コラム

 公開日: 2012-08-21 

会津若松

 勤務弁護士の頃、会津若松に事件があり、出張をした際、どう考えても夜遅くにしか帰ることが出来ないし、また、電車の予定にも少し時間があったので、市内観光をしたことがあった。

 会津若松は、豊臣秀吉によって蒲生氏郷に与えられたが、氏郷は若くして死亡したため、後に保科家が会津若松に転封された。後に幕末に京都守護として活躍した松平容保はこの家から出ている。保科家は、何よりも江戸の将軍を保佐し、立ちゆかせるべきであるという家訓があった。
 それは、この大名の成り立ちとも関係がある。徳川秀忠の子であったが、秀忠の妻の悋気がひどいため、保科正光の養子として育てられた保科正之をその祖としている大名であり、家光は秀忠の死語彼を実弟として認め、かつ、破格の厚遇をしている。会津松平家は徳川幕府にとって、親藩の中の親藩と目されていた。

 それが幕末の戊辰戦争の時の白虎隊の悲劇の原因となったのであろう。あの時代、誰しも京都守護職など引き受けることはしたくなかったに違いない。それを幕府からの命令であるからとして、守護職を引き受けた松平容保の心中はいかなるものであったかと思われるのである。
 白虎隊終焉の地を見て、その他歴史資料館を見た。確か記憶では白虎隊は地下水路のようなものを抜けて会津若松にたどりついた時、城が燃えていると誤信して自決するのであるが、地下水路を当時の技術で造ったその執念にも驚かされたし、多くの幕臣が新体制の政府に出仕したことと見比べると、白虎隊の潔さは一服の清涼剤のようにも思われたことを記憶している。

 なお、松平容保は、明治維新後は蟄居を命じられ、蟄居を許された後は、晩年を日光東照宮の宮司として過ごし、会津藩のことを語ることはなかったとされている。

 現在は福島地裁の支部があるだけであるが、幕末までは奥羽の外様藩を監視する重要な位置関係にあったのである。

この記事を書いたプロ

中隆志法律事務所 [ホームページ]

弁護士 中隆志

京都府京都市中京区二条通河原町西入榎木町95-1 延寿堂第2ビル5階 [地図]
TEL:075-253-6960

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
解決の事例

1、自賠責では後遺症が非該当とされ、損害保険会社から債務不存在(要するに保険会社側から賠償金の支払義務がないことの確認をする為の裁判)訴訟を提起されたが、判決...

弁護士費用について

 マイベストプロを見られた方は、初回相談料を無料にさせていただいております。 ご予約の際にお問い合わせください。 また、当事務所の3名は、全て法テラス(...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
中隆志 なかたかし

多重債務や犯罪被害、交通事故被害に苦しむ人々を法律によって救いたい(1/3)

 「法律を知らないがために不利益を被っている人々を守りたい」。インタビューの冒頭、弁護士の中隆志さんは淡々とした口調ながらも熱い思いを語ってくれました。京都市営地下鉄「京都市役所前」駅から歩いて約5分のところに中隆志法律事務所を構える中さん...

中隆志プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

交通事故、離婚、遺言・相続で適切な対応は中隆志法律事務所へ。

会社名 : 中隆志法律事務所
住所 : 京都府京都市中京区二条通河原町西入榎木町95-1 延寿堂第2ビル5階 [地図]
TEL : 075-253-6960

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-253-6960

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中隆志(なかたかし)

中隆志法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

夫から自由になれて本当によかったです。

 別居していた家族もかえりみず、お金も入れてくれない夫で...

S
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
読書日記「サザンオールスターズ1978-1985」

 新潮新書。スージー鈴木。 私自身サザンファンであり、来年サザンがデビュー40周年であるので、おさらいの...

会合の支払額の傾斜配分

 会合で、若い弁護士がいる場合、22年弁護士をしている私の場合、上の期の方で全額出して、若い弁護士には1円...

町中にて

 人のポーズというか、仕草は大事であり、スマホや携帯電話を耳にあてて話をしていると、「電話で話しをしている...

読書日記「ニホンオオカミは消えたか?」

 旬報社。宗像充。 ニホンオオカミは絶滅したというのが一般的認識であるが、生き残っているという目撃談や...

身体もフワフワだワン
イメージ

 普段は服を着ているので分からないのだが、服を脱ぐと身体もけっこうフワフワな小次郎(二代目)である。 ...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ