コラム

 公開日: 2012-10-15 

したり顔で教えるオジサン

 先日懇意にしていた方が新規開店した店に行って気分よく食事をしていたところ、一人で来た客がいろいろと店に注文をつけだした。

 あそこのスペースはこうした方がいいとか、その棚はこうしろとか、まあいろいろという。
 そんなに気に入らないなら食べに行かなければいいのだ。
 新規開店をするということは、その主人は自分の店をああしたい、こうしたいと考えて工夫して開店しているはずであり、自分なりの工夫をしたいところであろうし、すでにしているであろう。聞かれて答えるならまだしも、聞いてもいないのにしたり顔で指摘しているのである。

 だいたいこうした輩にろくな人物はいない。
 自分の感性に100パーセント合う店など中々ないし、少し合わないからといって自分好みに指摘することほど傲慢なことはないであろう。
 その人はくどくどと指摘して帰っていったが、居る間は酒がまずかった。
 
 私も聞かれたら自分の経験の範囲で思いついたことを言わせてもらうことはあるが、それも「自分の考え」として言うのであり、「こうしないとダメ」とはいわない。
 また、料理店においては様々な店側のもてなす工夫があるのであり、「こうあるべき」というのは一定レベルを超えるとむしろないと言ってもいいのではないかと思ったりするのである。

 知ったかぶりをして、こういうことを言うと周囲の客からは馬鹿にされるか、うとましい客と思われるのがオチである。
 自分の知識をひけらかすほど自らをおとしめることはない。
 本当に知っている人は、そうそう口を開かないものなのであるし、こうしないとダメというのを押しつけたりしないものである。
 また、中途半端な経験だと、聞かれない限り口を開かない方がいいというのも私が感じていることである。

 もちろん、私は中途半端であることが分かっているので、そうした分野には聞かれない限り口を挟まない。
 弁護士の業務についてはプロであるので、自信を持って答えられるが、それ以外では素人なのである。

この記事を書いたプロ

中隆志法律事務所 [ホームページ]

弁護士 中隆志

京都府京都市中京区二条通河原町西入榎木町95-1 延寿堂第2ビル5階 [地図]
TEL:075-253-6960

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
解決の事例

1、自賠責では後遺症が非該当とされ、損害保険会社から債務不存在(要するに保険会社側から賠償金の支払義務がないことの確認をする為の裁判)訴訟を提起されたが、判決...

弁護士費用について

 マイベストプロを見られた方は、初回相談料を無料にさせていただいております。 ご予約の際にお問い合わせください。 また、当事務所の3名は、全て法テラス(...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
中隆志 なかたかし

多重債務や犯罪被害、交通事故被害に苦しむ人々を法律によって救いたい(1/3)

 「法律を知らないがために不利益を被っている人々を守りたい」。インタビューの冒頭、弁護士の中隆志さんは淡々とした口調ながらも熱い思いを語ってくれました。京都市営地下鉄「京都市役所前」駅から歩いて約5分のところに中隆志法律事務所を構える中さん...

中隆志プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

交通事故、離婚、遺言・相続で適切な対応は中隆志法律事務所へ。

会社名 : 中隆志法律事務所
住所 : 京都府京都市中京区二条通河原町西入榎木町95-1 延寿堂第2ビル5階 [地図]
TEL : 075-253-6960

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-253-6960

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中隆志(なかたかし)

中隆志法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

自賠責では非該当だったのに、裁判をして12級になりました

 事故後ずっと痛みがありましたが、自賠責の等級認定では「...

M
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
読書日記「東京と神戸に核ミサイルが落ちたら所沢と大阪はどうなる」

 講談社+α新書。兵藤二十八。 軍事学の本であると思うのだが、核戦争がどういうものか、どこの国がどれだけ核...

読書日記「悪霊」(上)(下)

 新潮文庫。ドストエフスキー。 上下巻で1300~1400頁ある長編小説である。 実際にあった事件をモ...

けっこうお目々も大きいワン
イメージ

 初代小次郎と比べると目が小さい二代目小次郎であるが、普段は菅田将暉のように見開いていないだけのようで、...

読書日記「弱者の戦略」

 新潮新書。稲垣栄洋。 自然界においては強い者が勝つのではなく、勝ったものが強いのである-。 こういう...

渡り鳥(と思われる鳥)
イメージ

 少し前だが、庭で朝に葉巻を吸っていると、この鳥が毎日来ていた。 私の方を時々チラチラ見ていたので、あ...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ