コラム

 公開日: 2013-12-16 

AKBの総選挙

 ※ これは2012年の記事の再掲載です。

 この間、AKBの総選挙があった。私の事務所の勤務弁護士が推しているメンバーは、昨年と順位が同じだったということで悲しんでいた。
 テレビ中継もされて、話題となっていたようである。

 先日、コンプガチャの規制を話題にしたが、このAKBの総選挙の投票権というものは、CDを買うと一票投票できる仕組みだと理解している。
 好きなメンバーの順位を少しでもあげるために、数百枚のCDを買う人もいるというし、テレビインタビューで、「自分の会社には、ボーナスを全額つぎ込んだ猛者が居た」「私は20枚ほどで、猛者にはとてもかないません」などという話が出ていた。
 たくさん買った人は、投票した後のCDには用が無くなるので、友人知人にあげたりするようであるが、こうした人の友人は同じようにCDを買っているので、「すでに持っている」ということであげられないので、結局中古ショップに大量に売却されたりするようである。
 なんとなく、コンプガチャと同じにおいがするのは私だけであろうか。抱き合わせ商法は独禁法で禁止されており、投票権欲しさに不要なCDを購入させるというのは、これに当たるのではないだろうか。エニックスが入手しづらいドラクエのソフトを他のソフトと一緒に販売しようとしたのと同じな気がする。

 そもそも、こうしたCDの売られ方が、正常なCDの売られ方であるかどうかということには疑問がある。
 時間があれば法律上の問題についてさらに突き詰めることも可能かと思うが、投票権というものを目当てに本来消費者からすると不要なCDを購入させているということで、消費者保護の観点からしてやはり問題のあるやり方、商法のように思われる。
 もちろん、投票権が欲しくなければ買わなければいいということにはなるのだが、「どうしても欲しくなる仕組み」自体が消費者保護の観点からして問題があるだろうと思うので、法律で規制される日が来るかもしれない(既存の法律に抵触する可能性は、今はこれ以上突き詰めて調べていないので分からないが)。ただ、政府が自殺防止のキャンペーンに使用しているくらいなので、政府からはAKBを規制する法律を作ろうとはしないかとも思うのである。

 もう一点疑問なのは、本当の人気を調べるのであれば、一人一票が正しいのではなかろうか、とも思うのである。逆にコアなファンからしたら、一人気に入ったメンバーに大量に資金投下して、上位に食い込ませることが可能で、そうしたファンからしたらこのやり方でないとダメなのかもしれないのだが。。。
 また、自分たちのCDが大量に不要物として扱われているというのは、アイドルとしてどうなのであろうかとも思ったりもする。
 100万枚売れたとしても、平均して一人100枚買っていたら、もしこうした仕組みがなければ、結果的には一万枚しか売れていないのと同じになるであろう。

 ちなみに、私はAKBを批判しているのではなく、法律家として、CDの売られ方を批判しているのであり、ファンの方は怒らないでくださいね。私もAKBは別に嫌いではありませんので(カラオケで女性と一緒にたまに歌いますし。。。)。

この記事を書いたプロ

中隆志法律事務所 [ホームページ]

弁護士 中隆志

京都府京都市中京区二条通河原町西入榎木町95-1 延寿堂第2ビル5階 [地図]
TEL:075-253-6960

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
解決の事例

1、自賠責では後遺症が非該当とされ、損害保険会社から債務不存在(要するに保険会社側から賠償金の支払義務がないことの確認をする為の裁判)訴訟を提起されたが、判決...

弁護士費用について

 マイベストプロを見られた方は、初回相談料を無料にさせていただいております。 ご予約の際にお問い合わせください。 また、当事務所の3名は、全て法テラス(...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
中隆志 なかたかし

多重債務や犯罪被害、交通事故被害に苦しむ人々を法律によって救いたい(1/3)

 「法律を知らないがために不利益を被っている人々を守りたい」。インタビューの冒頭、弁護士の中隆志さんは淡々とした口調ながらも熱い思いを語ってくれました。京都市営地下鉄「京都市役所前」駅から歩いて約5分のところに中隆志法律事務所を構える中さん...

中隆志プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

交通事故、離婚、遺言・相続で適切な対応は中隆志法律事務所へ。

会社名 : 中隆志法律事務所
住所 : 京都府京都市中京区二条通河原町西入榎木町95-1 延寿堂第2ビル5階 [地図]
TEL : 075-253-6960

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-253-6960

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中隆志(なかたかし)

中隆志法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

高次脳機能障害の父を優しく見守ってくださりました。

 信号のない交差点で自転車で横断しようとした父が自動車に...

M
  • 60代以上/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
弁護士の諾否通知義務

 弁護士は、事件の依頼があった時には、速やかに依頼を受けるか否かを回答する義務を負っている。弁護士職務基本...

見てるの気づいているワン
イメージ

 膝の上に乗っている小次郎(二代目)を見ていると、「見てるのきづいてるし」という感じでチロッとこちらを見...

読書日記3月21日

「完訳フロイス日本史① 将軍義輝の最期および自由都市堺」中央公論新社。ルイス・フロイス。 ルイス・フロイス...

読書日記3月16日

「怪魚を釣る」インターナショナル新書。小塚拓矢。 学生の頃から海外を中心に怪魚(定義は体長1メートルか体...

イメージ

image_13121.jpg もともとは30㎝程度の盆栽の桜を買ったのだが、木に勢いがなくなってきたため、大きい鉢に...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ