コラム

 公開日: 2012-02-16 

犬を捨てる人達

 テレビで犬を捨てる人たちのことが報道されていた。
 飼ってみて、「世話をするのに飽きた」「合わなかった」という人や、高齢になった犬の「世話をするのが面倒になった」というような理由で捨てるようだ。
 町中に捨てる人もいれば、保健所に「処分して欲しい」と捨てに来る人もいるようである。

 動物はモノではない。トイ・プードルなどはまさにぬいぐるみのような外見だが、彼らは生きているのである。
 こういう人たちは、動物を飼う資格がないし、こういう行為を法律で厳しく規制するべきである。
 保健所で新しい買主が見つかった犬は幸せだが、そうでない犬は殺されてしまうのである。
 なんともやりきれない話であるが、現実の話なのである。

 私の自宅近くの人で、年老いた犬を代車で散歩させているご夫婦がいる。
 年老いて、歩くことも出来なくなったようで、以前はその犬が散歩しているのを見かけて、挨拶を交わしていた。しばらく見なくなったと思っていたら、ここ最近、代車に乗せて夫婦で散歩されていて、きちんと排泄の後始末もされている。
 小型犬であれば、抱いて散歩も出来るであろうが、大型犬なので代車ということになるのであろう。
 こういう人しか飼い主になってはいけないのである。

この記事を書いたプロ

中隆志法律事務所 [ホームページ]

弁護士 中隆志

京都府京都市中京区二条通河原町西入榎木町95-1 延寿堂第2ビル5階 [地図]
TEL:075-253-6960

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
解決の事例

1、自賠責では後遺症が非該当とされ、損害保険会社から債務不存在(要するに保険会社側から賠償金の支払義務がないことの確認をする為の裁判)訴訟を提起されたが、判決...

弁護士費用について

 マイベストプロを見られた方は、初回相談料を無料にさせていただいております。 ご予約の際にお問い合わせください。 また、当事務所の3名は、全て法テラス(...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
中隆志 なかたかし

多重債務や犯罪被害、交通事故被害に苦しむ人々を法律によって救いたい(1/3)

 「法律を知らないがために不利益を被っている人々を守りたい」。インタビューの冒頭、弁護士の中隆志さんは淡々とした口調ながらも熱い思いを語ってくれました。京都市営地下鉄「京都市役所前」駅から歩いて約5分のところに中隆志法律事務所を構える中さん...

中隆志プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

交通事故、離婚、遺言・相続で適切な対応は中隆志法律事務所へ。

会社名 : 中隆志法律事務所
住所 : 京都府京都市中京区二条通河原町西入榎木町95-1 延寿堂第2ビル5階 [地図]
TEL : 075-253-6960

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-253-6960

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中隆志(なかたかし)

中隆志法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

内縁の妻では、相続権はないから、損害賠償は出来ないという弁護士さんもいたのに・・・

 内縁の夫が交通事故で死亡し、損害賠償は出来ないのかとあ...

T
  • 60代以上/女性 
  • 参考になった数(2

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
牢名主だワン
イメージ

 牢名主のように(時代劇見ない人にはわからんかな)、ソファーの上にさらに布団を置いてあったところ、その上...

読書日記「1Q84」

 新潮文庫。全6巻。村上春樹。 文庫発売と同時に購入していたのだが、さすがに6冊あるのでいつ読んだものか...

受付の電話対応って大事

 通っていた歯科医の先生が急逝されたため、歯医者を探していたが、歯というものは痛みでも出ないと中々行かない...

読書日記「クマ問題を考える」

 ヤマケイ新書。田口洋美。 都会にクマが出没すると、山の食料が足りないからだとか、逆に実が豊富だから小...

若手弁護士あるある

 最近の若手の弁護士と相手方になったりして、感じるところを書いておく。なお、中堅弁護士やベテラン弁護士、ベ...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ