コラム

 公開日: 2012-08-07 

蜂を食べる

 といっても私が蜂を食べた訳ではないのだが、以前、日曜日の昼間に昼寝をしそうになりつつテレビのチャンネルを変えていたら、黄金伝説という番組の再放送をしていた。あだ名付け芸人の猿岩石の有吉が、「蜂だけを食べて数日過ごす」というような内容で蜂を毎日取りに行っていた。

 私は蜂の子を食べるだけかと思って見ていたのだが、番組では、最初はクロスズメバチ、次がキイロスズメバチ、最後が超凶悪な顔をしているオオスズメバチ(絶対オオスズメバチは皆前世で人殺しをしていると思われるほど凶悪な顔つきである)の巣を取り、蜂を素揚げにして塩を振って食べたり、蜂の子を甘露煮にして食べたり、蜂の子からスズメバチになりかけのさなぎを刺身(醤油だけをつけて食べていたと思う)という、一般的にはゲテモノ食いのようなことをしていた。
 その前に巣を取るのも大変で、有吉は強運なのかテレビであらかじめ探していたのかはわからないが、次々に中々見つからないと言われるような巨大な巣を発見していくのである。
 蜂は有吉は美味だと言って次々に食して行き、その中でもオオスズメバチがもっとも美味だというのである。

 一般的には、蜂などの昆虫を食べる習性があるのは、内陸部の冬場に川魚も捕れなくなった時のためのタンパク質補給のためのやむを得ない代替措置であったと言われている。鯉を食べるのも内陸部な限られていて、海が近いところでは鯉が捕れても鯉には見向きをしない。鮒寿司をはじめとしたいわゆるなれ鮨も、内陸部で発達した保存食であり、代替措置であると言われている。
 しかし、数が少ないものは珍重されるのが世間の常で、蜂の子やイナゴ、鯉や鮒寿司をはじめとしたなれ鮨も元々は代替食料であったはずが、今では珍味となっている。
 私は蜂や蜂の子は食べる気もしないし食べたくもないが、蜂を食べると体が火照って強壮効果があるといわれていて、確かに蜂取り名人と呼ばれて出てきていたご高齢の男性たちは、皆それなりに歳がいっていると思われるが、ものすごく元気であった。

 結論めいたものもないが、蜂を捕っている有吉たちは楽しそうで、何かうらやましい気持ちになったのだが、最後の方は寝てしまったので、たいしてうらやましくもなかったのかもしれない。

この記事を書いたプロ

中隆志法律事務所 [ホームページ]

弁護士 中隆志

京都府京都市中京区二条通河原町西入榎木町95-1 延寿堂第2ビル5階 [地図]
TEL:075-253-6960

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
解決の事例

1、自賠責では後遺症が非該当とされ、損害保険会社から債務不存在(要するに保険会社側から賠償金の支払義務がないことの確認をする為の裁判)訴訟を提起されたが、判決...

弁護士費用について

 マイベストプロを見られた方は、初回相談料を無料にさせていただいております。 ご予約の際にお問い合わせください。 また、当事務所の3名は、全て法テラス(...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
中隆志 なかたかし

多重債務や犯罪被害、交通事故被害に苦しむ人々を法律によって救いたい(1/3)

 「法律を知らないがために不利益を被っている人々を守りたい」。インタビューの冒頭、弁護士の中隆志さんは淡々とした口調ながらも熱い思いを語ってくれました。京都市営地下鉄「京都市役所前」駅から歩いて約5分のところに中隆志法律事務所を構える中さん...

中隆志プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

交通事故、離婚、遺言・相続で適切な対応は中隆志法律事務所へ。

会社名 : 中隆志法律事務所
住所 : 京都府京都市中京区二条通河原町西入榎木町95-1 延寿堂第2ビル5階 [地図]
TEL : 075-253-6960

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-253-6960

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中隆志(なかたかし)

中隆志法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

自賠責では非該当だったのに、裁判をして12級になりました

 事故後ずっと痛みがありましたが、自賠責の等級認定では「...

M
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
小次郎の動画だワン

うまく行くかわからないが、小次郎(二代目)の動画を置いてみた。そのまま画面上で見るための設定ができ...

プロバイダーの一方的サービス取りやめは困るのだ

 このブログもニフティで開設しているのだが、最近、ニフティから突然のサービス取りやめの通知が突然来て困って...

読書日記12月6日

「代官山コールドケース」文芸春秋。佐々木讓。 17年前に被疑者死亡で解決したはずの殺人事件がえん罪で真犯...

師走

 師走に入ったが、経営者にとっては冬期賞与を支払わなければならず(思えば賞与は修習生の時の2年間と、その後...

インフルエンザの予防接種

 今年も受けたのである。 40歳を超えてから、受けないその冬は必ずかかるというジンクスがあるためである。...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ