コラム

 公開日: 2012-01-10 

同室の人の…

 弁護士会の会派や仲のいい弁護士と旅行に行くと、相部屋になる。私はセンシティブなところがあるので、旅行に行くと寝付かれず、多少睡眠不足気味となる。
 少しのいびきくらいであれば眠ることが出来るし、自分も多少はいびきをかくので(たまに自分のいびきで起きる)、それくらいであればよいのであるが、数年前Nクラブという弁護士会の会派で旅行に行った時の同室の人のいびきはすごかった。仮にS弁護士としよう。

 私は旅行に遅れていくと、中さんとSさんは向こうやからと言われて見ると、ベッドが2つ並んでいた。Sさんは宴会が終わり寝る前に、「ふぉふぉふぉふぉ。私、いびきすごいんです」と言われてすぐに寝付かれた。

 寝息を立てられてすぐに、今まで聞いたことのない爆音が響いた。爆音レベルはおそらく最大値の10であったであろう(何と比べてかは聞かないで)。そして、時々呼吸が止まり、突然バタバタと寝返りを打って暴れ出すのである。子どもでもここまで暴れはしまい。
 また、ベットの隙間は15センチくらいしか空いていなかったので、このままではこちらのベッドに侵入されるのではないかという勢いであった。180センチ以上あるS弁護士が侵入してきたら、168センチしかない私は押しつぶされるであろう。ひえええ。
 11時にベッドに入り、1時頃まで寝ようと努力していたが、寝られないのと、こちらに来られてはかなわんと考えて、私はS弁護士とは反対のベッドの横の壁との隙間に人1人横たわれるスペースがあったので、「下に降りればベッドの反射で少しは音がましかも」と考えて、下に浴衣とかけぶとんを敷いて、上から着ていたダウンをかけて寝ようと努めた。
 30分ほどまどろむと、爆音のいびきが始まり、結局朝まで数十分寝ただけであった。

 いびきをかく人は、どこかに疾患を抱えているといわれる。S弁護士は弁護士会の健康診断でひっかからないのかと疑問に思いつつ、帰途についたのであった。

この記事を書いたプロ

中隆志法律事務所 [ホームページ]

弁護士 中隆志

京都府京都市中京区二条通河原町西入榎木町95-1 延寿堂第2ビル5階 [地図]
TEL:075-253-6960

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
解決の事例

1、自賠責では後遺症が非該当とされ、損害保険会社から債務不存在(要するに保険会社側から賠償金の支払義務がないことの確認をする為の裁判)訴訟を提起されたが、判決...

弁護士費用について

 マイベストプロを見られた方は、初回相談料を無料にさせていただいております。 ご予約の際にお問い合わせください。 また、当事務所の3名は、全て法テラス(...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
中隆志 なかたかし

多重債務や犯罪被害、交通事故被害に苦しむ人々を法律によって救いたい(1/3)

 「法律を知らないがために不利益を被っている人々を守りたい」。インタビューの冒頭、弁護士の中隆志さんは淡々とした口調ながらも熱い思いを語ってくれました。京都市営地下鉄「京都市役所前」駅から歩いて約5分のところに中隆志法律事務所を構える中さん...

中隆志プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

交通事故、離婚、遺言・相続で適切な対応は中隆志法律事務所へ。

会社名 : 中隆志法律事務所
住所 : 京都府京都市中京区二条通河原町西入榎木町95-1 延寿堂第2ビル5階 [地図]
TEL : 075-253-6960

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-253-6960

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中隆志(なかたかし)

中隆志法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

離婚手続を依頼して本当によかったです。

 高額所得者の別居中の夫から離婚を求められました。  ま...

H
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
読書日記「ローマ法王に米を食べさせた男」

 講談社α新書。高野誠鮮。 過疎の村をスーパー公務員が救うという話で、ドラマの原作にもなった。 読めば読...

ご先祖さまは貴婦人の膝に座ってたワン
イメージ

 昔は貴婦人の抱き犬として、貴婦人の膝に座っていたパピヨンであるが、今は庶民の家の床に座っている。見かけ...

陳述書の表紙

 先日、飲んでいると、女性弁護士が「依頼者のところに陳述書の署名押印もらいに行ってきます」「完成が遅れてし...

落とし物をするの巻

 先日、電車で手帳に書き込みをしようと思い、いつも胸ポケットに挿している万年筆を取ろうとすると、そこになか...

二重

 若い頃は一重まぶただったはずなのだが(写真を見直したが、やはり一重であった)、最近、二重まぶたになってき...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ