コラム

 公開日: 2012-04-20 

釣りの欲求

時々、無性に釣りがしたくなる。
 中々暇がなくていけないが、太古の狩猟していた頃の本能というか、そういうものは誰しも持っているのではないか。
 珍しい虫を捕って興奮したり、より大きな魚を釣ってみたいというのは、たいていの男は持っているように思われる。
 これは私もそうである。

 司法試験を勉強していた頃は、時間はあったから、勉強にうっ屈してくると、時々竿を持って出かけた。自動車の運転に自信がないので(今もないのだが)、電車とパスで出かけた。
 ほとんど釣れないが渓流に行ったり、海に出かけて釣りをしていると、気持ちが晴れやかになるのである。釣れなくとも、自然の中に行くということもやはり必要なのであろう。

 相当偉い検察官になった同期で同学年で同じ刑事訴訟法蝉であったS井を無理矢理誘って海に行ったこともあった。無理矢理S井を早起きさせて、神戸の方の海に行ったのである。
 釣果は全然であった記憶である。その頃、釣り雑誌を見て、まず小魚を釣って、そのまま釣り上げずに泳がせて、その小魚をえさにしているより大きい魚をねらうという「飲ませ釣り」なるものにあこがれていて(なぜ憧れていたのかはもう忘れてしまったが)、それを「やろう」ということで無理矢理にS井とともに早朝から海に出かけたのであった。
 釣果は全然で、周囲の釣り人も平日であるのに来ているのはなぜか等々疑問はありつつも釣れていなかった。
 焦った私は早く釣らねばと思うばかりに周りを見ずに投げてしまい、S井の指を釣ってしまいけがをさせたりしてしまったが、S井はそういうことでは怒らないのであった。
S井の釣りの欲求があったのかどうか、あるいは私が強引に連れていったので「ヤレヤレ」ということでつきあってくれたのかは、未だに謎である。

 ともあれ、最近は釣りがしたくなると、琵琶湖に流れ込む自宅横の小さい川で釣りをしている。小さいがウグイやフナ、コイ、ブラックバス、ブルーギルが手軽に釣れて、多少は無聊を慰めてくれる。
 朝から晩まで、日に焼けて前のように釣りがしたいものである。

この記事を書いたプロ

中隆志法律事務所 [ホームページ]

弁護士 中隆志

京都府京都市中京区二条通河原町西入榎木町95-1 延寿堂第2ビル5階 [地図]
TEL:075-253-6960

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
解決の事例

1、自賠責では後遺症が非該当とされ、損害保険会社から債務不存在(要するに保険会社側から賠償金の支払義務がないことの確認をする為の裁判)訴訟を提起されたが、判決...

弁護士費用について

 マイベストプロを見られた方は、初回相談料を無料にさせていただいております。 ご予約の際にお問い合わせください。 また、当事務所の3名は、全て法テラス(...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
中隆志 なかたかし

多重債務や犯罪被害、交通事故被害に苦しむ人々を法律によって救いたい(1/3)

 「法律を知らないがために不利益を被っている人々を守りたい」。インタビューの冒頭、弁護士の中隆志さんは淡々とした口調ながらも熱い思いを語ってくれました。京都市営地下鉄「京都市役所前」駅から歩いて約5分のところに中隆志法律事務所を構える中さん...

中隆志プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

交通事故、離婚、遺言・相続で適切な対応は中隆志法律事務所へ。

会社名 : 中隆志法律事務所
住所 : 京都府京都市中京区二条通河原町西入榎木町95-1 延寿堂第2ビル5階 [地図]
TEL : 075-253-6960

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-253-6960

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中隆志(なかたかし)

中隆志法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

暗闇に光を見いだした気持ちでした。中事務所に依頼して本当によかったです。

 高次脳機能障害を負い、これからどうしていこうか途方にく...

M
  • 60代以上/男性 
  • 参考になった数(2

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
読書日記「ボコ・ハラム」

 新潮社。白戸圭一。 もと新聞記者の著者によるボコ・ハラム成立の経緯とその周辺諸国のアフリカ情勢について...

読書日記「東京と神戸に核ミサイルが落ちたら所沢と大阪はどうなる」

 講談社+α新書。兵藤二十八。 軍事学の本であると思うのだが、核戦争がどういうものか、どこの国がどれだけ核...

読書日記「悪霊」(上)(下)

 新潮文庫。ドストエフスキー。 上下巻で1300~1400頁ある長編小説である。 実際にあった事件をモ...

けっこうお目々も大きいワン
イメージ

 初代小次郎と比べると目が小さい二代目小次郎であるが、普段は菅田将暉のように見開いていないだけのようで、...

読書日記「弱者の戦略」

 新潮新書。稲垣栄洋。 自然界においては強い者が勝つのではなく、勝ったものが強いのである-。 こういう...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ