コラム

 公開日: 2012-10-19 

スランプ

 副会長が終わって、しばらく裁判の書面が中々書けなかった時期があった。
 今ではそうした時期は脱出したのであるが、副会長時代、いかに事件を勤務弁護士にしてもらっていたかのあらわれであろう。

 しかし、誰しも書けなくなる時期がある。私もこれまで、書けなくなる時期が何度かあった。
 これを脱するには、とにかく表題だけでも書くことだというのは経験で知っている。
 一気に書き上げようとせず、構成だけでも考えるのである。

 交通事故の訴状でも、後遺障害の等級が重くなると中々書けないが、とにかく表題だけでも書いて行くのである。
 そして、少しずつ中身を増やしていく。
 時には、ある程度進行させて詰まったら、気分を変えるために他の書面を書いてみるなどをすると、終いには完成している。
 相当難解な訴状を最近完成させたが、最初は副会長終了のリハビリ期間中のようなものでどこから手をつけてよいか呆然としていたが、とにかく書き始めたところ、総時間は5時間ほどで完成した。
 とにかく書いてみるのが書面作成のこつである。
 病気で書けない時には、病院に行った方がいい。私は周囲から最後にうつ病になる男と言われているが(そんなことはきっとなく、繊細なんだけど)、弁護士でうつ病の病歴を持つ人は意外に多い。

この記事を書いたプロ

中隆志法律事務所 [ホームページ]

弁護士 中隆志

京都府京都市中京区二条通河原町西入榎木町95-1 延寿堂第2ビル5階 [地図]
TEL:075-253-6960

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
解決の事例

1、自賠責では後遺症が非該当とされ、損害保険会社から債務不存在(要するに保険会社側から賠償金の支払義務がないことの確認をする為の裁判)訴訟を提起されたが、判決...

弁護士費用について

 マイベストプロを見られた方は、初回相談料を無料にさせていただいております。 ご予約の際にお問い合わせください。 また、当事務所の3名は、全て法テラス(...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
中隆志 なかたかし

多重債務や犯罪被害、交通事故被害に苦しむ人々を法律によって救いたい(1/3)

 「法律を知らないがために不利益を被っている人々を守りたい」。インタビューの冒頭、弁護士の中隆志さんは淡々とした口調ながらも熱い思いを語ってくれました。京都市営地下鉄「京都市役所前」駅から歩いて約5分のところに中隆志法律事務所を構える中さん...

中隆志プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

交通事故、離婚、遺言・相続で適切な対応は中隆志法律事務所へ。

会社名 : 中隆志法律事務所
住所 : 京都府京都市中京区二条通河原町西入榎木町95-1 延寿堂第2ビル5階 [地図]
TEL : 075-253-6960

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-253-6960

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中隆志(なかたかし)

中隆志法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

離婚手続を依頼して本当によかったです。

 高額所得者の別居中の夫から離婚を求められました。  ま...

H
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
けっこうお目々も大きいワン
イメージ

 初代小次郎と比べると目が小さい二代目小次郎であるが、普段は菅田将暉のように見開いていないだけのようで、...

読書日記「弱者の戦略」

 新潮新書。稲垣栄洋。 自然界においては強い者が勝つのではなく、勝ったものが強いのである-。 こういう...

渡り鳥(と思われる鳥)
イメージ

 少し前だが、庭で朝に葉巻を吸っていると、この鳥が毎日来ていた。 私の方を時々チラチラ見ていたので、あ...

第30回全国法曹サッカー大会その7

 横浜1のエースは高校選手権の決勝で2得点を取り、日本代表の大迫のチームに勝ったチームのエースストライカー...

腕枕だワン
イメージ

 毛布に頭を乗せてソファーの上で腕まくらをしている小次郎(二代目)である。 何か考えていそうな顔をし...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ