コラム

 公開日: 2013-04-05 

チャンドラー

 私がチャンドラーのファンであることは何回かこのブログでも書き、他でも書き、常日頃話をしているところである。
 先日も弁護士会の会内中心に配布されている会務ニュースに記事を書き、その中で、村上春樹訳の「ロング・グッドバイ」が秀逸であったことを書いたところ、ある先輩弁護士と弁護士会で会った時に、「中さんが書いてたあの本、購入して今読み始めたけど、おもしろいわ。」と言っていただけた。
 本を紹介して、それをきっかけに読んでもらえるのはうれしいことである。

 チャンドラーの長編としては、「大いなる眠り」「高い窓」「かわいい女」「さらば愛しき女よ」「長いお別れ」「湖中の女」「プレイバック」が、清水俊二訳でハヤカワ文庫から出ている。
 「フィリップ・マーロウの事件」という短編集が後から出て、これはマーロウ最後の事件が収録されている。
 未完の作となった「プードル・スプリングス物語」は、チャンドラーの大ファンであったロバート・B・パーカーが完成させてハヤカワ文庫から出ている。これは長編である。
 マーロウはここで人生初めての結婚をする。相手はリンダ・ローリングで、ロング・グッドバイで登場した女性である。
 大富豪の娘であるので、マーロウは働かなくてもよいのであるが、町外れで事務所を構えて、いつものマーロウの活躍が始まる。
 一方、村上春樹訳は、「ロング・グッドバイ」「さよなら、愛しい人」「リトル・シスター」「大いなる眠り」の4作が出ている。いずれも長編。大いなる眠りはまだ文庫化されていない。
 記憶で書いているので、漏れがあったらご容赦を。

 短編集はたくさん出ているので、ここで網羅しきれないところもあるが、最近、新訳で短編集が再度ハヤカワ文庫から刊行されている。ただし、短編集では、マーロウが主人公でないものも多いので(マーロウとほぼ同じジョン・ダルマスという探偵なんかが出てくる)、マーロウが読みたいなら、買う前に要注意。

 マーロウとの出会いは、たまたま大学生時代に購入した「ハードボイルド風に生きてみないか」という本だった。これはハードボイルド作家生島二郎が書いたハードボイルド小説の紹介兼ハードボイルドとはどういう小説か、またそのエッセンスは何か等々を書いた中々いい本なのだが、今はたぶん絶版である。
 その中で、マーロウの名台詞である「タフでなければ生きていけない。優しくなければ、生きていく資格がない」(訳本によって、いろいろな訳がされていますが。。。)などが紹介されていて、「一度読んでみよう」と思ったのがきっかけであった。ちなみに、この台詞はプレイバックに収録されたラストシーン近くの名台詞。

 それから、学生時代から、修習生時代、弁護士になってから読み始めて、その魅力にとりつかれて、短編集もすべて買い、新訳の短編集が出たらすべて買い、村上春樹の新訳が出たら全部買い、というようになっている。
 チャンドラーを読み始めて、すでに20年近くになるが、その魅力は色あせるどころか、日々強くなっていくようである。

 本屋に行くと、最近はチャンドラーの本があまり置いておらず(私は持っているので買わないのだが、他の人にも買って欲しいので)、残念な思いをすることがある。
 その一方で、チャンドラーの本を揃えてある本屋に行くと、「いい仕事しているな」と本屋をほめてあげたくなる。
 ミステリー作家の中では、日本では横溝正史、海外ではチャンドラーが私の中では他の作家と隔絶して好きである。
 続く。

この記事を書いたプロ

中隆志法律事務所 [ホームページ]

弁護士 中隆志

京都府京都市中京区二条通河原町西入榎木町95-1 延寿堂第2ビル5階 [地図]
TEL:075-253-6960

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
解決の事例

1、自賠責では後遺症が非該当とされ、損害保険会社から債務不存在(要するに保険会社側から賠償金の支払義務がないことの確認をする為の裁判)訴訟を提起されたが、判決...

弁護士費用について

 マイベストプロを見られた方は、初回相談料を無料にさせていただいております。 ご予約の際にお問い合わせください。 また、当事務所の3名は、全て法テラス(...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
中隆志 なかたかし

多重債務や犯罪被害、交通事故被害に苦しむ人々を法律によって救いたい(1/3)

 「法律を知らないがために不利益を被っている人々を守りたい」。インタビューの冒頭、弁護士の中隆志さんは淡々とした口調ながらも熱い思いを語ってくれました。京都市営地下鉄「京都市役所前」駅から歩いて約5分のところに中隆志法律事務所を構える中さん...

中隆志プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

交通事故、離婚、遺言・相続で適切な対応は中隆志法律事務所へ。

会社名 : 中隆志法律事務所
住所 : 京都府京都市中京区二条通河原町西入榎木町95-1 延寿堂第2ビル5階 [地図]
TEL : 075-253-6960

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-253-6960

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中隆志(なかたかし)

中隆志法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

子どもの将来が不安でしたが、かなり安心することが出来ました

 幹線道路に飛び出して高次脳機能障害を負ってしまった息子...

T
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
読書日記12月6日

「代官山コールドケース」文芸春秋。佐々木讓。 17年前に被疑者死亡で解決したはずの殺人事件がえん罪で真犯...

師走

 師走に入ったが、経営者にとっては冬期賞与を支払わなければならず(思えば賞与は修習生の時の2年間と、その後...

インフルエンザの予防接種

 今年も受けたのである。 40歳を超えてから、受けないその冬は必ずかかるというジンクスがあるためである。...

新しいオモチャと寝るワン
イメージ

 新しいオモチャと寝ている小次郎(二代目)である。 初代小次郎は、オモチャを買ってあげても、気に入らない...

水あれこれ

 売っている水だが、当然のことながらみなそれぞれ味が違う。 私は「いろはす」「六甲の水」も飲むことがある...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ