地図]
TEL:075-253-6960

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
解決の事例

1、自賠責では後遺症が非該当とされ、損害保険会社から債務不存在(要するに保険会社側から賠償金の支払義務がないことの確認をする為の裁判)訴訟を提起されたが、判決...

弁護士費用について

 マイベストプロを見られた方は、初回相談料を無料にさせていただいております。 ご予約の際にお問い合わせください。 また、当事務所の3名は、全て法テラス(...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
中隆志 なかたかし

多重債務や犯罪被害、交通事故被害に苦しむ人々を法律によって救いたい(1/3)

 「法律を知らないがために不利益を被っている人々を守りたい」。インタビューの冒頭、弁護士の中隆志さんは淡々とした口調ながらも熱い思いを語ってくれました。京都市営地下鉄「京都市役所前」駅から歩いて約5分のところに中隆志法律事務所を構える中さん...

中隆志プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

交通事故、離婚、遺言・相続で適切な対応は中隆志法律事務所へ。

会社名 : 中隆志法律事務所
住所 : 京都府京都市中京区二条通河原町西入榎木町95-1 延寿堂第2ビル5階 [地図]
TEL : 075-253-6960

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-253-6960

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中隆志(なかたかし)

中隆志法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

離婚手続を依頼して本当によかったです。

 高額所得者の別居中の夫から離婚を求められました。  ま...

H
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
読書日記12月6日

「代官山コールドケース」文芸春秋。佐々木讓。 17年前に被疑者死亡で解決したはずの殺人事件がえん罪で真犯...

師走

 師走に入ったが、経営者にとっては冬期賞与を支払わなければならず(思えば賞与は修習生の時の2年間と、その後...

インフルエンザの予防接種

 今年も受けたのである。 40歳を超えてから、受けないその冬は必ずかかるというジンクスがあるためである。...

新しいオモチャと寝るワン
イメージ

 新しいオモチャと寝ている小次郎(二代目)である。 初代小次郎は、オモチャを買ってあげても、気に入らない...

水あれこれ

 売っている水だが、当然のことながらみなそれぞれ味が違う。 私は「いろはす」「六甲の水」も飲むことがある...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ