コラム

 公開日: 2012-12-20 

公の思想(上)

 司馬遼太郎の本を読んでいると、日本には公という思想が昔からあったとされている。
 いち私人ではなく、自らが天下のものであり、公のものであるという思想である。

 アジア諸国においては、公という思想はあまりなく、中国では官吏になり任地に赴任すると、民衆から略奪することしか考えていなかったといい、1人官吏になると、一族郎党はそのものに群がり集まってその役人になったものの賄賂であるとか、横領した民衆の財産でもっていとこやはとこまでが喰いあさるというのが実態であったという。
 三国志の諸葛孔明は、三国のうちの蜀の宰相であったが、死に際してほとんど私財というものがなかったとされるが、これは中国の官吏では考えられないことであったということになろう。

 日本には、自らを公のものとする思想がどのようにして出来上がったのか分からないが、今でも自らを公人と規定する人がいるように思われるし、そのような思想は今でも生きているように思われる。
 ただ、昨今の政治家や官吏を見るに、司馬も言っているが、極めてアジア的な官吏となってきているように思われる。
 つづく。

この記事を書いたプロ

中隆志法律事務所 [ホームページ]

弁護士 中隆志

京都府京都市中京区二条通河原町西入榎木町95-1 延寿堂第2ビル5階 [地図]
TEL:075-253-6960

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
解決の事例

1、自賠責では後遺症が非該当とされ、損害保険会社から債務不存在(要するに保険会社側から賠償金の支払義務がないことの確認をする為の裁判)訴訟を提起されたが、判決...

弁護士費用について

 マイベストプロを見られた方は、初回相談料を無料にさせていただいております。 ご予約の際にお問い合わせください。 また、当事務所の3名は、全て法テラス(...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
中隆志 なかたかし

多重債務や犯罪被害、交通事故被害に苦しむ人々を法律によって救いたい(1/3)

 「法律を知らないがために不利益を被っている人々を守りたい」。インタビューの冒頭、弁護士の中隆志さんは淡々とした口調ながらも熱い思いを語ってくれました。京都市営地下鉄「京都市役所前」駅から歩いて約5分のところに中隆志法律事務所を構える中さん...

中隆志プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

交通事故、離婚、遺言・相続で適切な対応は中隆志法律事務所へ。

会社名 : 中隆志法律事務所
住所 : 京都府京都市中京区二条通河原町西入榎木町95-1 延寿堂第2ビル5階 [地図]
TEL : 075-253-6960

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-253-6960

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中隆志(なかたかし)

中隆志法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

暗闇に光を見いだした気持ちでした。中事務所に依頼して本当によかったです。

 高次脳機能障害を負い、これからどうしていこうか途方にく...

M
  • 60代以上/男性 
  • 参考になった数(2

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
弁護士のメンタルヘルス

 紛争のただ中に置かれる弁護士は、精神に変調を来したり、場合によれば自らの命を絶ってしまう場合がある。 ...

読書日記「多動力」

 幻冬舎。堀江貴文。 堀江氏の仕事や物事に対する考えをまとめた一冊。 字が大きいので、15分くらいで読...

小玉スイカ収穫
イメージ

 庭で育てている小玉スイカが収穫できる時期になったようであったので収穫してみたところ、見事に熟れていた。...

眠い時は呼ばれても行かないワン
イメージ

 夏の夜、眠いのであろうか、呼んでも無反応の小次郎(二代目)である。 眠いし、ほっといて。という感じで...

ライターに関する実証的考察

 私だけなのかもしれないが、飲みに行くとライターがどこかに行ってしまう。 で、裁判所などで葉巻を吸おうと...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ