コラム

 公開日: 2012-08-13 

和解の進め方が下手な裁判官

 和解の進め方は裁判官によって差がある。
 それぞれの当事者に和解をする方がよいと思わせるように持って行かないと和解はまとまらない。
 たとえば、「あなたは判決では全面的に勝ちますが、譲歩して和解しませんか」と言われたら、和解などしないであろう。
 それぞれの当事者に、「負ける」と言って和解させる裁判官もいると聞くが、ここまで馬鹿正直に心証を開示すれば、当事者は和解などしない。

 和解をさせるには、判決を貰うより和解した方がいいと思わせないといけない。
 裁判官のアタリが悪く、和解出来ないケースがある。
 和解相当事案で、弁護士同士で話をした方がまとまるケースもあり、裁判官が信用できない場合には、弁護士同士判決の行く末を予想することが出来ないので、その恐怖心から和解するケースもある。
 それぞれの当事者にはっきりとは言わず、「現時点では原告が有利のように考えているが、まだ詰めている訳ではないので、最終的なものではない」と言われると、ひっくり返る可能性だってあるということになり、原告側も「和解した方がいいかな・・・」となる。被告側がお金を払うケースでは、判決より有利な数字を出して「判決だと不利になる可能性もある」ということくらい言わないと、「和解しようかな」という気にはならないであろう。

 裁判官の失敗で事件が壊れることがあるが、裁判官にとっては一つの失敗で、「次に活かそう」となればよいのだが、当事者にとっては事件はたいてい生涯でその一つであり、失敗したでは済まないのである。
 弁護士はそうしたその人の人生を賭けている事件を受任し、依頼人の為に最大限の努力をしようとしている(普通は。全ての弁護士がそうだというつもりはない。)。
 事件を多数していると慣れてしまうというところはあるかもしれないが、そうした重みを受け止めて和解は進めてもらいたいものである。

この記事を書いたプロ

中隆志法律事務所 [ホームページ]

弁護士 中隆志

京都府京都市中京区二条通河原町西入榎木町95-1 延寿堂第2ビル5階 [地図]
TEL:075-253-6960

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
解決の事例

1、自賠責では後遺症が非該当とされ、損害保険会社から債務不存在(要するに保険会社側から賠償金の支払義務がないことの確認をする為の裁判)訴訟を提起されたが、判決...

弁護士費用について

 マイベストプロを見られた方は、初回相談料を無料にさせていただいております。 ご予約の際にお問い合わせください。 また、当事務所の3名は、全て法テラス(...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
中隆志 なかたかし

多重債務や犯罪被害、交通事故被害に苦しむ人々を法律によって救いたい(1/3)

 「法律を知らないがために不利益を被っている人々を守りたい」。インタビューの冒頭、弁護士の中隆志さんは淡々とした口調ながらも熱い思いを語ってくれました。京都市営地下鉄「京都市役所前」駅から歩いて約5分のところに中隆志法律事務所を構える中さん...

中隆志プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

交通事故、離婚、遺言・相続で適切な対応は中隆志法律事務所へ。

会社名 : 中隆志法律事務所
住所 : 京都府京都市中京区二条通河原町西入榎木町95-1 延寿堂第2ビル5階 [地図]
TEL : 075-253-6960

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-253-6960

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中隆志(なかたかし)

中隆志法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

内縁の妻では、相続権はないから、損害賠償は出来ないという弁護士さんもいたのに・・・

 内縁の夫が交通事故で死亡し、損害賠償は出来ないのかとあ...

T
  • 60代以上/女性 
  • 参考になった数(2

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
読書日記「ボコ・ハラム」

 新潮社。白戸圭一。 もと新聞記者の著者によるボコ・ハラム成立の経緯とその周辺諸国のアフリカ情勢について...

読書日記「東京と神戸に核ミサイルが落ちたら所沢と大阪はどうなる」

 講談社+α新書。兵藤二十八。 軍事学の本であると思うのだが、核戦争がどういうものか、どこの国がどれだけ核...

読書日記「悪霊」(上)(下)

 新潮文庫。ドストエフスキー。 上下巻で1300~1400頁ある長編小説である。 実際にあった事件をモ...

けっこうお目々も大きいワン
イメージ

 初代小次郎と比べると目が小さい二代目小次郎であるが、普段は菅田将暉のように見開いていないだけのようで、...

読書日記「弱者の戦略」

 新潮新書。稲垣栄洋。 自然界においては強い者が勝つのではなく、勝ったものが強いのである-。 こういう...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ