コラム

 公開日: 2012-07-23 

南極物語

 南極物語は、極寒の南極に置き去りにされた犬たちのうち、太郎と次郎が生きていたということで、感動の物語とされている。
 小さい頃、父親と見に行った記憶がある。

 しかし、父親は見終わって、「あれが人間やったら置き去りにされて素直に飛び込んでくるかな」と言っていたのが印象に残っている。
 人間の都合で置き去りにしたのに、犬たちが生きていたことが感動の物語にされてしまっているということである。

 人間の都合でどのようにでもされるが、太郎と次郎は喜んで人間の胸に飛び込んできたが、犬は無私の愛情を持つからそうできるのである。

 人間だと無私の愛情という訳にはなかなかいかないであろう。人間の心には闇が多いからであり、そうした闇を描く作家としては松本清張は秀逸な作家である。

 俊寛は島に置き去りにされて平家を呪うが、俊寛も島から本土に帰りたかったのである。しかし、これは俊寛に権力者に対する罪があったからで(立場が逆転していたこともあり得るのである)、南極物語のように人間の勝手さで連れていって、放置してきたというものではない。

 宇喜多秀家も八丈島に流された。宇喜多秀家は秀吉の一字を貰い寵愛された武将で、宇喜多直家という稀代の謀略家の息子である(直家は死に際して、息子の行く末を秀吉に頼み、秀吉も秀家を取り立てた。直家の妻が稀代の美女で、秀吉は直家の死後、ほどなく直家の妻を愛妾にしたという説も伝わっている。余計なことだが)。関ヶ原では石田三成と並んで、もっとも奮戦し、家康の馬前まで肉薄したが、捕らえられて八丈島に流された。
 八丈島では苫を編むことで生計を立てて、確か90歳近くまで生きた。
 福島家の江戸に酒を運ぶ船が嵐のため八丈島にたどりついた時、ぼろぼろの衣服を身にまとい、日に焼けた老人と見える人物が出てきて、「自分は宇喜多秀家である。何年も酒の味を知らない」として酒を所望した。
 福島家の家来たちは、あまりの秀家の変わりように涙なくしてその姿を見ることが出来ず、主人にどのようなしかりを受けるかも顧みず、秀家に酒を与えたという話がある。

 後にこの話を聞いた福島正則は、家来を叱るどころかほめたという。
 その福島正則も、江戸幕府により詐欺的に改易させられている。

 まとまりがないままであるが、宇喜多秀家ですら八丈島のつらい暮らしに矜恃を保つことは出来なかった。人の心の難しいところということであろうか。恨みつらみを越えてしまうこともあるのかもしれない。

 人が挟持を保つことも、浮き世の中では難しいのかもしれないが、挟持を失いたくはないものである。

この記事を書いたプロ

中隆志法律事務所 [ホームページ]

弁護士 中隆志

京都府京都市中京区二条通河原町西入榎木町95-1 延寿堂第2ビル5階 [地図]
TEL:075-253-6960

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
解決の事例

1、自賠責では後遺症が非該当とされ、損害保険会社から債務不存在(要するに保険会社側から賠償金の支払義務がないことの確認をする為の裁判)訴訟を提起されたが、判決...

弁護士費用について

 マイベストプロを見られた方は、初回相談料を無料にさせていただいております。 ご予約の際にお問い合わせください。 また、当事務所の3名は、全て法テラス(...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
中隆志 なかたかし

多重債務や犯罪被害、交通事故被害に苦しむ人々を法律によって救いたい(1/3)

 「法律を知らないがために不利益を被っている人々を守りたい」。インタビューの冒頭、弁護士の中隆志さんは淡々とした口調ながらも熱い思いを語ってくれました。京都市営地下鉄「京都市役所前」駅から歩いて約5分のところに中隆志法律事務所を構える中さん...

中隆志プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

交通事故、離婚、遺言・相続で適切な対応は中隆志法律事務所へ。

会社名 : 中隆志法律事務所
住所 : 京都府京都市中京区二条通河原町西入榎木町95-1 延寿堂第2ビル5階 [地図]
TEL : 075-253-6960

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-253-6960

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中隆志(なかたかし)

中隆志法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

子どもの将来が不安でしたが、かなり安心することが出来ました

 幹線道路に飛び出して高次脳機能障害を負ってしまった息子...

T
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
小次郎の動画だワン

うまく行くかわからないが、小次郎(二代目)の動画を置いてみた。そのまま画面上で見るための設定ができ...

プロバイダーの一方的サービス取りやめは困るのだ

 このブログもニフティで開設しているのだが、最近、ニフティから突然のサービス取りやめの通知が突然来て困って...

読書日記12月6日

「代官山コールドケース」文芸春秋。佐々木讓。 17年前に被疑者死亡で解決したはずの殺人事件がえん罪で真犯...

師走

 師走に入ったが、経営者にとっては冬期賞与を支払わなければならず(思えば賞与は修習生の時の2年間と、その後...

インフルエンザの予防接種

 今年も受けたのである。 40歳を超えてから、受けないその冬は必ずかかるというジンクスがあるためである。...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ