コラム

 公開日: 2013-12-04 

死者と法律

 基本的に今の刑罰制度は、死者に冷たく、生者に優しいものになっている。
 人を1人殺したとしても、中々死刑にはならない。
 死んでしまった人には未来はないが、生者には未来があるし、反省して更正の可能性があるいうことなのだろう。
 しかし、その死者の未来を奪ったのは、刑罰に処せられるべきその生者なのである。
 死者からすれば、自分の未来を奪っておいて、なんでおまえには刑務所に行くとしても、未来があるのか、と言いたいであろう。しかし、死者はなにもいうことが出来ない。

 近代刑罰制度からすると、本人の責任を前提とするので、故意犯よりは過失犯の方が避難度合いが少ないということで、軽く処罰される。
 死者からすると、「自分の命を奪ったという点では同じだ」というところはあるだろうが、現代の刑罰制度がそのような考え方に立っている以上、それは仕方がないというほかないのだろう。しかし、過失にも度合いがあり、過失の度合いが大きければ、より責任非難をされて然るべきであるということもいえそうである。現代刑法を見ていても、そのようには規定されていないように見える。重罰化だけでは解決しないという声も上げられるだろう。

 故意による死亡事案でも、生きている人間の将来や反省などによって、中々死刑にはならないことは前述のとおりである。死んだ人間は、その時点ではそれに対しては何も物が言えない。遺族がいる場合には多くの場合代弁してくれるであろう。
 なお、死刑制度について議論するのが本稿の目的ではないので、死刑は誤っているとか、そうした類いの議論をするつもりはない。
 まとまりがないが、死んでしまった人間は権利主張も出来なければ、殺人犯のいうところの「事実は誤っている」ということもいえない。
 それが出来るのは、検察庁だけである。ことに、遺族もいない事件では、検察庁が公益の代表者として、追求していくしかないのが現在の日本の制度である。
 重い、重い責任がある仕事だといえるだろう。

この記事を書いたプロ

中隆志法律事務所 [ホームページ]

弁護士 中隆志

京都府京都市中京区二条通河原町西入榎木町95-1 延寿堂第2ビル5階 [地図]
TEL:075-253-6960

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
解決の事例

1、自賠責では後遺症が非該当とされ、損害保険会社から債務不存在(要するに保険会社側から賠償金の支払義務がないことの確認をする為の裁判)訴訟を提起されたが、判決...

弁護士費用について

 マイベストプロを見られた方は、初回相談料を無料にさせていただいております。 ご予約の際にお問い合わせください。 また、当事務所の3名は、全て法テラス(...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
中隆志 なかたかし

多重債務や犯罪被害、交通事故被害に苦しむ人々を法律によって救いたい(1/3)

 「法律を知らないがために不利益を被っている人々を守りたい」。インタビューの冒頭、弁護士の中隆志さんは淡々とした口調ながらも熱い思いを語ってくれました。京都市営地下鉄「京都市役所前」駅から歩いて約5分のところに中隆志法律事務所を構える中さん...

中隆志プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

交通事故、離婚、遺言・相続で適切な対応は中隆志法律事務所へ。

会社名 : 中隆志法律事務所
住所 : 京都府京都市中京区二条通河原町西入榎木町95-1 延寿堂第2ビル5階 [地図]
TEL : 075-253-6960

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-253-6960

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中隆志(なかたかし)

中隆志法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

自賠責では非該当だったのに、裁判をして12級になりました

 事故後ずっと痛みがありましたが、自賠責の等級認定では「...

M
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
読書日記「日本海 その深層で起こっていること」

 講談社ブルーバックス。蒲生俊敬。 日本海は他の海と海峡でつながっているが、海峡が浅いため、水の流入が...

犯罪被害者と弁護士による二次被害

 私は犯罪被害者支援に関わってかれこれ20年になるのだが、時々、被害者あるいは被害者のご遺族から、「今依頼...

読書日記「知ってはいけない 隠された日本支配の構造」

 講談社現代新書。矢部宏治。 表題からするとトンデモ本のように見えるかもしれないが、内容を読むと驚愕の事...

じっと見つめるワン
イメージ

 何を見つめているのか分からないが、小次郎(二代目)である。 虫が飛んでいると捕まえようとするので、狙...

読書日記「日航123便墜落の新事実」

 河出書房新社。青山透子。 少し前に読んだ、「WOLF」という文庫本の中に、日航123便の墜落に関して...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ