コラム

 公開日: 2012-04-19 

経験がないうちは

経験がないのであるが、「弁護士はこうですよね」とか、「こう思うんです」という若手弁護士がたまにいる。
 こういう弁護士もキャラクターによっては、その生意気さが「かわいらしい」と思える人もいるのであるが、たいていはうっとおしがられる。

 そういう弁護士も数年すれば分かるのであるが、経験がないということはどうしようもないデメリットであり、数年して、自分が若い時に偉そうに言っていたことに冷や汗をかくのである。逆に、冷や汗をかかない輩はどうしようもないダメな弁護士であるといえる(たまに真実優秀な弁護士もいるかもしれないが、私はいまだそうした弁護士に出会ったことがない)。

 真剣に五年やった弁護士には、いくら優秀であっても1年やそこらの経験しかない弁護士はふつうはかなわない。五年を過ぎると、能力の差が出るような気もするが、そのあたりはあまり考えてみても仕方がないであろう。自分よりも優秀な人間は世の中にふつうはごまんといるし(私より優秀な人を数えた方がこの業界は早いであろう)、比較してどうこうする仕事でもない。

 あるいは、自信がないために語りたがっているのかもしれないが、そういう弁護士と話しをしても気分が悪いだけなので、私は話をしないことにしている。
 ある女性弁護士に言われたのだが、私は宴会でワイワイやっているように見えて、その実、気に入った人としか話をしていないですね、と言われたことがあった。
 見られている人には見られているもんであるなあ、とそのときは感心した。

 この稿に、取り立てて結論はないのだが、主張すべきは主張すべきだが、それは裏付けのある能力があってのことであり、周囲に能力を認めさせられないうちは黙っている方が無難ということであろう。能力は、本当にあるなら周囲が勝手にもり立ててくれるから、あまり自分からぺらぺらと話をしても仕方がない(私は自慢壁があると言われるので、自戒を込めて書いている。)。
 弁護士の社会もやはり先輩を立てる時は立てていくべきである。
 あと、かわいげがないと、だめであるが、かわいげばかりは生まれついてのものなので、どうしようもないところはあるであろう。

この記事を書いたプロ

中隆志法律事務所 [ホームページ]

弁護士 中隆志

京都府京都市中京区二条通河原町西入榎木町95-1 延寿堂第2ビル5階 [地図]
TEL:075-253-6960

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
解決の事例

1、自賠責では後遺症が非該当とされ、損害保険会社から債務不存在(要するに保険会社側から賠償金の支払義務がないことの確認をする為の裁判)訴訟を提起されたが、判決...

弁護士費用について

 マイベストプロを見られた方は、初回相談料を無料にさせていただいております。 ご予約の際にお問い合わせください。 また、当事務所の3名は、全て法テラス(...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
中隆志 なかたかし

多重債務や犯罪被害、交通事故被害に苦しむ人々を法律によって救いたい(1/3)

 「法律を知らないがために不利益を被っている人々を守りたい」。インタビューの冒頭、弁護士の中隆志さんは淡々とした口調ながらも熱い思いを語ってくれました。京都市営地下鉄「京都市役所前」駅から歩いて約5分のところに中隆志法律事務所を構える中さん...

中隆志プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

交通事故、離婚、遺言・相続で適切な対応は中隆志法律事務所へ。

会社名 : 中隆志法律事務所
住所 : 京都府京都市中京区二条通河原町西入榎木町95-1 延寿堂第2ビル5階 [地図]
TEL : 075-253-6960

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-253-6960

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中隆志(なかたかし)

中隆志法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

高次脳機能障害の父を優しく見守ってくださりました。

 信号のない交差点で自転車で横断しようとした父が自動車に...

M
  • 60代以上/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
町中にて

 人のポーズというか、仕草は大事であり、スマホや携帯電話を耳にあてて話をしていると、「電話で話しをしている...

読書日記「ニホンオオカミは消えたか?」

 旬報社。宗像充。 ニホンオオカミは絶滅したというのが一般的認識であるが、生き残っているという目撃談や...

身体もフワフワだワン
イメージ

 普段は服を着ているので分からないのだが、服を脱ぐと身体もけっこうフワフワな小次郎(二代目)である。 ...

お盆休みについて

 毎年、お盆は休まれるのですよね、と依頼者から聞かれるが、独立してから事務所はお盆の間もずっと空いている。...

読書日記「イブの迷宮(上)(下)」

 竹書房。ジェームズ・ロリンズ。 Σフォースというアメリカの秘密機関の活躍を描くシリーズの最新作であるが、...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ