コラム

 公開日: 2012-01-12 

年度末の工事

 12月と3月は、よく道路工事をしている。役所で余った予算を執行するため、どうみてもあまり必要でなさそうな工事をするのである。
 12月にガスの配管工事をした道路を、3月に水道の配管工事をするために掘り返したりしている。
 役所の方は予算が余ると翌年予算がつけて貰えないので、予算が余ることはタブーなのでこのようにしているのである。
 しかし、こうして役所が発注しているのは税金であり、国民から預かったお金なのである。税金は根本的には使途が限定された預かり金であり、このような使い方をされるべきものではない。
 他人のお金なので、公務員もずさんな使い方が出来るのである。年金で集めたお金で、誰が使うのか分からない建物をたくさん建てた社会保険庁にも同じことがいえる。
 

 また、工事をしている人たちを見ていると、実際に道路を掘っているのは6名作業員がいるとしたら2名であり、あとの4名は穴を掘る同僚を見ている。これも、6名分の作業員代をゼネコンなどの業者が費用請求するために現場に派遣しているのだが、現実にはその半分の人数で工事が出来る(まあそもそもほとんど必要ないとしか思えないが)ということをあらわしている。

 弁護士が同じことをすればどうなるか。
 考えてみれば分かる。
 たまに顧客のお金に手をつけて業務上横領などで逮捕されたり、懲戒されたりしている弁護士がいるが、それが弁護士の場合の末路である。
 弁護士にとって預かり金はあくまで預かり金で、手元にお金が来ても他人のお金であり、絶対に手をつけてはいけないのである。手元にあるからという理由で豪遊して、後に返せなければ横領といわれても仕方がない。
 預かり金口座は経費などが引き落とされる口座とは絶対に分けて、手をつけてはいけないということである。

この記事を書いたプロ

中隆志法律事務所 [ホームページ]

弁護士 中隆志

京都府京都市中京区二条通河原町西入榎木町95-1 延寿堂第2ビル5階 [地図]
TEL:075-253-6960

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
解決の事例

1、自賠責では後遺症が非該当とされ、損害保険会社から債務不存在(要するに保険会社側から賠償金の支払義務がないことの確認をする為の裁判)訴訟を提起されたが、判決...

弁護士費用について

 マイベストプロを見られた方は、初回相談料を無料にさせていただいております。 ご予約の際にお問い合わせください。 また、当事務所の3名は、全て法テラス(...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
中隆志 なかたかし

多重債務や犯罪被害、交通事故被害に苦しむ人々を法律によって救いたい(1/3)

 「法律を知らないがために不利益を被っている人々を守りたい」。インタビューの冒頭、弁護士の中隆志さんは淡々とした口調ながらも熱い思いを語ってくれました。京都市営地下鉄「京都市役所前」駅から歩いて約5分のところに中隆志法律事務所を構える中さん...

中隆志プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

交通事故、離婚、遺言・相続で適切な対応は中隆志法律事務所へ。

会社名 : 中隆志法律事務所
住所 : 京都府京都市中京区二条通河原町西入榎木町95-1 延寿堂第2ビル5階 [地図]
TEL : 075-253-6960

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-253-6960

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中隆志(なかたかし)

中隆志法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

内縁の妻では、相続権はないから、損害賠償は出来ないという弁護士さんもいたのに・・・

 内縁の夫が交通事故で死亡し、損害賠償は出来ないのかとあ...

T
  • 60代以上/女性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
小次郎の動画だワン

うまく行くかわからないが、小次郎(二代目)の動画を置いてみた。そのまま画面上で見るための設定ができ...

プロバイダーの一方的サービス取りやめは困るのだ

 このブログもニフティで開設しているのだが、最近、ニフティから突然のサービス取りやめの通知が突然来て困って...

読書日記12月6日

「代官山コールドケース」文芸春秋。佐々木讓。 17年前に被疑者死亡で解決したはずの殺人事件がえん罪で真犯...

師走

 師走に入ったが、経営者にとっては冬期賞与を支払わなければならず(思えば賞与は修習生の時の2年間と、その後...

インフルエンザの予防接種

 今年も受けたのである。 40歳を超えてから、受けないその冬は必ずかかるというジンクスがあるためである。...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ