コラム

 公開日: 2011-11-28 

飛蚊症

 視野の中を糸くずのようなものが飛んでいる。
 その糸くずを追うと糸くずも逃げる。
 これが蚊が飛んでいるように見えることから、「飛蚊症」(ひぶんしょう)といっている。

 私もこの飛蚊症がある。
 これは目の中の水晶体の中にあるどろどろした液体のよじれというかしわがそう見えていることが多く、これは特に問題がないので、「生理的飛蚊症」といわれている。
 もちろん網膜に異常がある場合もあるが、たいていはこの生理的飛蚊症である。

 背景が白色の壁などを見ているとよくわかる。
 気になると気になりだして、糸くずというか蚊を追ってしまうのだが、目の水晶体の中にあるものなので、つかまえられる訳がないのである。
 私も一度気になったので目医者で診てもらったのだが、結果は全く異常なしということであった。目を酷使する仕事なので、時々猛烈に目が痛くなり、不安になって目医者に行くと、たいてい疲れ目である。私はパソコン画面を見ている時間が長いせいか、ややドライアイ気味である。

 話が逸れたが、この飛蚊症も、なんとなくストレスがかかわっているような気もしている。
 元気な時にはあまり糸くずは飛んでいない気がするからである。
 あなたの目の中には糸くず又は蚊は飛んでいませんか。

この記事を書いたプロ

中隆志法律事務所 [ホームページ]

弁護士 中隆志

京都府京都市中京区二条通河原町西入榎木町95-1 延寿堂第2ビル5階 [地図]
TEL:075-253-6960

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
解決の事例

1、自賠責では後遺症が非該当とされ、損害保険会社から債務不存在(要するに保険会社側から賠償金の支払義務がないことの確認をする為の裁判)訴訟を提起されたが、判決...

弁護士費用について

 マイベストプロを見られた方は、初回相談料を無料にさせていただいております。 ご予約の際にお問い合わせください。 また、当事務所の3名は、全て法テラス(...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
中隆志 なかたかし

多重債務や犯罪被害、交通事故被害に苦しむ人々を法律によって救いたい(1/3)

 「法律を知らないがために不利益を被っている人々を守りたい」。インタビューの冒頭、弁護士の中隆志さんは淡々とした口調ながらも熱い思いを語ってくれました。京都市営地下鉄「京都市役所前」駅から歩いて約5分のところに中隆志法律事務所を構える中さん...

中隆志プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

交通事故、離婚、遺言・相続で適切な対応は中隆志法律事務所へ。

会社名 : 中隆志法律事務所
住所 : 京都府京都市中京区二条通河原町西入榎木町95-1 延寿堂第2ビル5階 [地図]
TEL : 075-253-6960

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-253-6960

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中隆志(なかたかし)

中隆志法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

自分一人では、離婚出来なかったと思います

 妻との離婚の協議が全く前に進まないため、知人に紹介され...

Y
  • 50代/男性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
読書日記「スタンフォード式最高の睡眠」

 サンマーク出版。西野精治。 このブログを読んでいただいている読者の中にも睡眠不足の方も多いのではないか...

水に味をつける時はわかりやすいパッケージにして欲しい

 サッカーをする時などは、基本的にミネラルウォーターを飲むのであるが、コンビニで買っていく時に、普通の水を...

牢名主だワン
イメージ

 牢名主のように(時代劇見ない人にはわからんかな)、ソファーの上にさらに布団を置いてあったところ、その上...

読書日記「1Q84」

 新潮文庫。全6巻。村上春樹。 文庫発売と同時に購入していたのだが、さすがに6冊あるのでいつ読んだものか...

受付の電話対応って大事

 通っていた歯科医の先生が急逝されたため、歯医者を探していたが、歯というものは痛みでも出ないと中々行かない...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ