コラム

 公開日: 2012-10-04 

アルバイト

 学生時代は家庭教師のバイトのほか、業務用の冷蔵庫とかクーラーの据え付けのバイトをしていた。上だけ作業服を着て、遠い親戚がやっているところで一日一万円でバイトをしていたのである。

 重い荷物を運ぶのを手伝ったり、道具をとったりだが、家庭用クーラーくらいなら道具があればある程度据え付けられるくらいにはなっていた。もはやその頃の知識はなくなったが。

 一緒に廻っていたオジサンが、「こいつ京大の法学部やねん」と言ってくれるのだが、冷蔵庫の据え付けに行くのは飲食店なので、学籍にはさほど興味を示されず、無視されることが多かった。
 ある時、寿司屋でオジサンがそういうことをいうと、寿司屋の大将に、「おまえ、京大いうだけで飯が食えるんか」と怒鳴られた。
 まあその一言もショックであったが、今にして思えば、この寿司屋の大将も大変大人げない人であったように思う。
 当時はバブル真っ盛りで、寿司屋が儲かっていたから、余計鼻息も荒かったのであろう。
 大学を出ただけでは飯が食えないというのは真実であり、怒鳴られたことで得たこともある。
 アルバイト先のおじさんからは商売上のいろんなことも教えて貰ったし、それが事務所経営をしている中で役立っていることもある。
 このおじさんは、酒が好きで、酔っぱらっい運転の末、高速の料金所つっこんで車を廃車にしたり、無茶苦茶であった。
 このおじさんはスナックが好きで、よく飲みにも行って歌を歌っていたので、私のカラオケ人生は結構長いということにもなる。今はカラオケボックスがあちこちにあるが、当時は歌を歌うところはスナックくらいしかなかったのである。

 酒が好きすぎて体を壊され、50前後で亡くなってしまったのが残念である。
 学生時代に家庭教師以外のアルバイトを多少しておくというのは後の人生のことを考えると役立つかもしれないとも思ったり時々する。

この記事を書いたプロ

中隆志法律事務所 [ホームページ]

弁護士 中隆志

京都府京都市中京区二条通河原町西入榎木町95-1 延寿堂第2ビル5階 [地図]
TEL:075-253-6960

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
解決の事例

1、自賠責では後遺症が非該当とされ、損害保険会社から債務不存在(要するに保険会社側から賠償金の支払義務がないことの確認をする為の裁判)訴訟を提起されたが、判決...

弁護士費用について

 マイベストプロを見られた方は、初回相談料を無料にさせていただいております。 ご予約の際にお問い合わせください。 また、当事務所の3名は、全て法テラス(...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
中隆志 なかたかし

多重債務や犯罪被害、交通事故被害に苦しむ人々を法律によって救いたい(1/3)

 「法律を知らないがために不利益を被っている人々を守りたい」。インタビューの冒頭、弁護士の中隆志さんは淡々とした口調ながらも熱い思いを語ってくれました。京都市営地下鉄「京都市役所前」駅から歩いて約5分のところに中隆志法律事務所を構える中さん...

中隆志プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

交通事故、離婚、遺言・相続で適切な対応は中隆志法律事務所へ。

会社名 : 中隆志法律事務所
住所 : 京都府京都市中京区二条通河原町西入榎木町95-1 延寿堂第2ビル5階 [地図]
TEL : 075-253-6960

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-253-6960

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中隆志(なかたかし)

中隆志法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

前の弁護士さんを断って、本当によかったです。

 前に依頼していた弁護士さんが、全然仕事をしてくれず、依...

S
  • 60代以上/女性 
  • 参考になった数(3

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
読書日記「ボコ・ハラム」

 新潮社。白戸圭一。 もと新聞記者の著者によるボコ・ハラム成立の経緯とその周辺諸国のアフリカ情勢について...

読書日記「東京と神戸に核ミサイルが落ちたら所沢と大阪はどうなる」

 講談社+α新書。兵藤二十八。 軍事学の本であると思うのだが、核戦争がどういうものか、どこの国がどれだけ核...

読書日記「悪霊」(上)(下)

 新潮文庫。ドストエフスキー。 上下巻で1300~1400頁ある長編小説である。 実際にあった事件をモ...

けっこうお目々も大きいワン
イメージ

 初代小次郎と比べると目が小さい二代目小次郎であるが、普段は菅田将暉のように見開いていないだけのようで、...

読書日記「弱者の戦略」

 新潮新書。稲垣栄洋。 自然界においては強い者が勝つのではなく、勝ったものが強いのである-。 こういう...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ