コラム

 公開日: 2013-07-12 

代理人としての節度

 最近の若手弁護士に多いように思うが、どうしようもなく、いうこともない事件でも、「何かいわないと、ボクがバカだと思われてしまう。ボクは賢いんだゾ。」と思うのであろうか、書かないでもいい主張を書いてさらに墓穴を掘ったり、悲惨な事件でさらに被害者の気持ちを逆撫でするようなことを平気で書いたり、この事件でそこまでいうと、かえってダメだろうというように、「必死になりすぎている」弁護士が見受けられる。事件の筋を捉えて一生懸命することと、事件の筋からいって、この事件はここまでと止めることは矛盾しない。
 むしろ、そうしている方が有能だということがわかる。

 すなわち、トレーニングされたベテランの弁護士だと、一定の類型の事件を見れば、「この事件はこの程度が落としどころであるから、主張はここまでにしておくべきだ。無用の紛争を招くべきではない」として相応の主張にとどめる。なんでも言えばいいというものではない。

 死亡しているような事件の場合、被害感情も強いので、ベテラン弁護士の場合、それを逆撫でするような主張はしないし、尋問でもさらっとしたことしか聞かないことが多い。
 主張にもほどほどというところがあるが、経験がないと、それが分からないということなのだろう。
 あるいは、弁護士としてどうというよりは、人間としての常識が欠落しているといってもいいかもしれない。

 自分が批判されることになれておらず、こちらが当然の指摘をすると、どんどんエスカレートする場合もあるようで、よけいにおかしくなっていくことが多い。批判したら逆ギレする人もいると聞く。
 それだけ、自分に自信がないというか、薄っぺらいことを覆い隠そうとするのであろう。

 代理人としての節度というものがあり、このような態度でいると、そのうち足下をすくわれることになる。懲戒請求でもされたら一発アウトのような訴訟活動を平気でしていて、私と裁判所で救ってあげたこともある。

 やれやれである。

この記事を書いたプロ

中隆志法律事務所 [ホームページ]

弁護士 中隆志

京都府京都市中京区二条通河原町西入榎木町95-1 延寿堂第2ビル5階 [地図]
TEL:075-253-6960

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
解決の事例

1、自賠責では後遺症が非該当とされ、損害保険会社から債務不存在(要するに保険会社側から賠償金の支払義務がないことの確認をする為の裁判)訴訟を提起されたが、判決...

弁護士費用について

 マイベストプロを見られた方は、初回相談料を無料にさせていただいております。 ご予約の際にお問い合わせください。 また、当事務所の3名は、全て法テラス(...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
中隆志 なかたかし

多重債務や犯罪被害、交通事故被害に苦しむ人々を法律によって救いたい(1/3)

 「法律を知らないがために不利益を被っている人々を守りたい」。インタビューの冒頭、弁護士の中隆志さんは淡々とした口調ながらも熱い思いを語ってくれました。京都市営地下鉄「京都市役所前」駅から歩いて約5分のところに中隆志法律事務所を構える中さん...

中隆志プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

交通事故、離婚、遺言・相続で適切な対応は中隆志法律事務所へ。

会社名 : 中隆志法律事務所
住所 : 京都府京都市中京区二条通河原町西入榎木町95-1 延寿堂第2ビル5階 [地図]
TEL : 075-253-6960

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-253-6960

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中隆志(なかたかし)

中隆志法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

自賠責では非該当だったのに、裁判をして12級になりました

 事故後ずっと痛みがありましたが、自賠責の等級認定では「...

M
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
読書日記12月6日

「代官山コールドケース」文芸春秋。佐々木讓。 17年前に被疑者死亡で解決したはずの殺人事件がえん罪で真犯...

師走

 師走に入ったが、経営者にとっては冬期賞与を支払わなければならず(思えば賞与は修習生の時の2年間と、その後...

インフルエンザの予防接種

 今年も受けたのである。 40歳を超えてから、受けないその冬は必ずかかるというジンクスがあるためである。...

新しいオモチャと寝るワン
イメージ

 新しいオモチャと寝ている小次郎(二代目)である。 初代小次郎は、オモチャを買ってあげても、気に入らない...

水あれこれ

 売っている水だが、当然のことながらみなそれぞれ味が違う。 私は「いろはす」「六甲の水」も飲むことがある...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ