コラム

 公開日: 2010-04-22 

刑事事件と弁護士


刑事事件と弁護士。これは非常に一般の人には分かってもらいにくいテーマの一つです。
純粋な疑問は、「どうして悪いことをした人の味方につくのか?」という形で出てくると思います。特に極悪事件になるとこうした疑問が出てくると思います。あの弁護士は許せないとして、嫌がらせをされることすらあります。

 答えはいろいろありうるのでしょうが、もっともわかりやすいのは、中世の魔女裁判です。今の常識からすれば、魔女はいないのですが、中世のヨーロッパにおいては、「魔女である」という判決が下されれば、火あぶりなどの刑に処せられていました。これは明らかに誤りであると今となってはいえるのですが、当時は、民衆が魔女であると糾弾すれば、魔女と言われた側には、弁解の機会も与えられなかったのです。これは、民主主義が必ずしも正しい判断をしないことの好例でもあります。ヒトラーも民衆が圧倒的支持をした指導者だったですから…。今の日本はどうでしょうかね。

 日本の刑事事件についても、過去に暴行・拷問や脅迫的な取調が行われ(実は今でも警察や検察官は否定するのですが、よく暴行や脅迫はあるのですが…)、被告人の弁解も聞かれることなく、自白したという書類が作られていきました。犯人であると決めつけられ、あるいは故意はなかったのに、故意だったんだろうと指摘されて、弁解をしてもいっこうに聞いてもらえない…。しかも、身体は拘束され、家族とも会えない状況です。このような状況下に置かれていた、あるいは置かれる危険性のある被疑者・被告人にとって誰も味方がいなければ、一切弁解もされることなく判決が下され、中世の魔女裁判と全く同じ結果となってしまうでしょう。
 その唯一の味方こそが弁護人なのです。ただ、検察官が2人いるのではないかと思うほど刑事裁判官が被告人の主張を聞く姿勢すら持たないこともよくありますが…。

 全世界が被告人を信じていなくとも、黒であるという証拠があるようであっても、被告人が無罪を主張していたら、これを信じて、被告人のために最大限努力をするという活動が弁護人に求められているといえます。正直にいうと反吐が出るような嫌な被告人に対しても、何とかいいところを見つけないといけなかったりしますし、これをしないと弁護人がその職責を果たしていないとして、懲戒になる可能性すらあります。

 時折、死刑事件を弁護することはけしからんとか、オウム事件を担当する弁護士は懲戒にすべきだなどというばかげた議論が弁護士の中でも行われますが、弁護の方法について批判はあり得ても、弁護することそのものや、被告人の弁解を元に議論を展開したことを批判するようでは、こうした人たちには、弁護士、広く言えば法律家としての人権感覚はないといえるでしょう。
 

 犯罪被害者と凶悪事件とは真っ向から対立することになりますが、弁護士としてどちらかしか出来ないという選択をするかどうかも、なかなか難しい問題で、私のコラムで簡単に書ける問題ではなくて、論文くらいになってしまう問題です。

この記事を書いたプロ

中隆志法律事務所 [ホームページ]

弁護士 中隆志

京都府京都市中京区二条通河原町西入榎木町95-1 延寿堂第2ビル5階 [地図]
TEL:075-253-6960

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
解決の事例

1、自賠責では後遺症が非該当とされ、損害保険会社から債務不存在(要するに保険会社側から賠償金の支払義務がないことの確認をする為の裁判)訴訟を提起されたが、判決...

弁護士費用について

 マイベストプロを見られた方は、初回相談料を無料にさせていただいております。 ご予約の際にお問い合わせください。 また、当事務所の3名は、全て法テラス(...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
中隆志 なかたかし

多重債務や犯罪被害、交通事故被害に苦しむ人々を法律によって救いたい(1/3)

 「法律を知らないがために不利益を被っている人々を守りたい」。インタビューの冒頭、弁護士の中隆志さんは淡々とした口調ながらも熱い思いを語ってくれました。京都市営地下鉄「京都市役所前」駅から歩いて約5分のところに中隆志法律事務所を構える中さん...

中隆志プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

交通事故、離婚、遺言・相続で適切な対応は中隆志法律事務所へ。

会社名 : 中隆志法律事務所
住所 : 京都府京都市中京区二条通河原町西入榎木町95-1 延寿堂第2ビル5階 [地図]
TEL : 075-253-6960

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-253-6960

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中隆志(なかたかし)

中隆志法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

内縁の妻では、相続権はないから、損害賠償は出来ないという弁護士さんもいたのに・・・

 内縁の夫が交通事故で死亡し、損害賠償は出来ないのかとあ...

T
  • 60代以上/女性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
読書日記12月6日

「代官山コールドケース」文芸春秋。佐々木讓。 17年前に被疑者死亡で解決したはずの殺人事件がえん罪で真犯...

師走

 師走に入ったが、経営者にとっては冬期賞与を支払わなければならず(思えば賞与は修習生の時の2年間と、その後...

インフルエンザの予防接種

 今年も受けたのである。 40歳を超えてから、受けないその冬は必ずかかるというジンクスがあるためである。...

新しいオモチャと寝るワン
イメージ

 新しいオモチャと寝ている小次郎(二代目)である。 初代小次郎は、オモチャを買ってあげても、気に入らない...

水あれこれ

 売っている水だが、当然のことながらみなそれぞれ味が違う。 私は「いろはす」「六甲の水」も飲むことがある...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ