コラム

 公開日: 2012-11-28 

司法試験の受験制限は撤廃すべきである

 司法改革の際に決定された、ロースクール卒業後5年以内に3回以内で合格しないと受験資格がなくなるという制度は撤廃すべきであろう。
 まず、合格率については、各大学が、各大学のエゴで予定されていたよりもはるかに多い法科大学院を設置した為下がっているし、司法改革の見込みとは異なり、弁護士が関わっていく分野は全くといっていいほど増えていない(行政、企業内弁護士など)ことと、試験に合格するレベルに達していない受験生が多いことから、合格者は2000人強で推移している。
 また、司法改革の根幹であった、裁判官・検察官の増員もされていない。

 司法改革が予定していた制度設計は狂ったといわざるを得ないし、その狂いが修正されることはもはやない。
 元々、司法改革を推進してきた議論は極めて拙劣なものであり、今から読み直しても、「こんな稚拙な議論でこんな重大なことを決めたんかい!!!」と突っ込みたくなるところ満載である。

 受験制限についても、私が所属する「法曹人口問題を考える会」で調査したところ、単に数名の議論で、「不合格者が滞留するのはよろしくないので、受験制限した方がいい」「そうですね」の議論で終わっている。
 小泉丸投げ政権が、杜撰な司法改革の議論をそのまま閣議決定した為、今こんなことになっているのである。一時は合格者が9000人にされようとしていたこともあったのである(これには相当法曹人口問題を考える会は抵抗して、日弁にも働きかけたりなどして、規制改革会議は数字を入れることは断念したが)。
 

 合格率などの前提が崩れたのだし、昔は10数回受けて合格して、今立派に仕事をされている実務家も多いのだし、もう一度ロースクールに入れば受験できるとはいえ、この制度は参入障害であり、職業選択の自由を侵害していると思うのである。
 そもそも、諸外国で試験に受験回数を制限しているところなどあるのだろうか。
 受験制限は撤廃すべきである。
 国の政策論という話で済まされる話ではなかろう。

この記事を書いたプロ

中隆志法律事務所 [ホームページ]

弁護士 中隆志

京都府京都市中京区二条通河原町西入榎木町95-1 延寿堂第2ビル5階 [地図]
TEL:075-253-6960

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
解決の事例

1、自賠責では後遺症が非該当とされ、損害保険会社から債務不存在(要するに保険会社側から賠償金の支払義務がないことの確認をする為の裁判)訴訟を提起されたが、判決...

弁護士費用について

 マイベストプロを見られた方は、初回相談料を無料にさせていただいております。 ご予約の際にお問い合わせください。 また、当事務所の3名は、全て法テラス(...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
中隆志 なかたかし

多重債務や犯罪被害、交通事故被害に苦しむ人々を法律によって救いたい(1/3)

 「法律を知らないがために不利益を被っている人々を守りたい」。インタビューの冒頭、弁護士の中隆志さんは淡々とした口調ながらも熱い思いを語ってくれました。京都市営地下鉄「京都市役所前」駅から歩いて約5分のところに中隆志法律事務所を構える中さん...

中隆志プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

交通事故、離婚、遺言・相続で適切な対応は中隆志法律事務所へ。

会社名 : 中隆志法律事務所
住所 : 京都府京都市中京区二条通河原町西入榎木町95-1 延寿堂第2ビル5階 [地図]
TEL : 075-253-6960

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-253-6960

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中隆志(なかたかし)

中隆志法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

自賠責では非該当だったのに、裁判をして12級になりました

 事故後ずっと痛みがありましたが、自賠責の等級認定では「...

M
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
小次郎の動画だワン

うまく行くかわからないが、小次郎(二代目)の動画を置いてみた。そのまま画面上で見るための設定ができ...

プロバイダーの一方的サービス取りやめは困るのだ

 このブログもニフティで開設しているのだが、最近、ニフティから突然のサービス取りやめの通知が突然来て困って...

読書日記12月6日

「代官山コールドケース」文芸春秋。佐々木讓。 17年前に被疑者死亡で解決したはずの殺人事件がえん罪で真犯...

師走

 師走に入ったが、経営者にとっては冬期賞与を支払わなければならず(思えば賞与は修習生の時の2年間と、その後...

インフルエンザの予防接種

 今年も受けたのである。 40歳を超えてから、受けないその冬は必ずかかるというジンクスがあるためである。...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ