コラム

 公開日: 2013-03-06 

忍者

 子どものころ、なぜか忍者の本が家にあった。
 忍者の訓練法とか、忍者の武術とかいろいろなことが書かれていて、それを読んで、そのとおりに訓練をすれば忍者になれるのではないかと思ったものである。

 幼稚園が休みの日に、ポケットのいっぱいついたズボンを履いて、おもちゃの手裏剣やくないをそこに入れて、近所を探検して、人がきたら隠れて、忍者気分に浸っていたことをふと思い出す。どこかかっこいいと思っていたのである。

 実際の忍者は、歴史小説を読んだりするようになると、かっこいい存在だけではなく、火付けや強盗、後方攪乱をするなど、正史には残らない存在であるということが分かった。まあ、小学生にあがる頃にはそんなこともしなくなっていたが。
 司馬遼太郎や、津本陽にも忍者を主人公にした小説が多い。史実に絡めて、作家が好きなような書くことが出来るので、食指が動くのであろう。司馬の名作「梟の城」は忍者小説である。史実と絡めてあるところがにくい。

 戦国武将は、必ずといっていいほど、忍者を使って諜報をしていた。
 武田の飛び加藤は、武田信玄の死後、上杉謙信に仕えようとして、そのあまりの妖術の大きさに謙信に疎まれて殺されようとした(確か、海音寺潮五郎の「天と地と」では謙信に射殺される)。北条氏が用いた風魔小太郎はあまりにも有名である。信長が用いた忍者は伝わっていないが、滝川一益という猛将はもともと忍者の出身であったといわれており、当然に存分に用いていたであろう。
 真田幸村が用いたといわれている、猿飛佐助や霧隠才蔵も有名であるが、これは実在したかは不明である。
 ただ、大阪の陣で、家康が幸村の突撃によって乱戦となった際に殺されたという伝説は根強く残っており、やむを得ず家康にうり二つの農民を見つけ出して少しの間家康としていたという説もある。津本陽の真田忍侠記という小説はこの二人の忍者が大活躍する。

 個人的には、家康は幸村の突撃のさなかに死んだと信じたいところである。

この記事を書いたプロ

中隆志法律事務所 [ホームページ]

弁護士 中隆志

京都府京都市中京区二条通河原町西入榎木町95-1 延寿堂第2ビル5階 [地図]
TEL:075-253-6960

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
解決の事例

1、自賠責では後遺症が非該当とされ、損害保険会社から債務不存在(要するに保険会社側から賠償金の支払義務がないことの確認をする為の裁判)訴訟を提起されたが、判決...

弁護士費用について

 マイベストプロを見られた方は、初回相談料を無料にさせていただいております。 ご予約の際にお問い合わせください。 また、当事務所の3名は、全て法テラス(...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
中隆志 なかたかし

多重債務や犯罪被害、交通事故被害に苦しむ人々を法律によって救いたい(1/3)

 「法律を知らないがために不利益を被っている人々を守りたい」。インタビューの冒頭、弁護士の中隆志さんは淡々とした口調ながらも熱い思いを語ってくれました。京都市営地下鉄「京都市役所前」駅から歩いて約5分のところに中隆志法律事務所を構える中さん...

中隆志プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

交通事故、離婚、遺言・相続で適切な対応は中隆志法律事務所へ。

会社名 : 中隆志法律事務所
住所 : 京都府京都市中京区二条通河原町西入榎木町95-1 延寿堂第2ビル5階 [地図]
TEL : 075-253-6960

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-253-6960

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中隆志(なかたかし)

中隆志法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

暗闇に光を見いだした気持ちでした。中事務所に依頼して本当によかったです。

 高次脳機能障害を負い、これからどうしていこうか途方にく...

M
  • 60代以上/男性 
  • 参考になった数(2

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
読書日記12月6日

「代官山コールドケース」文芸春秋。佐々木讓。 17年前に被疑者死亡で解決したはずの殺人事件がえん罪で真犯...

師走

 師走に入ったが、経営者にとっては冬期賞与を支払わなければならず(思えば賞与は修習生の時の2年間と、その後...

インフルエンザの予防接種

 今年も受けたのである。 40歳を超えてから、受けないその冬は必ずかかるというジンクスがあるためである。...

新しいオモチャと寝るワン
イメージ

 新しいオモチャと寝ている小次郎(二代目)である。 初代小次郎は、オモチャを買ってあげても、気に入らない...

水あれこれ

 売っている水だが、当然のことながらみなそれぞれ味が違う。 私は「いろはす」「六甲の水」も飲むことがある...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ